2021年05月01日

私の担当…

いつもお世話になっております。
フィールドセールスユニットの今井です。

最近はPC画面とにらめっこする時間が増えたせいか、肩こり腰痛が激しくなっております。
皆様もテレワークなどの影響で
「椅子に座りっぱなしでカラダが悲鳴あげている…!」
なんてことありませんか?

そんな本日は(?)今井が4年通っているマッサージ屋さんの話。
※企業案件ではございません。

初めてお店に行ったときからずっと今井の担当をしてくれている
『サエさん』という50代のオバちゃんスタッフがいます。
オバちゃんと言ってますが、ビックリするほど若々しいです。

このオバちゃん、もともと私がリラクゼーション < 痩身目的で通い始めたということもあり、
お店に行くと必ずと言っていいほどズタボロに攻めてきます。(笑)

「うっわぁ~咲ちゃん!ちょっと見ないうちに太った?!やっぱり~!太ったでしょ~」
「ちょっとぉ~!姿勢が悪いわよ!だからこの辺がつまって浮腫むんだよ」

あれ、私お客さんだよ?と感じる隙きすら与えないズバズバ攻撃。
大手エステサロン勤務のお姉さんだったら絶対言わないであろう社交辞令一切なしのトーク。

もちろん4年間通っているから本音でビシバシってこともあるのですが、
サエさんはわりと最初からこんな感じだったようにも思います(笑)

でも今井は本気でスタイル良くなりたい!と思っているので、
本気で私の悩みと一緒に向き合って、サボろうとしたときには叱ってくれる愛の鞭がありがたくも感じます。
そんな私のニーズにカチッとはまったのが『サエさん』の二人三脚スタイルなのです。

店長含めスタッフ2名しかいないこじんまりしたお店のため、
次回予約希望のLINEをしても返事は翌日とか3日後ってこともザラにあるのですが
それでも通い続けているのは
サエさんの 確かな技術絶大な信頼感 があるからです。

正直、今井のボディメイクはサエさんに任せておけば間違いないと思っています。
それくらい信頼しています。

2月の組織体制変更より、私はフィールドセールスチームへ配属となりました。
“FSだからこそできる質の高いコミュニケーション”
“FSとして会員様にご満足いただくためにどうすべきか”
今井の頭の中では上記のワードが日々ぐるぐる。

私の担当『サエさん』のように、良い意味で会員様との距離が近いスタッフがもっと増えてもいいのではないかと思っています。

「○○様、もしかして最近アップされた△△さんご覧になりました?今からお電話しませんか?!」
なんて鬱陶しいくらいに連絡が来たり、
「デートの服装、こういう感じだともっとモテるかもしれませんよ~!」
などと、時にはお節介なことも言ってしまうかもしれません。

でも二人三脚を始めて1年経った頃、
「ユニバース倶楽部って楽しいな」
「理想の交際ができているな」
「自分の好みっておっとり系だと思ってたけど、■■さんに言われて活発な女性にオファーしていたら、実は自分に合うのはこういうタイプなんだと気づけたよ!」
なんて思っていただけたら最高にハッピーです!

そのためにも

お相手とどういった関係になりたいか
優先事項
ここだけは譲れない条件
ユニバースで実現させたいこと

男性様にも女性様にも 今よりもっと、深くふか~くヒアリングさせていただきたいと考えています。
これから徐々に突撃電話や今度いついつ会っていただけませんか?というご連絡がスタッフから届くかもしれませんが、
拒まず抱えている問題や思いをぶつけていただけたらと思います。

素敵なユニバースライフを一緒に歩んでいきましょう♪

今井 咲

この記事の筆者

前髪が後退しているんじゃない。私が前進しているんです。 このスタッフに相談する