パパ活する女性はデートクラブの従業員ではなく、資金のない中夢を追いかけている女性であること

「パパ活する女性」と聞いて、よく「勘違いしてる方」が数多くいる。

例えば、「お金持ち用の愛人クラブではないか?」「会員制の売春目的ではないか?」これら全て「NO」です。

「パパ活する女性」は、全てこういったやましい感じの子たちではありません。

純粋に「資金が足らず」、でも「必死に夢を追いかけている」「希望だけは捨てたくない」と思ってる子たちがパパ活を通して「夢や希望を叶えていく場」である。

勿論、中には安易にそういう「希望」を持たずに「お金儲け」だけをしようと考える「不届き者」がいるのも現実。

しかし、ほぼ「パパ活」をしてる大半の女の子は、そう言ったやりたいことを「応援してもらいたい」と思ってる子ばかり。

そこは純粋に、「パパになる紳士な男性」は理解してほしいと僕は思っている。
(ここは、一パパとしてはっきり言わせて貰いたい)

「夢や希望を持つ子」を「絶対に汚してはいけない」と私は考えている。


「パパ活」で、もし「売春目的」などあった場合どうでしょうか?


女性は、不安になると思いませんか?
「パパ活は安全で夢を応援してくれるパパと出会える場じゃないの?」と純粋な女性は、思うはずではないでしょうか。

「パパ活」は、そう言った「少数の不届き者」のせいで、「決して汚してはいけない場」だと思いませんか?
(特に、パパになる我々大人はしっかり認識をしてなければいけない)

若い女性で、「今まで良い思い」をしてこなかった子たちに、これ以上「不幸な思い」は「パパ活」ではしてはいけないと僕は思っている。

そのためにも、「パパになる紳士は男性」は「紳士で居続ける必要」があると僕は思う。


「純粋に夢を追いかけてる女性」も、今の時代の子は特に「そこを読み取るスピード」と「パワー」があります。

なので、決して「パパになる立場の紳士な男性」の方々も、女性が行う「パパ活」という場を、良からぬ方向に導き荒らしてはダメなのだと僕は注意したい。

一度汚れてしまった情報というのは2度と綺麗になりません。

そう言った意味でパパ活上では、「パパ側にも紳士でいる」という「ルール」は必要不可欠なのではないでしょうか。

パパになる男性がルールを持ち健全に守れば、絶対に女性側も「自然にルールを守るはず」です。

ここはお互い大事に守っていかなくてはいけないのだと僕は深く感じた。

ルールがなければ無法地帯。

なんでもありになりそれこそ、パパになる男性も癒しの場がなくなってしまうことになりかねません。

その方がパパ側にとって女性のリアルな笑顔が見れなくなる。

どう考えてもデメリットだと思いませんか?

「パパ活」は、純粋に綺麗な場であり続けることは非常に大事。

だからこそ男性側も、「クリーンな紳士」であり続ける必要があり「パパ活がどういった目的のものなのか?」しっかり理解する必要がある。
 

このカテゴリーの関連記事