2018年09月10日

「パパ活は世界を救う」かもしれないセミナー

いつも大変お世話になっております。
ユニバース倶楽部 代表の木田と申します。

弊社コンシェルジュとして活躍する七瀬が開催するパパ活セミナーの宣伝です。
今回は一般社団法人 ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さんをゲストに迎え、私木田も少し登壇させて頂きます。

9/20(木)
18:30 開場
19:00 スタート
21:00 終了

会場:サンクチュアリ出版 地下1Fイベントホール
東京都文京区向丘2-14-9【南北線・東大前駅徒歩5分】

主催:サンクチュアリ出版

参加費:3000円(当日現金払い)

「パパ活は世界を救う」

■トーク内容

●前半~七瀬~
若者のセックス離れが問題となっているからこそ今パパ活が必要なのです。
年の離れた男女の出会いの場であり、コミュニケーション力アップが期待できるのがパパ活。
愛人歴10年の経験に基づいてその傾向と対策について講演します。

●後半~坂爪・七瀬・木田

2015年「はじめての不倫学」(光文社新書)を出版し「不倫」についての議論を巻き起こした坂爪氏

その主張は過激であり、理路整然としたものでした。

・生物の世界では不倫は日常茶飯事。ほ乳類で一夫一婦制を取っている種は全体のわずか3%しかいない。
・不倫は感染症やウイルスのようなもの。インフルエンザと同じように、“不倫ウイルス”に一度感染してしまったら自分ではどうすることもできません。
・いったん不倫ウイルスに感染してしまった以上、以前と同じ健康体には戻れない
・泥沼化させないために、ポジティブ婚外セックスを条件付きで社会的に受容せよ

不倫は自然なこと!? 泥沼化させない“不倫ワクチン”とは…
妻の「エロ活」では不十分 「不倫ワクチン」坂爪氏に聞く (弁護士ドットコム
“不倫ワクチン”とは… – 週プレNEWS

“不倫ワクチン”とは… – ライブドアニュース
既婚者の2割が不倫?ハマらないためにはスワッピングと婚外セックスだ
不倫って本当にダメなこと? 夫婦が幸せに暮らせる社会のための不倫

こういった主張に私は共感し、そのための「ポジティブ婚外セックス」の一つの選択肢として交際クラブを運営していくことが社会への責任と思うようになりました。

この「はじめての不倫学」を執筆された坂爪さんとの会談形式でのディスカッションを予定しています。

秋に出版予定の交際クラブに関する書籍の取材秘話なども明かして頂きます。「パパ活の社会学 ~援助交際、愛人契約と何が違う?~」
(光文社新書:10月刊行予定)

●海外でも”パパ活サミット”が開催されています

海外では有名ブロガーと同じように有名SugarBabyやSugarDaddy達がメディアに出ていますが、
日本ではなかなか真正面から議論されることの少ないこういった話題を議論していく予定です

パパ活専門家として活動中の弊社七瀬のセミナーも今回で5回目、
私木田も、交際クラブを運営する側としてセッションに参加させて頂きます。

現在交際クラブでの活動についてもっと本質的な部分を深めたいと思っている方、状況をコントロールしたいとお考えの方達に向けた発信とディスカッションができたらと思っています。

ご予定の合う方、ぜひ参加下さい。

●お申込み
お申し込みはコチラからお願い致します。
https://peatix.com/event/424183

※セミナーディスカッションの模様は個人が特定されない範囲で撮影され、弊社HPやnanaseyui.com上に掲載される可能性があります。
(後姿や足下など)

木田 聡

この記事の筆者

42歳 肩たたきが得意です ストレスがたまるとシンクを磨きます。 汚れたシンクを見るとストレスがたまります。 この繰り返しです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。