ユニバース倶楽部での面接。失態ありの合格。

ユニバース倶楽部・地方面接

ユニバースは全国にあるという事で、地元のホテルで面接してくれるという・・・

ほぉ・・・これは便利だ。

「○月○日○時、○○ホテルの1階のラウンジで待ち合わせとなります。」

あれ・・・
やっぱり地元はまずい・・・・
○○ホテルは息がかかっていて・・ばれる・・・・

○○ホテルのラウンジ個室に変えることにした。


「あれ?個室があるのですね…初めて利用します。」

当日、男性スタッフさんと、女性スタッフさんが珍しそうに個室を見まわしながら入ってこられた。

「少々声が高くても大丈夫ですから・・」

と名刺を頂きながら他愛もない会話を交わした。

多分こういう部分から面接は始まっているのだろう・・・

男性スタッフ 「どこかの帰りですか?」


そう。実はギリギリの時間までジムに行っており、トレーニングウェアで面接に臨んでいた。もちろんハープパンツにアンダーアーマーのシューズ。やばかったかな・・・

男性スタッフ 「大丈夫ですよ。ご安心ください」

男性スタッフさんは、デートクラブ条例のお話から一連の内容を丁寧にお話してくれる。

身分証明の提示や、年収などペラペラと他の交際クラブと同じように記入した。

(女性からしたら変なアプリよりも安心だろうな・・・)


隣で女性スタッフさんはケーキを美味しそうに食べていた。

(ケーキは私が頼んだせい・・。そもそも接待(支払)は、される方が偉いのではなく、する方が偉い場合があると個人的に思う・・・。でも今日は大きな金額では無いのであまり面倒なことは考えるだけ無駄だ)


話を聞いていると、どうやら女性スタッフさんの方が地元らしい。

地元の方がいらっしゃると、土地勘や距離感が分かる。

なんて言っても、

女性スタッフ 「わかりますよ」

 と、軽快に回答してくれる。とても頼もしい。


入会するにあたり、事前に調べていた入会金30万円を持参した

(当時現金だったか振り込みだったか今ひとつ覚えていない・・・)



 あ、合格ナンダな・・・

 

ついでに初オファー

男性スタッフ 「そんな感じで女性が見れますよ」

 HPの使い方を教授頂きながら、タブレットでユニバースの女性たちを私に見せてくれた。

個室の面接では、静かに男子トークが始まる。

女性スタッフさんは横で2つ目のケーキを美味しそうにほおばっていた。

 ワタシ 「え、この女性、とても綺麗ですね。地元にこんな女性いるんですね。」

男性スタッフ 「男性様のフィードバックもいいですね・・・」


ワタシ 「へぇ~星表示って面白いですね」


男性スタッフ 「オファーしませんか?」


早っ・・・

でもこういうタイミングもめぐり合わせだ。よし、最初のオファーはこの女性にしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
氏名 加奈(かな)
年齢 28歳
職業 キャンペーンガール
紹介料 10万円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(ユニバースの女性につき、年齢・名前・職業は仮とします)

 その場で日程をいくつか提案してみる。そして解散。あっという間の1時間弱。

息のかかったホテルなので、支払をせずに(後請求の為)そのまま退室。

男性スタッフ「すごいですね・・・」

ちょっとだけ優越感があったが少しヒヤヒヤした。
 

交際クラブ重複登録女性発見

自宅について、早速女性を閲覧した。

入会した男性しかわからないこの昂揚感。笑

ずっと見ていて飽きない・・・

すると、ある女性に目が行った。

あれ・・・私が会ったレースクィーンじゃないか?!

あれ・・・私が会ったCAじゃないか!

なんとまぁ、私が他の倶楽部で会った2名が、ユニバース倶楽部にも登録していた事が分かった。



あまりに衝撃的な出来事だった。


彼女達は、ベットの中で、

「斉藤さんだけだよ」

よだれを流して感じていたのに、、他の沢山の男性のものを受け入れていたのか・・・女性とは恐ろしい生き物だ・・・素直にショックになった。

東京の恐ろしさを感じると共に男性も沢山の女性と遊んでいるんだから、当然と言えば当然だろぅ・・と割り切ることにした。


(もちろん彼女達には、この話を現在もしていない)

彼女達のように、特徴のある職種は検索されやすいので注意が必要だろう。



斉藤さんだぞ♪

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集