2020年03月15日

「どうなんだろ、これ…」

平素より大変お世話になっております。
CustomerSuccessGroup Tokyo Unit
石崎 莉緒でございます。

実は既に入社から約1年が経つのですが、
こちらのブログで皆様にご挨拶させていただくのは「初めまして」でございます。

経緯は様々ございますが、
田舎者の新卒小娘が入社半年で部署内のチームを4か所も異動した話など、
皆様にはご興味のない話題かと存じますので、ここでは割愛させていただきます。

ブログでは「初めまして」でございますが、
ユニバース倶楽部のイベントにご参加くださったことのある会員様の中には、
お会いしたことのある方もいらっしゃるかと思います。
イベント会場でバインダー片手に忙しなく動き回っているスタッフを見たことはありませんか?…それです。

さて、イベント担当スタッフの石崎は、
今月始まったオンラインデートの売り文句を見て思いました。

「これは…実質イベントでは…?」

“男性会員様、女性会員様この様な経験をした事は無いでしょうか?
忙しい中デートの時間を確保して、事前にしっかりと準備をして、いざお会いして見たらフィーリングが合わずに残念な結果になった事が。”

“同じ労力、時間を掛けるなら他の女性に会った方が良かったかも…”

“この時間、違う使い方をしたほうがお互い有益なのに…”

実際にデートをする前に、通常のセッティング料より安めのお値段で、
少しお話をしてフィーリングを確かめる。
メリットはほぼ同じ、イベントとオンラインデート。
しかし、オンラインデートの概要を知った石崎は、こうも思いました。

「どうなんだろ、これ…」

確かに、男性様にとってはメリットの方が多いオンラインデートですが、
女性様の視点で見てみるとデメリットがあるのもまた事実。

・交通費がない
・男性様とお話をするための空間の準備
・30分間のためにヘアメイクをばっちり整える手間etc.

嫌な予感ほど的中するもので、
「オンラインデートお断り」の女性様がちらほらと…。

あぁやっぱりと頭を抱える一方で、オファーを受けてくださる女性様も、もちろんいらっしゃいます。

先に挙げたような手間をかけてでも、
出会いのチャンスを掴みたい!パパが欲しい!活動がしたい!
そんな意欲に溢れている女性様と言えるのではないでしょうか。

オンラインデートを受ける・受けないで女性様のモチベーションを二分できるとは思っておりませんが、
ひとつの目安にはなるのではないかと考えております。

最後になりますが、
初めまして且つオンラインデートの魅力をアピールするためのブログに
書き連ねた内容が後ろ向きなことばかりであることに、

「どうなんだろ、これ…」

と自問自答しつつ、終わりの言葉とさせていただきたいと思います。
ここまでご覧くださいましてありがとうございました。

CustomerSuccessGroup Tokyo Unit
石崎 莉緒

石崎 莉緒

この記事の筆者

東京に憧れと恐れを抱く田舎者です。 新宿駅と渋谷駅が怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。