交際クラブで女性に好かれる方法4

清潔感は絶対条件

男性で、意外と忘れがちなのがエチケット的な部分。

実は、今の若い女性は昔に比べて臭いや、人が目に付きやすい部分に対してかなり敏感です。

特にタバコを吸われる男性には、できれば歯医者で綺麗にしてもらいたい。

昔と違い、今はそういった人の目に付く部分のケアーはかなり大事ですね。

男性によっては、面倒と感じる方は多いでしょう。

しかし、これを読まれている男性で、海外志向の方は特にお気付きだとは思いますが・・・。

特に欧米では、普通のことなんですよね。

逆に、日頃のこういった人間の見える部分のケアーにおいての認知度に関しては、日本はかなり遅れているかも知れませんね。

理由は、テレビなどに出ている男女を見ているとそう感じませんか?

歯だけを見ても、わかりやすいです。

あんなに汚れている歯で、テレビに出るなんて海外では考えられません。

実際に、交際クラブで紹介された女性のほとんどが、非常にそういった見える部分のケアーをしっかりされている方がほとんどでした。

正直、コーヒーや葉巻を吸う僕。

服も煙臭く歯も汚れていた。

女性は、僕に対して気を遣っていたのでしょう。

僕に対して指摘はしませんでしたが、関係を持つ時に若干キスなど嫌がっていた風に見えた。

女性が、化粧などをするのと同じで、男性にもそういった最低限のケアーは大事なのかな?とは感じましたね。


例えば、歯のクリーニングは勿論葉巻を吸うのであれば、良い香水を選び、女性と会う時には軽く吹き付けるなど。

僕は、昔から仕事人間だったので、こういった部分が本当に無頓着でした。

そもそも、今は禁煙ブーム。

そんな時に、タバコを吸わない女性の前で、葉巻臭い匂いで一緒にいたら不快ですよね。

実際に、女性から人気のある男性って皆歯も綺麗ですし、身体中から良い匂いするんですよね。
(同性から見てもそれは感じる)

そこで、微力ではありましたが、気付いた点を自分で分析して、細かく修正を繰り返した。

すると、特に初めて会う女性は僕に対して若いですね。

と言ってくれるようになり、明かに初期の頃と、初対面の僕に対しての、女性側の反応が違った。

そこに、付け足すなら、歯のクリーニングにしても、香水を付けるにしてもお金はほぼかからないんですよね。

自分が、女性に好かれるために頑張れるか?頑張れないか?だけなんですよね。
(それは若返りにも繋がる)

実際に、自分のメンテを少しずつするようになり、女性と関係を持った時も全然反応が違った。

女性から、キスを求めてくる事が多くなった。

歯のクリーニングって偉大だと僕は本当に思いましたね。

もし、全く自分に対してメンテナスをされてない方が居ましたら、試してみてください。

きっと女性ウケが段違いに良くなりますよ。
 

言葉遣いには気を付ける

交際クラブで、女性を紹介していただいて、最初の頃は守れていたけど、だんだん慣れてくると悪くなってきやすいのがまさに言葉遣い。

パパ活する女性は、皆品のある男性が大好き。

男性側が、女性に対して甘えたい気持ちを持つのと同じで、パパ活する女性も男性に甘えたい時も沢山あります。

所謂、GIVE AND TAKE精神ですね。

こういった、人間で一番大事な部分は、お互いのコミニケーションが肝にります。

そこで、パパ活する女性とパパになる男性で一つの壁が年齢。

きっと、女性によっては男性と、20〜30歳くらい違うなんて事もザラにありますよね。

実際に、僕が交際クラブから紹介していただいた女性は、お恥ずかしながら、年齢差26歳でした。

最初の頃は、僕も気を遣い丁寧語で話していた。

例えば、今日は何を食べましょうか?とかお腹は空かれてないでしょうか?と言う具合な言い回しだったと思う。

でも、日が経つにつれて、女性との距離感がまだ遠いと感じ自ら喋り口調を変えた自分がいた。
(会話から、年齢に壁を感じたからだ)

どう変えたか?

食事に関しては、何食べたい?お腹空いた?今日、どうする?的なニュアンスですね。

すると、女性側は、最初はどうしたの?的な感じで僕を見ていましが。

そこから、2ヶ月もすると女性側から僕の喋り方が、少し威圧的と指摘してきた。

しかしながら、言葉というのは怖い部分で、一度気を遣わないで話すようなると、その相手には逆に敬語が使い辛くなる。

勿論、その時点で自分がいかに間違った判断をしていたか認識はしていた。

ただ急に治すと、その場の女性と少し変な空気になったりしますし。

どうしようもなくなっていたのが、本音でしたね。

当たり前の話ですが、その女性との関係は、その後1ヶ月ほどで消滅してしまいましたね。

その時、思ったのが言葉遣いをゆるくすることが、若い女性との距離を縮める事ではないんだな。という事。
(年齢差が埋まるわけでもない)

もし、僕の年齢が女性と、近く若ければまた違った感じの結果が出たかも知れない。

しかしながら、現実問題僕の方が相当歳上。

当たり前の結果ですよね。

それ以降は、本当に言葉遣いを気を付けるようになった。


例え女性が、僕にタメ口で話をしてくることがあってもです。

僕の方は、毅然とした態度で、丁寧語で話をするようにしましたね。

すると、ほとんどの女性からパパは品があるよね。と言われるようになった。

きっと褒め言葉でしょう。

女性から、威圧的と言われるよりは遥かに耳障りが良かった。

もし、パパになっている男性で似た境遇の方が居ましたら、相手に伝える言葉を丁寧語に変えてみて下さい。

女性から、好印象を持ってもらえますよ。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集