2019年06月03日

『モテないLINE』VS『モテるLINE』

いつもユニバース倶楽部のブログをご覧いただき誠に有難うございます。
大阪支店の中川 飛鳥で御座います。

先日、まぁまぁ興味深い内容の記事をみつけましたので、
ちょこっとですが、ご紹介させていただきます。

その名も
『モテないLINE』 VS 『モテるLINE』

まず『モテないLINE』パターンとして

・即レスで返ってくる
・聞いてもいないのに、今日の出来事を送ってくる
・今何してるの?何処で誰といるの?意図のわからない質問
・未読、既読無視をしても会話を送り続ける
・下ネタの送信

などなど、、

確かにこういったLINEが続くと
100年の恋も冷めてしまうのかもしれません。

せっかく素敵な方と出会ったとしても
こういった連絡のやり取りで
相手を不快にさせたり、嫌われてしまったりなどは
あまりに非常に勿体ないです。

次に『モテる人のLINE』パターンだと

・常識的な時間に返信がくる
・簡潔にまとめてある
・さりげなく質問をしてくれる(前に話した内容や相手の好きなこと興味があること)
・相手の「返しやすい内容」を送ること
・ガツガツしていない
・返信を一日以内には返す

女性側の意見にはなりますが、ガツガツしていない心にも精神的にも余裕のある男性に女性は惹かれます。

さりげなく質問をしてくれるというのは、前に話したことを覚えてくれていて興味を持ってくれているんだということがわかるので男女問わず嬉しいことではないでしょうか?

返信はできるだけその日のうちに送ることをお勧めします。
面接時女性にはお伝えしておりますが、レスポンスがあまりに遅いと、
興味がないんだなと思われることに繋がりますし、
そもそも話がなかなか進まずつまらないと思われてしまいます。

LINEは、上手に使えばやり取りをする相手に好印象を持ってもらう
新たなきっかけにもなると思いますので、
皆様、改めて自分のLINEのやり取りを見つめ直してみてはいかがでしょうか??

 

中川 飛鳥

この記事の筆者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。