交際クラブの初回デートでモテる会話のコツ

交際クラブやパパ活は大人の出会いの場として活用されています。

初回デートまでは辿りつけても、女性とどんな会話をしたらいいかわからない人はいるでしょう。

大人の関係を期待した前提とした出会いだとしても、やはり、トーク・会話が噛み合わないと居心地が悪いように思います。

また、トークが盛り上がらないことで、女性が飽きてしまったり、つまらないと感じさせてしまう事もあるでしょう。

そうなると、2回目・3回目以降の長期的な関係を築きづらくなるのは明白です。

今回は、交際クラブやパパ活でモテる会話・トークのポイントをまとめていきます。
 

交際クラブでNGなトークは下ネタ?

今回では、モテる会話のコツが存在します。

しかし、そもそも、女性に対してNGなトークを展開している男性がいるかもしれません。

NGなトークをおさえるだけで、女性と長期的な関係を築きやすくなる人もいるでしょう。

やはり、交際クラブやパパ活は、普通のコミュニティとは異なり特殊な出会いです。

そのため、交際クラブならではのNGトークがいくつかあります。

代表的で男性が陥りがちなNGトークは次の2つです。


<交際クラブやパパ活でしてはいけないNGトーク>

●自慢話
●下ネタ



交際クラブを利用する男性は、いわゆる富裕層がほとんどです。

自身の功績などを喜々として話すことで、無意識のうちにお相手に自慢話として伝わってしまうこともあるでしょう。

女性としては、自慢に聞こえる話や武勇伝はNGであることが多いです。

そのため、意識して自慢話を控える努力をしても良いかもしれません。

また、交際クラブは大人の出会いの場なので、下ネタOKと勘違いしてしまいがちです。

しかし、女性は過度な下ネタがダメな人が多いでしょう。

特に、交際クラブやパパ活で出会っているならなおのこと、紳士的に振る舞うことをおすすめしています。

あまりに、自身の欲をさらけ出してしまうと、引かれてしまうこともあるかもしれません。
 

交際クラブで好感度があがるトークのポイント

前項では、交際クラブでNGなトークのポイントをまとめました。

ダメな会話の基本がわかったところで、次は交際クラブで好感度があがるトークです。

交際クラブやパパ活では、はじめから恋人関係というわけではなく、金銭的な関係で繋がるなどの適度な距離感が求められることがほとんどです。

そのため、下ネタはもってのほかだとしても、口説く行為も控えておくと良いかもしれません。

交際クラブで好感度があがるトークのポイントを列挙していきます。


●知識がある
●雑談が楽しい
●女性に気持ちよく会話をさせる
●口説かない
●むやみにお相手の素性をきかない



これら5つをポイントとしてトークを展開するとうまくいきやすいと感じています。

まず、大前提として、主役は男性ではなく女性です。

そのため、おもてなし精神をもって、女性に気持ちよく会話をしてもらう流れを作りましょう。

また、交際クラブを利用する男性は40歳以降の方が多いでしょう。

年相応の知識があると、博識な人と好印象をあたえやすくなります。

そのため、デート時に話す会話も学生感を感じさせるトークは控えると良いでしょう。

交際クラブでは、素性を隠して徳を得たい女性が多いです。

そのため、初回デートなど関係性が希薄なうちは、素性を詮索するのはよくないでしょう。

それよりも、雑談を中心に会話を広げていく事で、仲を深めていくことからはじめることをおすすめしています。

また、初回デートでは口説き過ぎないことも大切です。

もちろん、ひとによっては、口説いてもいけるケースはあるでしょう。

しかし、交際クラブは、どちらかというとクリーンな出会いの場なので、それに似つかわしくないギラギラ感や口説きなどを感じさせると、好感度が下がるケースがあります。

お相手女性との歳の差を考えると、急な口説きは控えておくと良いかもしれません。
 

まとめ

交際クラブやパパ活の初回デートでモテる会話のコツをまとめてみました。

大人の男女の出会いだけに、下ネタOKと思ってしまいがちですが、より紳士的なふるまいをみせた方が好印象に繋がります。

また、雑談を中心としたコミュニケーションをはかり、女性に気持ちよく会話をしてもらうことを意識してデートすると良いでしょう。

デート中は、男性ばかり喋るのではなく、3:7前後の割合が好ましいです。

そのため、極力、女性に話をしてもらう会話の振り方とデート作りをしていくとよいかもしれません。

女性をおもてなしする気持ちを念頭に行動する事で、モテやすくなるかもしれません。

次回は、交際クラブでプレゼントの必要性について紹介していきます。
 

このカテゴリーの関連記事