2022年02月15日

倶楽部会員データより、平均デートオファー数が一番多い年代は「70代以上の男性」と判明

ユニバース倶楽部会員様の登録データを元に「男女が恋愛関係を選ぶ基準」を明確にし、「パパ活男女」の真実を公開すべく調査を行った結果を報告いたします。

 

今年1月池袋のラブホテルで、パパ活をしていた、といわれる20代女性が、82歳の男性をカッターナイフで殺害した事件により『パパ活』について様々なイメージや憶測が飛び交っています。

 

一見、秘密で覆い隠されているように思われがちな交際クラブですが、会員様の『年齢・収入・デート回数・デート相手を選ぶ基準』等のデータを元に調査した結果を公開し、「パパ活男女」の真実をお伝えすることで会員の皆様のみならず多くの方に「パパ活男女の先入観」をなくして欲しいと思います。

 

 ※データ情報について
2021年1月~9月 
測定方法:弊社登録実績とデート実績 
基準: デートが成立した数ではなく、単純に男性から女性側に正式なデートオファーが来た数

 

 


■TOPICS

1.そもそも、交際クラブってどんなところ?

2.交際クラブが存在する理由とは

3.どんな人が登録しにくるのか

4.どのくらいデートに行けるのか

5.年齢以外で選ばれる基準は「積極性」に関わるのか


 

 

1.そもそも、交際クラブってどんなところ?

富裕層の男性が登録していたり、審査を通過した女性のみが登録でき、それぞれのお互いのニーズに合ったマッチング(環境)をご提供する。いわば「デートのきっかけを創造」それが交際クラブです。

どんな人とマッチングするのかは運次第ではなく審査や面接でしっかりとした調査を行い、男女共にマッチングした際に問題が起きないかなど様々な与件を予測し、選ばれた人のみが入会できるシステムになっています。

さらに、コンシェルジュが仲介者として出会いをデザインする事で最良の時間を提供しています。交際クラブで提供しているのは「モノ」ではなくお二人にとっての最良の「機会」なのです。

 

 

2.交際クラブが存在する理由とは

 男性会員様は富裕層でありながら妻とのプラトニックな関係に悩みがあり、公にはできないが支援を望む女性との疑似交際を求めている事が多く、女性会員様は富裕層の男性と金銭で割り切れる関係を望んでいる事が多い。

男女の関係では、こういった悩みは最近になって目につくようになったものでは無く、どの時代・世界中で何年間も悩まれているものです。

交際クラブはそういった男女の関係で悩まれている男性、富裕層と繋がりを持ち自己発展を望む女性を、ニーズが合った状態でマッチングを可能とした、時代のニーズに合った場所を提供できる環境です。

男女の関係を否定する訳でも無く肯定する訳でも無く、「そういう事もあるよね」と悩みに共感できる仲介者が存在する事で、安心できる環境を整えていく。そのために存在しています。

 

3.どんな人が登録しにくるのか

 

男性会員の年齢別登録割合

 

 

女性会員の年齢別登録割合

 

 

男女会員の登録割合を年齢別で円グラフにしました。男性会員様は40・50代のご登録が過半数を占めました。仕事や子育て等が落ち着き、ご自身への時間やお金をある程度自由に使用できる世代です。 14.0%を占める30代男性会員様は、20代の時よりも年収が増え、責任が伴う結婚よりもライトな恋愛関係を望む世代です。

心身ともに豊かさを求めると、必然と「欲」が絡んできます。三大欲求の一つとも言われる「性欲」は切っても切れない関係でしょう。そんな中大切になってくるのが、性機能です。男性の性機能である、精巣の萎縮や勃起能力は50歳頃より低下が進行しますが、性欲に関しては70歳代まで90%維持しています。また、男性の独身老人は異性との交際を90%望んでいます。しかし、交際の見通しは難しく、「トシだからあきらめる」という理由が3割を占めています。(参考文献※1)

ユニバース倶楽部の全体の6.0%のご登録しかいない、「70代以上」の男性会員様は、「トシだからこそ交際クラブを利用する」と言っても過言ではありません。残りの人生を漠然と過ごすのではなく、意欲的に余生を過ごしたい方からこその登録です。

女性会員様に至っては、「50代以上」のご登録は全体の1.6%と男性よりもかなり低い値となっており、20代のご登録が過半数を占めているのが特徴といえます。理由は、会社員や学生など奨学金返済や所得などで金銭面で生活に潤いを求める方が多く、パパ活女性としてハイスペックの男性とのマッチングを望んでいます。では、50代女性に至っては何を目的としているのか。離婚や子育てのひと段落後、「一人の女性として」残りの人生で好きなことをしたいと思う気持ちと考えます。子育ての時には難しかった旅行、パートナーでは得られない恋愛のようなドキドキする気持ちを求めているのかもしれません。

 

 

 4.どのくらいデートに行けるのか

 

男性会員年代別 平均オファー数

 

 

女性会員年代別 平均オファーを受ける数

 

 

ユニバース倶楽部では、男性会員様から女性会員様へデートのオファーをします。
年齢別登録割合では6%しか登録していない、70代以上の男性会員が一番オファーしています。退職や死別等により社会的孤独を味わっている70代以上の世代が、心のオアシスを求めており、それは身体的な癒しにも繋がっているのと考えます。

20代後半の女性がオファーされている背景は、成人後、社会人として外に出て、ある程度酸いも甘いも味わっているため、落ち着いた話ができるからではないかと考えています。

最もオファーの多い70代以上男性と20代後半の女性の年齢差は45歳以上離れています。祖父と孫ほど離れている女性たちを、選び・オファーする理由はなぜなのか。

 

 

 

5.年齢以外で選ばれる基準は「積極性」に関わるのか

女性を選ぶ際の判断基準の一つに「交際タイプ」があります。

交際タイプとは、女性が「男性と付き合っていくための意思表示」となっており、ユニバース倶楽部ではA~Eの5つに分けて、女性にご選択いただいてます。

 

●交際タイプA:【お食事デート】基本的にお茶やお食事のデートを希望します。肉体関係を含む交際は希望しません。

 ●交際タイプB:【2回目以降】2回目以降のデートでお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性があります。

 ●交際タイプC:【フィーリング次第】初日からお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性があります。

 ●交際タイプD:【積極的】初日からスマートにお誘い頂ければ、交際に発展する可能性があります。

●交際タイプE:【交通費不要】出会いのチャンスを優先したいので、お食事デートでの交通費はいただきません。

全オファーの交際タイプ割合

 

 

タイプ説明にある「交際に発展する可能性」というのは「大人の交際」、いわゆる【肉体関係】を求めているかどうか、どこまで許容し、どういった気持ちで登録しているのかのものさしのようなものです。

しかし、今回の池袋の容疑者のように、「パパ活」と報道される際は大抵、悪い意味を含みます。「援助交際」の体のいい言い換え、すなわち【売春】を指すときに「パパ活」が使われることが多いです
本当にそうであるならば、タイプDの女性が多くオファーされていることでしょう。
【肉体関係】以外に、【心のオアシス】を求めている方が多いのです。
それは、友人ができる喜びに近いものかもしれません。
 

ユニバース倶楽部会員様のデータを公開していく中で、「パパ活男女に対する見方」が少しでも良いように考えるきっかけになればと思います。

 

  

〇詳細はこちら

■不安を感じている女性の方へ
/women/lady-anxiety/

 ■採用基準(女性向け)
/women/registrations/

■データで見るユニバース女性会員
/women/female-data/

■不安を感じている男性の方へ
/men/gentleman-anxiety/

 ■データで見るユニバース男性会員
/men/male-data/

 

参考文献
(※1)公益社団法人江東区医師会.高齢者の性生活.区民公開講座 平成24年11月17日のまとめ.https://koto-med.or.jp/healthtopics/2208.html,(参照2022-02-15).【WEB】

この記事の筆者

生きてるだけで楽しいPRマーケティングのみずしまです。 交際クラブに登録しようかなって悩んでいる方の背中を押し隊。