交際クラブで女性に好かれる方法3

自分の話はほどほどに

きっと、男性側は交際クラブで素敵な女性を紹介してもらえてるはず。

そして、そこでは素敵な普段ではできない恋愛を楽しめたりしますよね。

男性は、素敵な女性と出会えば何か熱いものが込み上げてきますよね。

すると、自分を持っと知って欲しいし、相手の女性をもっと知りたいと思うのではないでしょうか。

実際に、僕はそうだった。

確か、5人目くらいの方だったと思うのですが、交際クラブで紹介されても、単発で関係が終わり頭で色々模索している時だった。


う〜ん・・・。

関係が上手く、そして長く構築できない。

そんな時に、新たに交際クラブから女性を紹介してもらった。

初めて、ホテルのラウンジでお会いした時、恋愛映画のような一目惚れをした自分を覚えている。

まず、最初に思ったのが「綺麗な人」という印象だったかな。

勿論、その前に紹介して頂いた女性も、皆綺麗だったんですが、その女性は少し自分には違って見えた。

そこで、自分の中で焦りが出たのでしょうか。

その時の、会話は今でも覚えている。

相手の話を全く聞かず自分の話ばかりしていた。

例えば、こんな職歴でこういうお付き合いを君と求めている。

こういう育ちでこういう職歴がある。

年収は、このくらいでお手当はこのくらい出せる等。

僕の趣味はこれでこういった好き嫌いがある。

散々、自分の話をしておきながら、相手の話を聞いた覚えがいまだにない。

思い出せないのではなく、話す隙を与えてなかったのだと思う。

男性としては、一番ダメなパターンですよね。

でも、僕にも一つだけ言い訳があった。

それは、相手が自分の好み過ぎて、相手の話を聞く余裕がなかったのだ。

しかしながら、それは後の祭であって、結局彼女とは2回のデートで終わってしまった。

ここで、僕がダメだったのが、相手の話を聞かなかった事は勿論他にも理由があるのでは?と追求しなかった点。

その次に、交際クラブから紹介していただいた女性とも僅か4回ほどの食事デートで終了。(その後、数人も同じ結果。)

そこで、自分とは違う交際クラブではあるのだが、パパになっている友人と、食事をしている時に何が悪いのか?聞いてみると凄いシンプルな回答が聞けた。

それは、最初から自分の事を話過ぎだという点。

彼曰く、基本相手から聞かれた事以外、自分の話をする必要はないよ。

と助言してくれた。

そこで、その彼の助言後のタイミングで、新たに交際クラブから女性を紹介してもらえたので、実践してみた。

実戦内容は、聞かれた事以外、話さないという事。

すると、女性から凄い率先して自分の話をしてくれた。

今までと全く違う展開だった。

それも、今までと違い女性がこちらに対してハキハキ物事をはいてくれる。(自分は、こういう理由でパパ活を始めたなど。)

そして、こちらから女性に話したのは聞かれた必要最低限の情報のみ。

するとなんでしょうね。

自分から、ガンガン話す時より女性が若干こちらの話に興味を持ってくれるようなった気がした。

そして、結果その女性とは、一年近くお付き合いする事ができた。

後から気付きましたが、僕の趣味とか好き嫌いなんて、最初から話す必要ないんだなと勉強になったかな。

理由は、女性が興味を持ってくれたらこちらに問てくれるからです。

それに、最初から自己アピールし過ぎると相手も疲れちゃいますもんね。

女性側のイメージですが、大人の男性は喋り過ぎないって感じなのでしょう。

是非、似た悩みをお持ちの方試してみてください。
 

話をする時は目を見てあげる

これは、パパ活する女性だけではなく、現代社会の若い女性皆に対して必要な要素だと私は感じた。(若い男性にも同じ事が言える。)

僕は、交際クラブで紹介していただいた女性との会話は、正直3割程度しか耳に入れてなかった。

理由は、会話への真剣度の部分。

勿論、どんな話も真剣に聞かなければ失礼だとは思う。

しかし、プライベートで女性と会う時くらいリラックスしたかった。

だから、女性のポジティブな話以外は耳に入れたくなかった。

これが、僕の本音だった。

当然、そうなると女性との会話も少し適当になる。

当たり前の話がだ、目を見て真面目に聞くという仕草がほぼゼロ。

女性側も、きっとツッコミを入れたかったと思う。

人の話を真面目に聞いてる?という具合にね。

今の時代は、人と顔を見て食事や趣味を楽しむってより、スマホと向き合っている方が普通なくらいだ。

ただ、そこには、人とのコミニケーションの中で真剣度が失われているのも確かだ。

所謂、彼女より全然歳上の僕が、それを理解できていなかったって事だ。

一人の男として、ダメというよりは大人として恥ずかしいですね。

女性と、しっかり向き合うという事は、目を見て話を聞いてあげるという事にも繋がります。

女性側からすると、目を見て話を聞いてもらっているだけで安心しますしね。

そこに付け足すなら、世に言う女性ウケがよい男性は皆しっかり女性の目を見て、向き合ってる気が僕にはある。(勝手なイメージで申し訳ない。)

しかし、そういった積み重ねが、女性との信頼関係構築にも繋がる。

そこから、女性も自分の悩みやその日の出来事を気軽に、男性へ打ち明ける事ができるようにもなる。(これは、女性に限らず男性にも同じ事が言えますもんね。)

実際に、目を見て話すと話さないとでは女性の会話内容や仕草が全く違う。

僕がしっかり目を見て話を聞くようになると、女性は今まで話してくれなかったすごく深い根の部分を話tれくれるようになった。

因みに、当たり前ですが目を合わせないで話を聞いていた時は2〜3ぷんくらいの会話で沈黙になっていた。(言うまでもありませんが・・・。)

パパになる男性は、パパ活する女性の話をしっかり目を見て聞いてください。

すると、女性の反応も全く違いますし、普通に信頼してくれるようになり、それこそ好意を持ってくれやすくなりますよ。
 

このカテゴリーの関連記事