最近の女の子の交際タイプB事情

ブログからお越し頂いた方もこちらから直接拝見して頂いている方もありがとうございます。
名古屋にて存在感を消してひっそりと生息している下田でございます。

最近

「交際タイプBが以前とは大きく変わってきたのでは?」

とのお問い合わせを頂くことが多くなりましたので
拙い語彙力を総動員して自分が感じたことをお伝えさせて頂ければと思います。

早く楽になりたくて聞いてしまう

一般的なデートに対する認識からになりますが、
男性側は

「デートとは付き合ってからするもの→デートに誘ったらOKしてくれたし、これはもう俺に惚れてるやろー!」

というのに対し

女性側は

「相手と付き合っていけるかチェックをする為のもの」

という感じだそうです。(付き合いの長い女友達が言ってました)
 

だからデートをしてくれたからと告白したのに振られたんだなぁ、と若いころの苦い思い出をかみしめながらこの記事を書いております。

そういったことを考慮すると次回はホテルに行けるかどうかというのも実際は正直女の子自身も1回目のデート終了時では判断できず、

そんな状態で「いけるの?いけないのどっちなの?」と聞いてしまうとこれ以上はフィーリングを確認せずに断っちゃう方が楽だなぁ、と折角のチャンスをふいにしてしまうことになるかと思います。

モチロン延々とデートを繰り返して出費を増やすのは心中穏やかでないと思いますし、交際クラブとしても急かすな!などというつもりは毛頭ございません。

ただ人間楽な方に流れてしまいますので、男性としては「親密になりたいから」と次回デートはどうなのよ?と早く楽になりたくて聞いてしまうのだろうと思いますし、

女性側は「急かされてまでフィーリングを確認する必要もない、断っちゃえ!」と楽な方に流れてしまうのではないでしょうか?
 

おっかなびっくりで登録に来た

また出会い系を個別でやっている子もいて
「なんだかんだで出会えない」方と
「出会えるけど長続きしない」方に
大きく二分されている感じです。

出会い系だと顔が見えないし、相手のことが何もわからないから会うのが恐い……といった経緯で交際クラブの門を叩かれる方も少なからずいらっしゃいます。

まぁユニバース倶楽部でも他の交際クラブでも会う前に顔が見えないのは同じですが、

「事前にスタッフがお会いさせて頂き、紳士的な方かどうかなど審査をさせて頂いておりますので安心してくださいね!」

と女性に説明させて頂いております。(皆様素敵な方だと思っております)

そういった感じで、他の方がすでに記事にされていますが、

「昔は女性の人数も少なかったが、覚悟はできていた」方が多かったのに対し、

「最近は間口が増え女性も多く登録に来るけど、おっかなびっくりで登録に来た」方が増えたのかと思う今日この頃です。

「タイプBを選んでいる女性はこうなんだぞ!だからこうするのが正解なんだ!」というつもりは毛頭ありませんので、
こういった考え方もあるのだな、と頭の片隅にでも置いておいていただければ幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

乱筆乱文にて失礼致しました。


下田  涼

このカテゴリーの関連記事