理想の女性を求めて(番外編: 滝田さんのブログのコメントに思うこと)

今回は予定を変更して、滝田さんのブログに寄せられたコメントについて私なりに思うことを書きます。

いきなり滝田さんのブログと言われても分かりにくいかと思いますので、カンタンに説明しますね。

ユニバース倶楽部には公式ブログがあり、社員の方が思い思いの投稿をされてます。

私も在籍中はかなりお世話になったブログなのですが、

先日滝田さんが投稿された

『男性の性欲を女性の金欲を満たすだけの場所ではないと滝田は思う』

というブログを読んだところ、タイトルどおり「そりゃそーや」と思ったのですが、驚いたのは入っているコメント。

それは、男性用コラムDarlingに投稿している私を含めた数人を批判するものでした。

私もコメントしようと思ったのですが、感情的な書き込みになりそうだったので止めました。あらためて頭を冷やして私なりに思っていることを綴ります。
 

コラムコメント欄の私物化について

ここは反省してます。

投稿者どうしでコメントを入れ合う所は側から見て「仲間内で盛り上がっているだけ」と、気持ちが良いものではないと想像できますし、私物化と言われても仕方ないものだったと思います。
 

投稿コラムの私物化について

ただのアマチュアである私が万人ウケする投稿は無理です。

だから、私の記事でお伝えしたい事はただ一点。

「私みたいな失敗はしないで」ですし、少しはお役に立ちたいなーと思っている方はクラブに入ったばかりの男性です。

だからクラブを楽しんでおられる方にはマッタク伝わらない投稿ですし、ヘタな文なら尚更。

クラブから投稿を許され、私なりにお伝えしたい事がある以上、コラムを私物化しているという指摘には同意できません。

実は今回の記事、ダメ出しがあって2回書き直したものです(笑)。クラブのチェックが入ってますので、なおさら私物化には当たらないかと思います。
 

コメントについて

滝田さんのブログに寄せられたコメントは、私を含めコラムに投稿する人を批判するものでした。


それはそれで良い。
 

万人ウケするものなど書けないのですから。疑問なのは、ナゼあの場なのか?ということ。

もしかしたら、クラブに投稿は止めて欲しいと直接連絡しておられるのかもしれません。

それでも掲載されるから、あの場で批判されたのかもしれません。でも他のやり方が有ったのではないでしょうか。


『怒る時は1対1で』
 

昔教えてもらった言葉で、私なりの解釈は、「怒る時は皆んなの前でしてはいけない。必要以上にその人を傷付け、伝えたいことが伝わらない。だから怒る時は1対1」。

もちろん批判と怒るは違いますが、怒るの部分を批判に変えても十分意味は通じるかと思います。

先に他のやり方があったのではと書いたのは、こういう思いがあるからです。

コメント欄は公開の場ですから1対1とは言えませんが、私だったらそのコラムに直接批判コメントを入れますし、それが相手への敬意を表するものだとも思います。

直接関係のない場で、誰もが見れる公開の場で批判されては、コメントされた方がどれだけご自身が正しいと思っていようと、言われた本人は素直に受け止められるハズもありません。後に撤回されましたが、マックさんはコラムに投稿しないと明言されました。

話はそれますが、私マックさんのコラム好きです。

表面的に読めばブッ飛んでるだけですが(マックさんゴメンなさい)、あそこまで女性を変えられる理由はナンだろう?そんなことが出来たら、私が求めていた関係を女性と作れるやん・・・と、思いながら読んでました。どなたがマックさんに弟子入りしたいとコメントされてましたが、私も同感です(笑)
 

コメントを入れる事ほど難しい物は無いと思います。だってお互いを知らないのですから。

知らない相手に匿名で、しかも文字だけで思いを伝える事は難しい。それが批判なら尚更。

匿名どうしなのですから、よほど言葉と距離感に気をつけないと、折角のコミュニケーションの場が台無しになりますし、事実そうなりました。
 

クラブ在籍時、私は男性会員の知り合いはいませんでしたし、友人にも一切秘密にしてました。

一人で試行錯誤のクラブ活動だったので、入部時は掲示板(今はありません)の情報にかなり頼り、助けられました。


こんなことがありました。

一番最初の面接の時に、交際費の相場を聞いたところ


『私からはお答えいたしかねます。掲示板があるので、そちらをご覧ください』
 

今となっては、そう答えられた理由はナンとなく分かりますが、当時は途方に暮れました。だって交際クラブは初めてで、右も左も分からないのですから。

とにかく掲示板を読み込む

交際費のこと、初回はどんなお店に行った方がいいか?などなどをココで知ります。

第2話で書きましたが、初めてお会いした南さんと上手く行ったのは掲示板のおかげ。(フラれたのは私のせい笑)

後にこの掲示板は閉鎖されるのですが、ここは会員限定のクローズな場でしたので、かなり具体的な情報で溢れてました。

一人で活動していた私にとって、情報ほど大切なものはありません。

公式ブログは誰でも見れるのですから、出せる情報に限度があります。ここが参考になるのは、ある程度クラブ慣れした人。初心者が欲しいのは、具体的で生々しい情報です。

例えば交際費。公式ブログでは片手みたいなことは書いてますが(これさえもかなり読み込まないと分からない)、具体的にはナンボやねんという話しです。

掲示板には女性がゴールドクラスだったら3万円、プラチナクラスだったら4万円と書いてあったので、私はその通りにしました。


そんな貴重な掲示板が閉鎖された時のやるせなさ・・・
 

閉鎖理由は、社員さんへの誹謗中傷からストレスを感じる方が出たためと聞いてます。

今は公式ブログのコメント欄を閉鎖されている社員さんもいらっしゃいます。

あのようにコメント欄が荒れると、誰からも批判されない無難なブログやコラムになりかねません。

誰だって批判されたくないですからね。そうするとブログやコラムがやせ細りますし、コラムが もしかしたらブログまでも閉鎖されかねません。


それで一番困るのは情報源を絶たれたクラブに入ったばかりの方ですし、クラブ慣れした人にとっても困るのではないですか?

過去に掲示板は本当に閉鎖されました。

私がクラブに入ったのは2016年夏。

たった2年弱の間に似た事が繰り返されてます。


言うべきは言う
良いことだと思います。

 

ただ、相手に思いが届かなければ無意味。

マックさんが書いてましたが、あなたのスタンダードは私と違うのですから。
そうならないためには、チョッとした気づかいです。


私も含め、もう少し相手を思いやる気持ちを持ちませんか?
 

少しでも、相手が受け取りやすいコメントにしませんか?
 

お互いがより良くなれるようにしませんか?


批判された私がこんなことを書いても説得力が無いことは承知してます。

クラブを辞めたのですから言わずもがなですが、在籍時から気になっていたので敢えて記事にしました。

ブログやコラムが、より良いコミュニケーションの場になる事を願ってます。



春夏秋冬

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集