上から目線にだけ気を付けよう

根源は「男性の上から目線」の言動

昨年末12月の忘年会

そして先日、1月の新年会

ユニバースのスタッフさん達と立て続けに会う機会がありました。

そこで色々情報交換のアップデート

私:「オファーを受けて、デートして女性から多いクレームってなんですか??」

スタッフ:「そうですね、、①無理やり誘われて怖い目に合った ②プライベートを執拗に詮索された ③お手当の額が著しく低かった等等」

まー③などは双方の確認不足もあるでしょうから、一概に男性会員に非があったとは断定できないかもしれませんね。
 

いや②も、確かに発生はしていると思いますがユニバースクラスの交際クラブならわりと少数派じゃないかと思います。

もちろん一部の男性会員さんに変わった方もいるでしょうけど、出会い系サイトなんかと違いある程度はオファーや活動でコストも掛かるわけですから一定の選別がされていると思われますので。

少し話が逸れるかもしれませんが、私は一番の男性が受けるクレームの間接的要因

この根源は「男性の上から目線」の言動にあると思います

いわゆる高圧的対応というやつでしょうか

「いくらオファーして会ってると思ってるんだ」

こう思われるのは多少致し方ないとは思いますが、、、

百害あって一利なしですね

女性はどれだけお金を積まれても、贅沢なデートをさせてもらっても

本能的、生理的に上から目線やオラオラ系で来られることを毛嫌いする方が多いと思います。
もちろん人間の志向性は千差万別なので中には変わった性的趣向の方がいるように笑 オラオラ系で来られることをすごく好む女性もいますが、かなり少数派だと思います。
 

当たりクジが出にくい駄菓子屋風商法

元々、社会的に一定のステータスを得ている方が多いのが男性会員の特徴。

女性会員は面接で志向性のチェックこそ最近のユニバースさんはフィルタリングしているようですが、学生さんもいればフリーターの方もたくさんいます。

伝統的な趣旨としては完成した女性をオファーで発掘して即戦力で大人のデートを楽しむ! というのではなくて、

 

未完成のポテンシャルがありそうな女性を時間と労力とコストを掛けて男性が育て上げる

 

本来はこうです。

ただ肥大化した交際クラブでは女性も昔より玉石混合です。

中にはどうしようもない躾が行き届いていない女性も混ざっていることでしょう。

また言い換えると交際クラブは「当たりクジが出にくい駄菓子屋風商法」

とも言われたりもします笑

当たりの女性が出るときのが実はラッキーと思うくらい、寛容性が無いとなかなかやっていられない遊びだと思います
 

交際クラブはリッチマンのライバルが多い社交場

何度かオファーしても当たりが来ない時期

仕事や家庭でたまたま虫の居所が悪い時

気晴らしや今度こそ!と意気込んでオファーした時に、コミュニケーション障害とか

交際タイプ詐欺系の女性を引くと激情したくなる気持ちは分かりますが笑

上から目線の態度は1度やってしまいますと、実は本人が気を付けているつもりでも他の女性にも慣れたころ出てしまうのですね。

これが時折顔を出すようになってしまいますと、女性は不思議と離れていくものです

 

性格なのでなかなか治せるものではないかもしれませんが

交際クラブは男性の経済力がある程度試される、リッチマンのライバルが多い社交場ともいえます。

投資対効果を度外視して散財している会員さんはたくさんいらっしゃいます笑  
いわば男性が試されている場とも言えなくもないでしょう。

寛大な心を持ち、度量を持って女性に接して粘り強く対応していくことを片隅にインプットしていけば継続性や初回デートでの成功率、女性に与えるプラスのインパクトも大きくなっていくと思います!

特に数年、交際クラブで遊んで、慣れてきたと自覚している殿方は今一度、振り返ってみるといいかもしれません!



茶飯王

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集