2018年09月13日

オフィスビルの弁当屋のポテンシャル

いつもお世話になっております。
ユニバース倶楽部 南の果て担当神谷です。

最近は沖縄の暑さも過ぎ去ったのか、
県外の男性会員様より沖縄へオファーを頂ける事が多くなってきました。
誠にありがとうございます。

さて、

本日は最近神谷が衝撃を受けた、
「弁当屋と野菜」について書きたいと思います。

つい先日、外にランチに行ってまいりました。

その向かっている時です。

なんだか道路沿いにパラソルが立てられていて
そこには大きめのキャンプなどで使うテーブル、
その上には2段、3段にも重ねられたお弁当達。

お昼時で、
オフィスビルの下にお弁当屋さんが何店舗かきていました。

あまりそこまでランチで足を伸ばさない神谷なので
初めて見学に行きました。

「へ~。高校の買い弁みたいで楽しそう。」が第一印象でした。

端の方からひとつのお店をじ~っくりとお弁当の物色をしていたのですが、

最後の1店舗が衝撃でした。。。

なんと、
袋に入った野菜が販売されていたのです。

え!!!!!!!野菜!!!!笑

野菜って!!笑

「一袋100円だよ~」とおばちゃん。

ひゃ、ひゃくえん??!!笑

や・・・安い!

(安すぎて生産地が気になりました。。。
自家農場だから安い、とかいう理由でしょうか。笑)

オフィスに戻り仲間にこの不思議なお店を報告すると、

「あ~!あれって要望があって・・・」と話し始めました。

お弁当を販売しているのはオフィスビルの下。
お弁当を買いにくる人はほとんどがそのビルで働いている人。

そのビルで働いている人が
仕事終わりに疲れているのにわざわざスーパーに行って
食材を買うよりもお弁当販売の時に販売してくれないか?
その方が助かるんだけど?

というような要望からうまれ、実現したとか。

今ではそんなお弁当屋さんが他オフィスビルにもあるそうです。

それを叶えちゃうお弁当屋さん。
それを叶えようと動いたお弁当屋さん、すごい!と思うのは神谷だけでしょうか。

お客様のニーズ、要望に応える。

その要望は難しい?できるのそれ?ってなるかもしれないけどやってみる。
できる方法を考える。

あったらいいのになを叶えられる事。

沖縄支店もそんなお弁当屋さんみたいな対応ができたらなと思いました。

またとある日、コンビニにランチを買いに行きました。

デザートにプリンを購入。

オフィスに戻って食べようとすると。。。

これじゃ食べれないよう~~~~~。
プリンすくえないよう~~。
違うスプーンだよう~~。

ニーズに耳を傾け真剣に応えるお弁当屋さん。
はたまた、、、違うスプーン。

お門違いにならないよう、
また小さな要望でもお聞きできるような支店を目指してまいります。

神谷 きい

 

名古屋でのご友人紹介キャンペーン好評により延長中です!!

 

——————
ユニバース倶楽部 沖縄支店
お電話・メールお待ちしております!
okinawa@universe-club.jp
0120-113-122
————————————-

神谷 きい

この記事の筆者

沖縄だからの発信を。がモットーですが書物は不得意分野な上、豆腐メンタルの持ち主ですので、暖かく見守っていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。