電話番号は教えてはいけない?若者から学ぶパパ活でトラブルを防ぐためのテクニック

いつもご覧くださり誠にありがとうございます。
ユニバース倶楽部大阪支店の桐島です。

巷では”パパ活”という言葉がTV・雑誌・ネット様々な所で取り上げられ、
更にはドラマ化までされるというとんでもない盛り上がりを見せております。

そのせいもあってか交際クラブ業界が盛り上がってるなと感じる日々でございます。

数年前には考えられなかったことが実際に今起きてる事実があって、私達がその業界の中心で日々皆様に支えられこうしてサービスを提供できていることは感謝するところなのですが、パパ活をされる全体の人数が増え環境が変化したことにより、昔ではなかったトラブルが増えまた新たな対応をしていかないといけません。

今回は、先日面接した若い女の子が電話番号は最近交換しないと教えてもらったので
そのことについて少し触れてみたいと思います。

若者は電話番号を交換しない!?メールは見ない!

皆様電話番号は交換していますか?
一昔前であれば、電話番号がなければもちろん電話することができないので、
電話番号を交換するのはある意味こういう活動をする上でマストなことでした。
学生時代はパカパカ携帯と共に過ごしたので

連絡先交換=電話番号

という意識だったのですが、どうやらその時代はもう違うそうです。

今はLINE、Facebook、…etcなどSNSが普及し、電話番号を交換しなくても
電話をすることができる時代になりました。

今はLINEを主な連絡手段として使ってる人が比較的多いためLINE交換をするかたが多いとおもうのですが、現代女性にとって、LINEはあくまでアプリケーションの一部で以下のメリットがあるそうです。

・すぐにブロックの対応をできる。


・場所や個人情報をネット上で検索されにくい。


・ニックネームで登録できるから、本名をバラすことなく連絡がとれる。


・電話番号を交換するよりLINEの交換のみの方がリスクが低い

そう考える女性がいるそうです。
これは、逆に言えば、男性も同じ立場でむしろ男性様も背負ってるものの重さは女性同等もしかすれば、それ以上だとも思うので、電話番号を交換する行為自体を初対面の女性とは
信頼関係が気づけるまで一度控えてみるのもいいかもしれません

ただ、セッティングの料金を頂いてる以上連絡先を交換してはいけないなんてことは、
言えないので、女性と相談してそういう電話番号を交換するのではなく、LINEのみ交換するパターンもご自身の為にいいかもしれません。

そんな言ってる桐島も女性と連絡先を交換するときは、電話番号を聞いてしまうのですが。。

チャット履歴は見られてもいいぐらいの意識で!

あるあるの話ですが、チャットでのやり取りは、全て履歴として残るので
感情的になった文章も、愛を唱えた文章も。。
すべて、残ってるということを。

いい関係が構築されているのであれば、問題はありませんが、初対面の方や会ってまだ日が浅い方などに対してあまりにも、執拗にメッセージを送り続けるとそれは、トラブルになる可能性があります。
なにかあった場合は交際クラブのスタッフに相談してください。
ユニバース倶楽部では、出会いを提供して、はい。終わり。
というだけでなく、会っていただいたあとも、男性様との関係は続くわけで、
できるだけのことは誠実に対応させて頂きます。

常に最悪のトラブルの想定を!

年の離れた女性と仲良くなるために、
彼氏はいるの?最近のハマってることは何?普段はどんな生活をしているの?
少しでも女性のことを知る為に日々努力されてるとおもうのですが、
ご自身のことはどうしていますか?

会社名、勤務地、家族構成、女性関係…etc

人に聞く前にある程度は、女性より先にご自身のことをお話くださる紳士様がおおいかと思います。

ですが、基本的に自身の口から発する情報は漏れてもいいものだけにしておいたほうがいいかもしれません。

少なくとも、出会って初日はあせらずになんでもお話するのではなく、お言葉を選びながら、お話したほうがいいかと思います。
実際問題、女性とトラブルになり、男性様のプライベートの領域に立ち入ろうとしたり、
仕事場に足を運んで。。となんともホラーな展開も聞いております。。
ですので、信頼関係を築くまでは表沙汰にすることは控えたほうがいいかもしれません。
もっと徹底するならば。

・携帯のロックは必ず設定する。


・身分証は取られないように、貴重品管理は徹底する。


・財布の中に極力現金はいれないようにする。

など、女性を信じない疑うということではなくトラブルにならないために、
楽しくパパ活ライフを行えるようにする為に男性側でもトラブルの予防を行っておいた方がいいのかもしれません。

仮にパートナーができたとして、その女性を信じるな!なんてことは言いませんし、
実際真剣に交際されて、ご結婚をされたなんて話も実際に会員様から、お伺いしたこともございますのでなんとも言い切りにくいのですが、最悪のケースを想定し男性様の方でも
事前に予防してみてはいかがでしょうか?

最後に。

パパ活をするうえで、トラブルは常に背中合わせだということを
これから始めようと考えている人も何年もご利用されている人も今一度考えて頂きたく思います。

良かれと思ってやったことが。
感情的になってやったことが。
好きになって、やったことが。

その全てが常にトラブルと隣合わせで、そんなトラブルが起こる可能性を0にはできないことを。

ただ、私達はその中でどれだけトラブルの発生率を0にできるのか?
という部分と紳士に向き合い今後の交際クラブのあり方を模索していければと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集