2019年11月30日

【お叱りの声:大阪支店】行けなくなったなら初めからそう言ってほしい

いつもお世話になっております。
ユニバース倶楽部 大阪支店の福永です。

少し前のお話しですが、女性の決定後日程変更依頼で男性様にご迷惑をおかけしてしまった件について書かせていただきます。

会社を経営している40代のA様と20代の販売員のBさんのデートが決まっておりました。

デートの4日前にBさんから「少し風邪気味でA様にうつしてしまうのも申し訳ないので他の日でも大丈夫か確認していただけますか?」とご連絡がありました。

スタッフはBさんに「承知しました。A様に日程変更が可能か確認しますね」と返信。

その後、A様に「Bさんから少し風邪気味でA様にうつしてしまうのも申し訳ないので他の日でも大丈夫か確認していただけますか?とご連絡がありました。決定後にこのようなことになり誠に申し訳ございません。別日でご調整いただくことは可能でしょうか?もしくは、ほかに気になってくださっている方がいらっしゃいましたら同日程で確認をさせていただきます。いかがいたしましょうか?A様のご指示をお待ちしております。」とご連絡。

A様からは「前日まで待ってみて治らなければ別の日で調整してみます!」とお返事がありお待ちいただけることになりました。

それをBさんにお伝えしたところ、「A様にうつしてしまうのも悪いので他の日がいいです」とお返事がありました。

ニュアンスがずれてもいけないので引用をして、A様にお伝えしたところ、「一見自分のことを考えてくれてるようにも見えるけど本当は別の用事があるんじゃないの?行けなくなったなら初めからそう言ってほしかった。悪いけどオファーは取りやめます。」という内容のお返事がありました。

体調不良の真偽のほどは定かではないではないですし、そもそも決定後のキャンセルはよくないですが、今回A様のことを考えてというニュアンスでBさんがおっしゃったことが引っかかっておられたので、Bさんからのご連絡が「大変申し訳ございません。体調不良で予定していた日にデートが難しくなりました。別日でご調整いただくことは可能でしょうか?」という内容だったら結果は変わっていたのかなと思いました。

もしくは女性からご連絡があった際にクラブ側から、現段階で少し風邪気味であることはA様にお伝えさせていただきますが、もしそれまでに治った場合は予定通りデートに行くお気持ちはありますか?と女性に返信していれば何か変わっていたかもしれません。

体調を崩しやすい時期ですが体調管理には充分にお気をつけいただき、何かあれば行ける、いけないをはっきりと倶楽部側にご連絡くださいませ。

ユニバース倶楽部 大阪支店

福永 涼太

この記事の筆者

食べ歩きが好きです! 正直をモットーに日頃の業務の中で思ったことを発信していきます!

2 Replies to “【お叱りの声:大阪支店】行けなくなったなら初めからそう言ってほしい”

  1. その女性は風邪気味とは言っいるものの本当は
    「インフルエンザと診断されてしまった。当分の間は他人にうつすかもしれない。
    でも会うのは4日目だから大丈夫かもしれない。
    でもオファーした人にインフルエンザがうつってしまったらいけないし。
    かといって正直にスタッフにインフルエンザ出ました、なんて言ったら即、延期になっちゃうし、でも会いたいし」
    という感じなのだろうな、と思ってしまいました。

    1. 鏡の中の中年男様
      コメントありがとうございます!
      お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。

      インフルエンザですか!
      たしかにそうだったのかもしれません…

      私にはまったく思いつきませんでした!
      文面から安易に考えてしまうのではなく、
      あらゆる可能性を考えて対応していかないといけないと思いました。
      貴重なご意見ありがとうございました。

      今後とも何卒よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。