グラビアアイドル性交への道・番外編 ~ロリコン対決 前編~


皆さんこんにちは! グラビアアイドルやタレント大好き、まだまだバイアグラになんてお世話になりません、365日24時間連続稼働中、迷走煩悩こと蛇の目です。

グラビアアイドル性交への道シリーズ全6話を完結させたあと、ゴシップ記事を見ていたら「ドクターシーラボ城野会長がJKモデルとグアム旅行」なんてものを見つけた。
https://gekiura.com/post/26918/

まったく、けしからんロリコンです!
でも正直に言います……羨ましい……。

童顔の可愛い子には目がない、基本ロリコンでもある蛇の目ですが、これまで法律に触れる行為とは無縁です。一部のメンバーの方、ご期待に沿えず申し訳……お疲れさまです。

だって逮捕されたら遊べなくなっちゃって蛇の目の人生は終結しちゃうじゃないですか!
森友学園の籠池理事長のように日本国民として法律は固く守る主義です。
と言っても、諭吉で可愛い子をひっぱたいてヤリまくるというグレーゾーンでは快楽全快ですが(笑)

さて、ここからはフィクションになります。先のゴシップ記事とは何も関係ありませんからね! 似てるような部分があったとしても、それは皆さまのご想像の中のことですからね、と一応申し上げておきます、はい。

とある会社のドクターS会長さんは、六本木・西麻布界隈の世界ではロリコンで有名な方でして、いろいろなこぼれ話を耳にします。そのお話について……バラシちゃ……、いやフィクションを投稿します。蛇の目のロリコンぶりも十分に織り込んでおります。

皆さん、これからはドクター蛇の目と呼んでください!

ということで今回は、ドクターS会長とドクター蛇の目のロリコン対決をお送りいたします。計3回にわたり、以下の題目でお伝えしたいと思います。

・ロリコン対決 前編:18歳アイドルの卵 S美ちゃん
・ロリコン対決 中編:20歳女子大生 M子ちゃん
・ロリコン対決 後編:直接対決 ロリコンの頂点へ(完結)

蛇の目行きつけのラウンジで飲んでいると店長が席にやって来ました。女の子を退席させて何やら話しがあると……。

店長:
「実は、蛇の目さん好みのアイドルの卵が入りまして」

蛇の目:
「可愛いの? 紹介してよ」

店長:
「今日出勤するんですが、ここだけの話……芸能のことは極秘で入店しているので本人以外には絶対に出さないでください。あとで指名で呼びますから」

しばらくすると、店長がそのアイドルの卵を連れて来ました。

店長:
「蛇の目さん、新しく入ったS美です」

S美:
「初めまして、よろしくお願いします」

蛇の目:
「蛇の目です。よろしく~! 何か飲む?」

S美:
「ありがとうございます。じゃ、オレンジジュースお願いします」

え、オレンジジュース? 可愛いんだけど若いな~、高校生みたいだな~という印象。聞けば高校卒業して上京したばかりの18歳だそうです。高校生と変わらんじゃん! 

そして、店長からの内密のお話はそれだけではありませんでした。

店長:
「S美は肝がすわっている子です。開けっぴろげには言いませんが、バイトはおそらくパパ探しです。蛇の目さんのタイプだったら良くしてあげてください。この子には変な客をつけないように言われてるんですよ」

どうやら店長お墨付きパパ探しの第一候補にあげられたようです。お店の協力もあるなら、ご期待に沿わねば!

ということで、本指名・同伴・アフター・美味しいご飯・人気美容院・お洋服などなど、取りあえずいろいろと可愛がって懐いてきました。でも18歳だからな~。一応、店長に相談してみるか。

店長:
「私の口からどうしろとは言えませんよ。でもS美は中学のときから芸能やってるんです。だから多分、ひととおりのことは知っています。モタモタしていると、ほかの客に持っていかれちゃいますって」

え? 中学のときから芸能関係にいて、ひととおり知ってるって? それ犯罪かもしれないじゃん! まぁ今は18歳で高校卒業してるからいいか。店長からの加速アドバイスもあり勝負に出ることにしました。

蛇の目:
「今週のどこかでリッツのフレンチ行かない? 結構、美味しいんだ」

S美:
「(一瞬考えて)リッツって、リッツ・カールトンですか?」

蛇の目:
「そう、ミッドタウンの45階にあるフレンチだよ」

S美:
「(一瞬考えて)来週でもいいですか?」

蛇の目:
「あ、いいよ。来週の何曜日?」

S美:
「えと、月曜と水曜はレッスンなので、それ以外ならOKです」

ということで、翌週火曜日にお約束をしました。むふふ、楽しみだな~18歳をどう落とすかな~。

当日、リッツ45階のロビーラウンジでS美ちゃんを待っております。

でも翌週に引き伸ばされたってことは、あんまり好かれてないのかな~、LINEはちゃんときてたけどな~、もしかして来ないのかな~? とウジウジ考えていたら、お約束の19時にS美ちゃんがやって来ました。

S美:
「こんばんは~、お待たせしました!」

ワインとオレンジジュースで乾杯。親子だと思われても仕方ない光景に、おそらく店員も「何やってんだこのオッサン」と思ったことでしょう。……ともあれ美味しいフレンチを堪能。

さて、いよいよチャレンジタイムです! もちろん蛇の目の切り札、夜景で攻めます。

蛇の目:
「美味しかったね! どう、このあと夜景でも見に行かない?」

S美:
「え、ここからの夜景もきれいですけど……」

蛇の目:
「(そう来るか)いや、もっと上の階の方がきれいかなって思って、二人きりで夜景とかどう?」

S美:
「お部屋から夜景を見るんですか?」

蛇の目:
(えーいもう!)う、うん、仲良くしたいなって」

S美:
「(一瞬考えて)そうなんですね。私も蛇の目さんのこと好きだし、いい人だから構わないんですけど、お小遣い……」

蛇の目:
「あーはいはい、そこはちゃんと!」

ということで、無事チェックイン。地上50階から皇居を見下ろし18歳と一戦交えてしまいました。
法律は固く守ると言いながら天皇陛下を見下ろしながら……まったくの非国民。そして最年少記録更新です。

え、感想ですか?
う~ん、最初は援交ってこういう気分なのかなとか落ち着きませんでしたが、年の割にはエロいのです。口の使い方も……。

結論!! 結構鍛えられていました!

交戦後のんびりとお話をしていたら、実は一昨日まで生理だったということが分かりました。
なるほど、翌週なわけです。けど18歳の貴女は今日のパターンを想定のうえ、生理日を計算してたんですかい! 店長の言うとおり、いろいろ知ってるのねS美ちゃん。

「今後も定期的にホテルでデートしましょう」と無事に話がまとまり、しばらくの間、お付き合い。
若すぎる感も薄れてきて、蛇の目のロリコンに拍車がかかってきました。これでグアムに旅行でもすれば、まさにドクター蛇の目ご淫行です(笑)

ところが、あるときを境にS美ちゃんの連絡が途絶え、LINEのアカウントも削除されてしまいました。
あ~この子もか、まったく! と焦燥感が付きまとう日々でした。

しかしその後、驚くべき展開となるのです……。

次回、中編ではあとで曰くつきとなる女子大生M子ちゃんが登場します。次回をお楽しみに。迷走煩悩こと蛇の目でした。

このカテゴリーの関連記事