僕は、女性に「自分の夢を叶えて欲しい」と思っていること。パパ活とは、個人でもスポンサーを作れる社会作りに繋がる。(まとめ)

僕は今の時代、「非常に不景気」で「恵まれていない女性」は全国に「数多く居るのではないか?」と思っている。

その一番感じる理由の一つに、現代の子の欲の無さを感じる。

テレビでも、連日取り上げられていますね。

例えば、「好きな車に乗りたいと思わないの?」と男性に問うと、「いえ、車はレンタカーで十分です」とか、「将来の夢は?」に対し「なるようになるでしょ」など昔と違い、「夢や希望」が全く見えてこない。

だから、そこに対して欲も出ない。

負の連鎖というやつですね。

若い女の子を見てもそう同じ事が言える。

「なりたい職業は?」に対し「お金もかからないから事務職でいいかな?」とか、「お金を貯めて何か大きい買い物しないの?」という回答が、「貯蓄します」など、確かに聞いてて「経済的」と言える。

でも昔は、野望というか「こうなるんだ」というパワーが若い子にはあったと思う。
(実際に僕がそうでした)

例えば年齢がいき、「守りになった」という理由ならまだわかります。

でも、「若い時にしかできない事」って沢山ありませんか?

それすら、「生まれた環境」や「育った環境」が悪かったために望めない。

僕は、そう言った「ニュース」や「世の中の情報」を見て正直非常に寂しく思っている。

海外だとありえない光景。

海外だと、みんな元気があり「私は、こうなる。」「僕は、こうなる。」と若い子たちは、ハキハキ言うものです。

でも今の日本は、経済がそうしたのか、社会がそうさせてるのか。


本当に、「若い子の夢」を「潰すべきではない」と僕は思っている。

では、どうするべきか?僕は、思った。

もし、若い子に「個人でスポンサー」や「協賛」が気軽に付けば、「恵まれてない環境の子」も簡単に夢を諦めず、「希望」を持つ事ができるのではと。

そして、社会にも活力が出るのではないか?

僕は、そう感じた。

その一環として、「クリーン」である「パパ活」が「非常にシンプル」に、若い女性に対して、スポンサーを付けれるチャンスにもなりますし、「夢を叶える一つのステップアップ」にもなるのではないか?

僕は、そう感じた。


「パパ活」は、パパになる男性に女性が、直接「ネゴシエーション」もできる。

それに、「自分の夢に対してのプレゼン」も「二人の空間」でできる。

これが、本当の社会だと、この光景を作る事すらなかなか難しい。

尚更、若い子になると「社会は相手にしない」と言うケースが多々ある。

だからこそ、この「パパ活」というのは、若い子がチャンスを得るために、「今後必要なツール」になり「スタンダード」になってくのではないか?

そして、若い子がこういった「夢」をどんどん実現していくと、「私も頑張るぞ」とまた新たに「夢を追いかける子」が増えてくるのでないでしょうか。

その光景こそが、より良い「社会作りなるのではないか?」僕は、そう感じる。

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集