2018年12月12日

印象を左右する事前のメッセージ

いつもお世話になっております。
『黄昏流星群』の石川恋さんがタイプのユニバース倶楽部大阪支店の福永です。

前回に引き続き今回も男性会員様に向けてブログを書かせていただきます。
※前回のブログはこちらです

セッティング業務をしていると「当日は楽しみにしていますとお伝えください」「○○さんの食べたいものを聞いてください」など女性へのメッセージをいただくことがあります。
こういったメッセージをいただくと会う前からいい方だろうなーという印象を持つと思います。

しかし、中には会う前から自分で自分の印象を下げてしまうご要望もあり、
もったいないなと思ってしまうケースがいくつかあります。
そういったご要望はマイナスイメージからのスタートになってしまったり、
そもそもそこが理由でデートにつながらない可能性もあります。

お控えいただけると、より素敵なユニバースライフになるのではないかと思い、
ブログを書かせていただきました。

それでは、印象を下げてしまう女性へのメッセージ例を2つご紹介させていただきます。
※お一人からのご要望ではなく、批判したいわけでもないことを予めご了承くださいませ。
※いくつかの例を混ぜているので実際の文言とは異なります。

例1「胸元が強調されるような服装、(もしくはミニスカート)で来てください」
お気持ちはすごくわかります!セクシーなほうがどきどきしますよね!
ただ、これをお会いしたことのない男性様のご要望として聞いてしまうと女性の中には、そういう方なのかなと少し構えてしまう方もいらっしゃるかと思います。

例2「①好きな映画は何ですか?②好きな色は何ですか?③、④、⑤、、、」のように女性にテストのように複数の質問をする
好きな色が黒の女性とはデートできない!返答によってはオファーを取り下げる!などのこだわりがあれば話は別ですが、単に知りたいだけなら会う前に倶楽部を通して聞くのは得策ではないと思います。

そういったご要望があること自体が問題なのではないのです。会う前から聞くことで「胸元強調おじさま」や「ミニスカ大好きおじさま」「質問攻めおじさま」のような先入観が生まれてしまうことが問題なのです。

きっと、気になった方とたった1回のデートするためにオファーをしてくださるのではないと思うのです。
会ってみてフィーリングがあえば長期的にお付き合いをしたいとお考えだと思いますので、それなら尚更、お会いされて関係ができてから直接お伝えください。
例1の場合は2回目以降のデートで叶えていただければ良いし、例2はお食事中にさりげなく会話に織り交ぜれば聞くことができると思います。

差し出がましいお願いですが、どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みくださりありがとうございました。
今後ともユニバース倶楽部を何卒よろしくお願いいたします。

ユニバース倶楽部 大阪支店
福永 涼太

ユニバース倶楽部関西支店では「期間延長キャンペーン」を実施しております。

詳細はこちらをご覧くださいませ。

福永 涼太

この記事の筆者

食べ歩きが好きです! 正直をモットーに日頃の業務の中で思ったことを発信していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。