甘酸っぱいだけじゃない交際倶楽部(3)

こんにちは。レンです。前回は初回デートまでに至る心の動きや行動を中心に記載しました。今回は、初回デート以降のお話について少し触れてみたいと思います。
 

目次

  • 交際倶楽部への入会の動機と経緯:情報収集の限界
  • 初回デート:スタッフの活用と「2回目のデート」を無駄にしないためにしたこと
  • 継続:関係性と距離感について←今回はココ!
  • 自分の感情のコントロール:複数人と並行したお付き合いする
  • ハプニングは避けられない:色々起きます(^^;; 
  • 最後に:交際倶楽部を使うことのリスクとリターン

初回デートの重要性:基本的な関係性が作られる。。。気がする

初回デートは「はじめまして」から始まり、お互いにほとんど情報がないところからスタートしますので、デート内容に「幅」が出にくいと感じています。

初回デートでの典型的な話題としては、

  • 近況にまつわる話題
  • 仕事
  • 趣味
  • 生活
  • 倶楽部への登録の動機
  • 結婚・恋愛観
  • 美的な感性

…くらいでしょうか。

その時間を楽しく過ごせるか、相手が自分に関心をもってくれているか、などなど。

そのプロセスでお互いの考え方、お付き合いに対する期待値等に触れる中で、それ以降の関係性について想い(妄想!?)を馳せます。

何人かにオファーをする中で、当たり前と言いますか、初回デート内容に幅が出ない(私がカタブツ故に幅を出せない!?)がゆえに似た話題に対するお相手の反応の差から、その後の関係性を想像できる面もあるように感じています。

表層的に盛り上がったかどうか以上に、お互いに触れた話題の”深さ”が、その後の関係性を決めているように思います。
 

どれくらい関係性が違うのだろう?(個人的な感覚)

初回デートで「美的な感性」「恋愛観・結婚観」に関する話題まで至った方とは、

それなりに頻繁に連絡をやりとりしても嫌がられない、

あるいはお相手の方から「こんなことあったよ!したよ!」みたいな日常報告を受けたりすることもあったり、

デートとデートの間のやりとりが密になる傾向があるような気がします。(調子に乗ってこちらからの連絡をやりすぎれば確実に嫌われますが。。。)
 

一方で、初回デートで「仕事」「趣味」「生活」といったやや表層的な話題にとどまった方とは、基本的にドライな関係になる傾向があるように思います。

悪く言えば、その先の”お礼”が重要で、あまり個人の事情に立ち入ってくれるな、という女性側の意思表示でもあると理解しています。

結果的に、なかなか距離感がうまく縮まらない、ということが起きてしまいます。ただ、距離が縮まらない=相性が悪い、ということなのか?というとそうでもない気もしています。

むしろ、相性が良い部分に気づけるか?ということが大事な要素なように思います。
 

では、相性を見極めることは可能か?

数回会えば関係性はほぼ固定されるので、極端なことをいえば、相性が良い部分を探すために与えられた時間は、せいぜい2回目のデートまでと思っています。

そこまでに相性の良し悪しを見極める、あるいは、相性が良い方とはココロの距離を縮めておきたいところです。

面白いもので、一旦遠いところにロックされると、セックスに至ってもデート中以外の距離感はまず縮むことはない、というのが実感です。
 

初回あるいは2回目のデートでの話題がお相手のスイートスポットに当たるかどうか?という運の要素が多分にあるというのが実感ですが、

敢えて言えば、幾人かとお会いする中で「犬好き」「猫好き」の話題への反応は無視できない影響があるような気がしています。

私自身は犬が大好きですが、やはり犬好きの女性との関係性はそれなりに満足度が高くなる傾向があるように思います。
 

小さな話題ではありますが、ある意味では象徴的とも言えますし、ネコが好きな人、イヌが好きな人では本質的なキャラが分かれるような気もします。
 

デートとデートの間:簡単に切れてしまう関係が故に難しい距離感

いわゆる事務連絡以外のやりとりをどうするか?この最適なポイントを探すのが結構難しい、というのが実感です。

所詮はここでの出会いは、「恋人」ではない以上「嫌なものは嫌」とぶった切られるのは当たり前の世界なのだと思います。(その逆もまた然り)

濃くしぎれば「ウザい」となって逃げられますが、一方で、希薄にしすぎると止めるものはないので簡単に切れてしまう関係でもあるような気がします。

特に自分がお相手と継続したい!という気持ちがある場合、その間をどう行くのか?は今でも自分にとって試行錯誤が続くテーマです。

どの方であっても、初回デート以降、初めて事務連絡以外に何か話題を送るときは、初回デート以上に緊張します。

また、送った後に返信が来るのか?これも不安で不安で仕方ない。。。笑
 

そして、よくやってしまう過ちは、

  • LINE送る(でもしばらく返信こない/しかも既読もついてしまうorz)
  • やっと返信が来た!嬉しいゾ!
  • いそいそとLINEを開く・即既読をつける・・・(ツッコミ)ダメー!!
  • 速攻返信を送る・・・(ツッコミ)これもダメー!!
  • その後しばらく既読がつかない…・・・orz ガクッ
  • そして「連投」という暴挙に出る・・・(ツッコミ)ダメー!!

…と完全に盛りのついた男子高校生です。バカ丸出しですが、これを繰り返すと関係をつなぐ細い糸が少しずつ削れていくのだと思っています。

何度か”やらかす”うちに「我慢する」というスキルを身に付けるわけですが、この「我慢」を「我慢じゃなくする」ために複数の方と並行してお付き合いするメリットがあると思っています。

ここは次回少し触れてみたいと思っています。

それゆえに、それなりにこちらの喜ぶペースでやりとりに付き合ってくれる方は、非常に稀でありがたい存在です。笑
 

なぜドライな女性とも関係を続けるのか?

これはすごくシンプルで、そもそも「(本質的にはドライだけど)ドライじゃない風な関係」を築ける方は希少だからです。

「ドライじゃない風な関係」だけに固執すると、良い方と出会ったときにのめり込んで、逆に嫌われたときのダメージが計り知れないと思っています。

数日に1回のやりとり、月1回程度のデートの関係でも楽しい時間をいただけますし、そういう方とお付き合いするからこそ、そうじゃない関係を受容してくれる方と出会いの大切さを噛みしめることができるのだと考えています。

次回は、この辺りについてもう少し記載してみたいと思います。



レン

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集