乱痴気騒ぎのご相談

いい加減、自粛もどうなのかと思う今日この頃。

いつも倶楽部でお世話になっております。

池田です。


この記事を書こうと思ったきっかけは、一本の電話。

「どう?今年もあれやる?」

年に数回だが一緒に仕事をしている友人からの電話。

毎年、夏のイベント事業をサブの仕事で手がけているのだが、繁忙期の8月中は忙しい。

昨年は、鹿児島へ飛びイ○ン系列の商業施設内にて自動車会社と携帯会社とのタイアップ広告案件を手掛けていた。

鹿児島と言えば「焼酎」 そしてマイナーだが、「鳥焼き(焼き鳥じゃ無いよ)」「鳥刺」これらは間違いなく外さない。

あ、観光じゃなくて仕事で!でも、ほぼ毎日飲みに・・・笑

鹿児島女性とも2名ほど知り合うことができた。

そして、指宿市(これ読める人いるかね・・・)の砂風呂。満喫しながらの仕事だった。
 

で!あれとは!

その電話の「あれ」とは?

一連の繁忙期が終わってからの乱痴気騒ぎのことです。(笑)

仕事に携わった企業の役員を交えて…(高齢な諸先輩方は「寸志」だけ置いて行かれます笑)これが、楽しみにしている方が多い。

知っている方の間では、ある意味有名になってしまった。

そして

THE馬鹿騒ぎ(4〜6人ほど)

食事をしながら、泡を開けまくる。

ワインも開けまくる。

旅館の許可を得て全員水着でシャンパンファイトも。

テタンジェの9リットルボトルの差し入れも。



昨年は伊豆の旅館、その前年は金沢の旅館にて。

以前は先輩方が主催しており、コンパニオンを呼んで朝までコースだったのだが(古すぎ)、最近はプロに飽きてしまった為、素人女性を集める楽しみへ。

そこで、今年も開催の希望があった為倶楽部のスタッフへ相談していた。

場所は今年も伊東、逗子あたりの旅館を設定している。

従来の乱痴気騒ぎの予定ではあるが、あくまで倶楽部の規則に則り、倶楽部側からの参加男性は当倶楽部に入会していない知り合いなので誓約書の提出と「お食事会」での設定を求められた。

その後の交際について倶楽部は関与しないという条件で。


9月中旬
13:00頃 品川集合
16:00頃 旅館着

トイレ付き貸切バスで移動。(3時間ほどで行けるらしい)

女性へは品川までの交通費と御礼は当然支給のことだが、バス内でも景品付きアトラクションやドリンクと軽食を提供。

帰りは食事後解散で別便バス配備する予定。

しかし、宿泊予定もある為一応部屋の確保と翌日のバスも運行予定。

また、知り合って別でお持ち帰りされる方もいるかと予想。

というかそのパターンが割と多い。

「僕が帰りは送っていきますよ」とか「せっかくなので観光でもしながら帰りましょう」とかいう男性が多い。

開催が決定となれば、私個人持ちで150〜200はPayする予定。

その他開催費は参加男性陣と相談。

参加男性のプロフィールについては事前に参加される女性様へお伝えするような形を。

と、相談しましたが電話で

倶楽部スタッフ「ただ、コロナですから。。。」

私「ですよね。どうなるかわかりませんよね」

都内開催の方が集まりやすいという意見もありましたが、諸々の事情とその辺りの旅館に精通した友人がいる為、開催場所に変更は無いかと。

以上ですが、開催にあたり倶楽部の先輩方からコメントにて、アドバイスやこれは止めておいた方が良いといったご忠告いただければと思います。

まず、この倶楽部でこういうイベントを開催した事がない為どういった方がお越しになるかわかりませんし、よろしくお願いいたします。

遊び方には正直に

お口だけでいけたことが数えるほどしかない。

過去風俗遊びでずっと楽しんでいたが、結局それも飽きてしまっていた。
(んじゃ、お店ではほぼいってないって事?という質問に関してはノーコメントで)

5年も前にお付き合いしていた、デリ嬢のEちゃんからは

Eちゃん 「まじ?いけてないの?」

私 「まじで!」

Eちゃん 「紹介してあげよか?上手い子いるよ!」

私 「紹介ってあなたねー。」

Eちゃん 「賞金つけてやったら楽しそうじゃん!」 ←(脳内お花畑)


私「ちょいちょい!」


Eちゃん 「あーでも、紹介料ちょうだい!」

嬢同士のつながりは無いのがこの業界の常なのだが、この子は天性の明るさとギャルっぽさでつながりが異常に多い子だった。

当然、パパもたくさんいたわけで。

そんな経緯で「お口で抜いたら○○万圓!おフ○ラグランプリ」を不定期に開催している。

どこぞのA Vじゃあるまいし、アホか!と自身も思うのだが。

実際に賞金獲得できたのは、 、 、 2名(まじです)

まぁ、お口よりモノホンの方が良いのは変えようのない事実でございます・・・

最後までいけなくても、交際いただいた女性は御礼を差し上げてます。

また、その後別の方をご紹介いただいても紹介料は必ず差し上げております。



いつになったら、極上のテクニシャンと出会えるのやら。(参加したいと紹介される女性はそこそこいますが)

こんな感じで、大規模or個人の変態イベントを開催している。

変態紳士でありたい

おい!言ってる事とやってる事がかけ離れていないかい?

そこに関しては、率直にすいません。。。(プロフィールに不特定多数はいやだって書いてるやん)

ただの気分屋です笑

言うなれば、マナーを弁えた変態紳士を極めたい。

性病検査は毎月受けているし、基本的に女性の同意ありきの交際とお互いの感情を含めた良い関係を望んでいる事は間違いはない

だから、定期開催の「食事会」を今後も開催していくだろうし、「おフ○ラグランプリ」も開催するだろう。

そう言えば、前回の記事で「愛人からの卒業」について、記事を書こうと思っていたが、とんだ変態記事になってしまい申し訳ありません。

次回は、その「卒業」について書こうと思います。

去り際にもちゃんと交際の節目として大人として愛人として、それぞれ意見があると思います。

今後もコメントやアドバイスよろしくお願いいたします。
 

池田 秋志

後書

当初は、1、で書き記した乱痴気騒ぎの例年の写真を一緒にご紹介したかったのですが、了解を得られず、載せる事叶わずでした。

酒の写真だけ載せます(涙)
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集