2019年02月02日

文字のコミュニケーション

いつもユニバース倶楽部スタッフブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
大阪の新人、椎名 結でございます。

後、数日もすれば立春。
暦の上では春となりますね。
しかし、世間では冬の代名詞にも感じるインフルエンザが流行っております。
高熱が出ないと油断していたら、インフルエンザという事もございますので、皆様お気をつけくださいませ。

さて、この仕事を初めて、やっと2ヶ月となりました。
いただいたお電話に出させていただく事もございますが、一番多いのは会員様へのメールやSNSでのご連絡です。

 

いかに文章で、会員様の気持ち・意図を汲み取るか。
こちらの意図をお伝えするか。
……当たり前だけど、難しさも感じる部分です。

失礼な言い方になっていはいないか?
この言い方で、こちらの気持ちを伝える事が出来ているのか?
汲み取りを間違えていないか?
不快に受け取られてしまわないか?などなど……

基本的には、句読点と文章のみでのコミュニケーションです。
表情も声のトーンも全くわかりません。
だからこそ、気になる点、気にしなければいけない点が多々あります。
手書きの文字ではない分、やはりちょっとした言い方の違いで、受け取る方の印象も変わってしまいますよね。

しかし、そんな精一杯の私とは違い、会員様の中にはお相手を気遣う一言を添えてくださる方もいらっしゃいます。
素敵な方だな……と、ほっこりとした気持ちをいただいております。

そんな風に文章だからこそ伝わる物もありますよね。
伝える難しさでもあり、楽しい部分でもあるのでしょうか。

 

しかし、普段のコミュニケーションツールとして使用頻度も高そうなのはLINE。
こちらはメールよりも幾分フランクな会話が出来て、楽さもあります。
スタンプもあるので、感情表現も色々な方法で出来ますね。

スタンプから見る性格診断!なんてのも、一時期目にしました。
さすがに、その診断はどうなんだ……と当時思いましたが、どんなスタンプを普段使っているかで、その方の好みみたいな物を少し感じる事が出来て、楽しかったりします。

会員様も、交際されている方とのコミュニケーションはLINEが多いのでしょうか?
その際はスタンプも交えながら会話されているのでしょうか?

若い女性は、特にスタンプを使うのが日常という方も多いかと思います。
普段スタンプなんて使わないという会員様も、少し歩み寄ってスタンプを使ってみると、お相手にとっても距離が近くなった気持ちになって良いかもしれませんね!

 

ユニバース倶楽部 大阪支店
椎名 結

椎名 結

この記事の筆者

生粋の大阪人だけど、大阪弁が下手です。 箱根駅伝とゲーム、おいしいものが人生の糧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。