恋愛ワクチン 第四十三話 「ロマネのラブレター」

マックさんはコラム記事「ロマネな夜」を公開してから、ロマネさんのコメントをずっと待っていた。

しかしなかなかコメントが付かない。

やっぱり恥ずかしいのかな?

マックさんはLINEで催促した。

「コメント書いでくださいよ。待ってます」

賢明なロマネさんには見透かされているだろうが、これも羞恥プレイの一環、言うなれば後技である。

ロマネさんから返信が来た。

「あれもこれもと書いていたら長文で大変なことになってしまいました。このままコメントで投稿したら、荒らし認定されそうです。どうしましょう?」

「2000字越えますか?」

「軽く越えます(笑)」

「では、私が新記事として、UPしましょう。」

そして、送られて来たのが以下のメッセージである。

表題はロマネさんの希望で「ロマネのラブレター」とした。

マックさんが、ロマネさんの文章のファンで「ロマネさんからラブレターを貰ってみたい」と書いていたからだろう。ありがとう、ロマネさん。

= = = = = = = = = = = = = = =

女性会員のロマネです。

マック様

この度はコラムを執筆頂き誠にありがとうございます。

以下、僭越ながら私の感想文を失礼致します。

匿名質問箱をご覧の方は私の文面がとにかく長いことをご存知と思いますが、連文・駄文をお許し下さい。


皆様

事実は小説よりも奇なり、という言葉がございます。

私はマック様からオファーを頂戴してから「恋愛ワクチン」のバックナンバーを読み漁りました。

白状致しますとユニバースさんの面接に行く前に1度「恋愛ワクチン」を読んだことがあります。

どんな男性会員様がいるんだろう…素敵な紳士が美女と夜な夜なロマンスを繰り広げているのかしら…ワクワクしながら読み始めた先には…

女性の方にはなんとなくご想像つくかもしれません。

最近ネットにはフェミニスト警察よろしく、過激な性へ過敏な反応をする方が溢れています。

当時の私は恥ずかしながらそちら側。

あまりに強烈な「性」の前に萎縮し、いやいや現実にこんなシチュエーションあるわけない。

こんなことを許す女性がいるわけない。

「いやぁ良くできた官能小説だ」

くわばらくわばら…もし万が一こんな倒錯的な世界があったとして、私には役者不足。

穏やかに和やかに細く長く交際して頂ける男性様を探そう。

勿論これだけが理由ではありませんがある種一因となり、よりお相手を見極められるであろう「Bタイプ」を選んだわけでございます

その私が交際タイプ詐欺(?)に手を染め、初めて「Cタイプ」に転じたのが少なからずコトの発端である「恋愛ワクチン」筆者のマック様であったことはなんと壮大な皮肉でしょうか。


皆様

私は確かにそう思っていたのです。

デートが終わったあとに「ほらやっぱりね!フィクションだったよ!でもちょっと盛りすぎかナ☆」そう言えたらどんなに良かったでしょう。

恐ろしいことです。

マック様の書かれる「恋愛ワクチン」、120%実話でございます

例え私が嘘だと騒いでもパプワ様が証言されるでしょう。

私はあの日、出会ったばかりのマック様へ膝をつき奉仕をし、人生で経験のない辱しめを受けながら、縛り吊るされ、深い挿入の末に果てたのでございます。


皆様

初めてのオファーに浮かれた私は10月、回答者になることを決めました。

その頃からマック様は非常に気になる存在でありました。

質問箱の識者であり燃料投下班。

エピソードのスケールの大きさ、常人とは一線を画す思考力…斉藤さん♫様も異彩を放たれていますが、私にとってマック様はその双璧をなすような、ある種の「これぞ交際倶楽部の男性」像でした。

マック様は時折「ダイヤの原石を探すのが好きだ」と仰っていました。

過去の質問箱を見ると運営様に申し出をし回答者様がOKを出せばオファーを通してお会いできる…なんて前例があったと書いております。


皆様

私はふと自分を顧みたのです。

質問箱でも多用する表現ですが、私は自身を「しがないアラサーOL」と自称しています。

昔から図体ばかり育ち、顔立ちも童顔とは程遠く友人には「お前は学生の頃から顔が全く変わらない」と口を揃えて言われる魔女の類いです。

職業はOLですが丸の内のキラキラしたOLではなくどちらかといえばその対極の存在です。

日々失われる若さ、特筆すべき点のない容姿やスタイル、特別な能力も、魅力も、そして世間でいうまともに生きること(この場合は交際倶楽部さんに足を踏み入れない方…でしょうか)すらやめてしまった女。

私にもダイヤの原石だった頃があったでしょうか。

ですが今の私は、同じ黒い塊でももう自分が消えるのを待つだけの燻った炭と大差はないと思えてならないのです。


パプワ様

白状致します。

私は図らずともマック様がパプワ様にオファーされたと知り、なんとも言えない羨ましさを感じました。

若く、美しく、聡明な女性。

私の手から滑り落ちたもの。

そうか、そんな女性を「交際倶楽部の男性」は選ぶのか。

だからこそ質問箱に私の名前が出た時に驚いたのです。

「パプワさんと三人で食事でもしませんか?」

初めは身の程知らずと思い、お返事を控えました。

正規にマッチングしたお2人のデートにしゃしゃり出るほどアラサーは図々しくないつもりです。

ですが、一方でこんな機会は二度とないとも感じていました。

とんでもない世界を見せてくれそうな男性とその男性に選ばれた女性。

そのお二人にお目にかかる機会があるならばと、リップサービスであると重々承知の上で恥を忍んでマック様に連絡を差し上げた次第です。


マック様

初めて個人的なやりとりをさせて頂いてから、私はずっと「性感帯」を探られているような気持ちです。

必ずしも肉体に限ったことではありません。

心の底のヘドロの様な劣等感や羞恥心、自尊心や道徳心…私を良く見せようとする全てのものをガラスに触れる様に、あるいは叩き割る様に優しく無遠慮に引きずり出し残酷に愛撫なさる。

「初日から肉体関係は無理なんだよね?」

と聞かれたとき私は確かに高揚しておりました。

底知れない男性とその横で噎せ返りそうなほど色香を漂わせている若い雌。

ぼうっと「これが交際倶楽部か」と思いながら手は静かにスカートを下ろしていました。


皆様

その後のことは全てマック様が書かれた通りです。

一言一句、一挙手一投足違わず全てを白昼のもとに晒されています。

地を這うような劣等感の塊である私にとって、若い娘さんの前で責められ強制的に達せられるほど恥ずかしいことがありますでしょうか。

首輪姿を晒しホテルの宿泊客に怯えながら玩具で弄ばれるほど恥ずかしいことがありますでしょうか。

タクシーの運転手に振動音で間違いなく察されているでしょうに、憎々しいまでに何食わぬ顔で世間話をするマック様とパプワ様に強烈な怒りを感じながらもそれでも自ら奉仕をさせて頂きたくて堪らなくなることほど恥ずかしいことはありますでしょうか。

見ず知らずの人に好奇の目にさらされながら一糸纏わぬ姿でご挨拶をしなければいけない気持ちが、縛り吊るされ大股を開きながら晒さなければいけない恥ずかしさが皆様にはお分かりになりますでしょうか。


皆様

皆様は私がマック様を憎んでいるとお思いでしょうか。

身の程知らずに足を踏み出し、良いように扱われた私を憐れだと笑われるでしょうか。


皆様

違うのです。

私はあの日、確かに幸せでした。

信じて頂けないでしょうが私は恐らく特別な性癖は持ち合わせていません。

人様に見られて昂ぶることも、痛みを与えられて悦ぶようなことも恐らく無いのです。

あの日あの瞬間、私の目に映っていたのはマック様だけでございます。


マック様

私の羞恥の表情を、困惑の顔を貴方様が楽しんでおられたことに私が気がつかないとお思いですか。

私が悶えるほどに、無垢な瞳をキラキラさせながらあの手この手を繰り出してくる様に私が一層興奮していたことにはお気づきだったでしょうか。

皆様

質問箱をご覧の方はお分かりでしょう。

私は「一期一会のガチ恋ロマネ」でございます。

どんな方でも対峙すれば、嘘偽りなく敬い愛すること。それだけが取り柄のない私の、唯一の取り柄なのです。

あの日、私は確かにマック様を愛しておりました。

あの日、羞恥に潰れそうな私を支えたのは責苦に耐えた私を愛おしげに撫でて下さる手とその優しい眼差しでございました。

マック様

この憐れなアラサーの押し付けがましい愛情を懐かしく思われることがあれば、何卒またお呼びつけ下さい。

あの倒錯的な「交際倶楽部」の夜を私は生涯忘れないでしょう。


愛を込めて   ロマネより

= = = = = = = = = = = = = = =

マックさんは一読して溜息をついた。読んでいる間、息が止まっていたからだ。

何という迫眞感。

マックさんの淡々とした文章とは異なり、根底に、深い愛を感じさせる。

マックさん一個人に対してというよりも、男性というもっと大きなくくりに対しての愛情である。

ロマネさんの愛という、心の子宮の中に入れて貰った気分だ。

とても心地よく、幸せだ。

また、ロマネさんが、マックさんが次から次へと繰り出す、アトラクションのようなプレイにではなく、マックさんの瞳と手に興奮していたというのは、驚きであり発見だった。

言われてみれば解る。

マックさんは、実際にお会いした方はご存知の通り、外見は本当にさえない。

だから自分は恋愛弱者だと若い頃から思い込んでいた。

しかし、振り返ってみると、勇気を出して女性を口説いてみると、意外と成功率は良かった。

マックさんが見つめると、相手は驚き、しかし、しばらくすると笑顔になって応えてくれる。

瞳だけはイケメンなのだろう。

手つきの優しさ、器用さは生来のものだ。

そこは自信がある。

自分のことって、本当に分からないな。

それはロマネさんにも言える。

ロマネさんは、お世辞でなく、魅力的な女性だ。

私が若かったら、本当に結婚して欲しいと願ったと思う。

そんなロマネさんが、御自身を「消えるのを待つだけの燻った炭」「地を這うような劣等感の塊」とおっしゃる。

それは違う、と声を大にして叫びたい。

マックさんのこの気持ちが伝わって、「心の底のヘドロの様な劣等感や羞恥心、自尊心や道徳心…私を良く見せようとする全てのものをガラスに触れる様に、あるいは叩き割る様に優しく無遠慮に引きずり出し残酷に愛撫なさる」ということになるのだろう。

単なる羞恥プレイなら、そういう性癖の無い女性は、嫌がるだけのはずだ。

マックさんもまた、あの時間、ロマネさんを、ロマネさんがマックさんを愛する以上に愛していた。

それをロマネさんが感じ取って、応えてくれたのだと思う。

そして、今、この記事を書いている間もずっと、ロマネさんのことだけを考えている。

年を取っていて良かった。

若かったら、切なくて苦しかったかもしれないからだ。

このカテゴリーの関連記事