2018年03月02日

【東京】わざわざ交際クラブでお食事会(合コン)をする理由

いつもユニバース倶楽部のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
花粉症にやられているユニバース倶楽部 東京 お食事会担当スタッフの今井です。

年が明けたかと思ったらもう3月。
ひな祭りにホワイトデー、学生さんは卒業式もありますね。
そう、出会いと別れのこの季節。
新しい出会いがないかな…なんてお考えの方!
ユニバース倶楽部のお食事会に参加してみませんか?

前回及原がひっそりとアップしたこちらの記事をご覧いただいた方
なんとなくお食事会とは何なのかはお分かりいただけたかと思います。

今年に入ってからいただいたお食事会案件は約25件。
ご友人様同士でワイワイ楽しく盛り上がりたい方や、接待でご利用される方。
オファーしてくださる男性様のご要望は様々です。

でも実際のところどうなの?どんなメリットがあるの?
そんな声が聞こえてきた気がしたので、
今回はリポーター今井が実際の現場をありのままにレポートしてみようと思います。

≪お食事会チーム発足前≫
6対6のお食事会
接待としてご利用の男性様でした。
男性様と女性の認識の差を埋めることをしないままセッティングをしてしまった結果がこちら。

 

男性様からは
・女性が男性の求めているもの(目的)を知らずに参加していた
・盛り上がりベタだった(合コンに不向き)
・女性が人見知りで気を遣った

女性からは
・ただ複数人でお食事して、交通費頂いて解散したらいいのか
・お食事後は各自解散して男女のお付き合いの流れなのかどうか
・男性様(幹事様)のお客様の接待なのか
かなり長い拘束で終電後の解散だったのにタクシー代含め1万円でした

このようなトラブルが起きていました。

≪お食事会チーム発足後≫
3対3のお食事会
男性様はご友人様同士で、みんなで楽しくお酒を飲んでカラオケをして盛り上がりたいという内容でした。
“ こういう女性とこういう会にしたい ”というご要望を細かくヒアリングさせていただき、
条件にあう女性を倶楽部側でピックアップさせていただきました。

女性にはオファー時にしっかり男性様のご要望をお伝えし、
不安点の解消や男女間の認識の擦り合わせを行いました。
当日は女性を開催地までスタッフがお連れしまして、無事時間通りにスタート。
最後には男性様、女性ともに「とても楽しかったです!」とのお言葉をいただくことができました。

なぜわざわざ交際クラブでお食事会(合コン)をするのか?

交際クラブのお食事会だからこそ実現できることがあると今井は思います。
通常の合コンでしたら参加する女性のレベルを操作することはできませんが
ユニバース倶楽部では男性様のお好みにあった女性にオファーすることが可能です。

また、普通ならその場限りの出会いとなってしまうことが多いかもしれませんが、
ユニバース倶楽部でのお食事会は、交際クラブ内の出会いということを周知の上お会いしていただくので、
お二人の関係が発展する可能性が高くなると思います。

 女性の方にも、もちろんメリットがあります!

 

参加費はもちろん無料ですし、ルールも通常通り交通費の5,000~10,000円は必ず頂けます。
「男性の参加人数が増えたので、参加できる女性を追加で探して!」ということも多々ありますので、
個別のオファーよりもお声がかかりやすくなると思います。

 

初参加の女性の方も大歓迎です♪
ご不安なことやご不明点はいつでもスタッフがご相談にいつでも乗ります。
当日は他の参加女性と一緒に男性様のもとまでお連れしまして、
お相手はどういう男性様で、こういう会になりますと改めて細かくご説明させていただきます。

 

「お店までの道で迷っちゃいそう」
「どんな人たちなんだろう…」

 

というドキドキ感の軽減はしていただけるかと思います。
ご安心してご参加くださいませ!

 

まだまだ改善していくべきところはたくさんあります。
お食事会を担当させていただくなかで、
男性様おひとりお一人に合ったサービスを提供できないか日々模索しております。。

また面接時にはお食事会に参加可能な女性へのヒアリング項目も増やし、
より男性様のご要望に添えるように何かできないかと考えております。お恥ずかしいですが、会員様からのお声で気付かされることがたくさんあります。
「もっとこうだったらいいのにな」
「こういうことができれば、お食事会を開催してみたい」
など、たくさんのお声をお聞かせいただけたら嬉しいです!

以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さいませ。
お食事会担当スタッフが責任を持って対応させていただきます。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!!

今井 咲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。