CA(キャビンアテンダント)2回目のデートで逆転ホームラン

サッカー観戦

前回の続き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
氏名 江梨子(えりこ)
年齢 29歳
職業 CA (キャビンアテンダント)
紹介料 10万円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安易にサッカー見に行こうと誘っておきながら・・・面倒な事に、チケットが取れない事に気が付いた。



国際試合、ワールドカップ予選。

 

仕方ないので、仕事先から関係者席を譲ってもらう。

サッカーはどこがいい席なのか
いまひとつ分からず・・

 

車で行こうとしたら公共機関の方がいいと、周りから指摘されて、素直に電車で行くことにした。

駅で待ち合わせするのもイイモノダナ・・・

 

目的地まで、だんだんとブルーのサポーターが乗車してくる。
なんだか心拍数が上がる。
ライブはいいな。

電車も混みはじめてきて、ふと、彼女がやはりキレイだという事に気が付く。

ミスコンや、モデルと比較すれば、それは劣るかもしれないが、一般の公共の場所、一般の女性と比較すれば、充分に綺麗だ。

 

混雑した中で、彼女は私の下部をいたずらするように触った。

笑っている。

 

ワタシも少し触りかえしてみるが、なかなか度胸かなく、余計チカンのような変な触り方になる。

私たちしか知らない事実。


外で会うのはこういう楽しみもあるのだな。
 

デートみたいで、スタジアムへ行く面倒さはなくなっていた。

席は、関係者席、後方にさんちゃんと平さんがいたり、サッカー選手も近くに座っていた。
(誰だかわからないが、彼女はわかるらしい)

普通にデートしていると、彼女はひとつひとつの行動を先回りして、気持ちよく時間を過ごさせてくれる。

CAの良さを少し理解した。



とにかく楽しかった。

 

帰りはさすがに車を配置して、少し早目にスタジアムに出たが、車の車内で勝ち越しゴールを見ることになった。

まぁ、私にとっては見逃した感はないのだが・・・

 

ホテルまでの移動中、ちょっと車の中で、寝てしまった。

ふと目を開けると、タオルをかけていてくれて、


「お客様、お目覚めのオレンジジュースと私のキス、どちらに致しますか?」
 

と運転手に気づかれないように耳打ちした。

あぁ。なるほど。CAになりきってくれているんだなぁ。

と同時に、お手当を頂くという事の奥深さを感じた。


運転手に気づかれないようにキスをして、また目を閉じた。
 

本物の制服プレイ

お部屋につくなり、彼女はシャワーに入り、持参してきた制服を身に着けた。


制服を持参してくれていたのだ。
 

制服の持ち出しは相当厳しいらしいから、相当のリスクを負って会いに来てくれたと理解した。

 

ソファに座った私に、冷蔵庫からオレンジジュースを持ち出し、

 

「ファーストクラスのお客様への特別サービスです」

 

といって、口移しで飲ませてくれた。

「下の方が苦しそうですね、ベルトを緩めてもいいですか?」

とするすると着衣を脱がせ、プレイに入った。

鏡の前で、本物を自由にする感動はたまらない。

こんなことをしているんだ。

と意識が鏡に行く。

 

仁王立ちになってフェ○○○してもらい、上から制服の彼女を見ると、制服とスカーフに刻印されている会社のマークが目に入るようになっている。
(新しい発見だ)

 

「お客様、私のお○○○好きに使ってください」

 

心拍数があがるし、こんな経験はまさに交際クラブだ。


そういえば、プレイ中、ずっと「お客様」といっているな。


彼女はパパ活で、男性の希望を叶えることに力を注いでくれた。
 

お手当の増額と後悔

ベットの上では、色々と飛行機に乗ったときのお話などで盛り上がった。

もし、初回で早々に彼女を判断していたら、このような体験はできなかった。

 

経営と重ねると、スピードは何より大事だが、早さというより、自在なコントロールがポイントなんだろう。

 

彼女には、お礼を2つ増額して渡した。


クリーニング代として。
 

クリーニングに出さないことは知っているのだが・・・

そして、後で少し後悔した。


次回から、その増額した金額を渡し続けなければならない・・・!
 

というか彼女に期待させてしまった。

 

一瞬の快楽で、調子に乗ってしまうと、後で後悔する。

私は意志が弱く、また失敗を犯した。(彼女にとってはいい事だろう)

 

サッカー観戦なのに、タイトルは野球、こんなツメの甘いままで交際クラブを迷走している。

 

ユニバース倶楽部と出会うまで
あと3回・・・・



斉藤さんだぞ♪

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集