2019年04月09日

【福岡】その名も飯乞食

春もお米が美味しいです。
万年食いしん坊の福岡支店 関でございます。

 

私は美味しいご飯を食べる時に凄く幸せを感じるので、よく友人と食べ歩きするのですが
30も手前、周りの女友達は彼氏や旦那持ちでつかまらない、気心知れた男友達は地元にいる、、、
恋人はいるけどギャランドゥが凄い&ナヨナヨしてる…。

 

という事でついに恋活アプリたるものを使ってみることにしました。(2X歳/独身/平成生まれ)

 

何のアプリかは伏せますが、行きたいお食事処を選び
マッチングしたら即日時を調整するというものなのですが、

いかんせんやり取りが面倒な私には合っているようで

予定が決まる 、決まる 、、。

その月のうち、女子会と休みの日以外は

予定がない日はない(現在3/24~4/20まで全埋)

と言っても過言ではないような気がしないでもないレベルの予定のうまりようで
私自身がびっくりいたしました…。

ほんの少しだけ、オファーが立て続けにある女性の気持ちを味わう事が出来ました。
現実は暇であればあるほど決まり易いシステムです。

 

 

そして実際に食事デートを楽しむわけですが(アプリの仕様的に奢りが多い)、
やっぱり気を遣ってしまいます。

食べたいものがあるのに「お任せでお願いします~♪」とか言っちゃいます。

だって、そこのお店そこそこ緊張しちゃう系の素敵なお店だったから…!

 

ということで

福岡で個人的にはすごく美味しかった&緊張する(いい意味で)お店をご紹介させてください。
基本お任せなのですが、相手の行きつけのお店がやはり素敵でした♪

 

ここ良いかも~って思われたら自分の行きつけにして頂いて…
女性に気に入られなかったら「関から勧められたから来たけどセンスが…!」と私のせいにしてください♪笑

 

 

▼西中洲 焼肉 楽久虎 (食べログ 3.47)

 

待ち合わせするなら、中洲 ホテルイルパラッツォがオススメ。
お相手にお任せしたのですが、普段食べないミノを初めて美味しいと感じたお店でした。

とにかくメニューが多いイメージなので、あっさりしたお肉が好きとか、ガッツリ食べたい等ニーズに合わせたお肉を選べる印象。
入口の雰囲気がとても良くて、店員の私ってもしかして特別扱いされてる⁉と思っちゃうお店でした。

ご飯ワンバンはお預けです。。。

 

 

▼西中洲 炭火焼き鳥 十炭 (食べログ 3.06) 

 

 

こちらも待ち合わせするなら、中州 ホテルイルパラッツォがオススメ。
こじんまりしている綺麗なお店です。
個室がお好きな方には向きません。
カウンターがメインで、静かに焼き鳥を楽しむ感じです。

 

 

▼天神 カジュアルレストランbassin(食べログ 3.50)

 

待ち合わせはプラザホテル天神がおすすめ。
天神界隈で「映え」を意識しておられる方にはダントツで推したいお店。
お刺身、お肉、和食、洋食、新鮮な野菜なんでもそろっています。
比較的開けた空間なので、個室希望の方には向きませんがすごくお洒落で女性うけはいいと思います。

二軒目はそのまま2Fのバキュースバサン(バー)に移動してしっぽり呑むのがいいですね。
「わたしのイメージでカクテル作ってください~♡」という無茶ぶりにも対応してくださいます。

 

▼博多 酒家鶏処 炭寅 博多店 (食べログ3.53)

 

 

待ち合わせは筑紫口出てすぐホテルセンチュリーアートがおすすめです。
博多店は地下にお店があるのでなんだか隠れ家っぽくて素敵です。個室もあります。

珍しい部位「そり」があるのが非常におすすめ。
焼き鳥以外のメニューが少ないのがやや残念ですが、焼き鳥は本当に美味しいです。
この日のお酒は進みました。

 

まだまだ福岡は美味しいお店沢山あるのですが、書き出したら止まらないのでここまでにします…!

福岡の会員様も、県外の会員様も是非一度この「交通費バックキャンペーン」をご利用いただき

 

↓詳細はこちら

 

女性だけではなく(それはそれは魅惑的かと思いますが)

ご当地のお食事もご一緒に楽しまれてみてください♡

ちなみに私はこの十炭に一緒に行った男性から、勝手に予約時間を変えられ

数十分寒い中待ちぼうけ、合流するやいなや

 

「2X歳まで独身とかどんな地雷女が来るかと思ったわ~」

「俺の事アリ?ナシ?」と聞かれ、

奢ってもらう分際でナシとか言えないよなあ~と思いながら答えると

「ぶっちゃけ俺、柚菜と付き合えるよ?大丈夫だよ?そっちは?」と幾度となく言われ

 

やっと解放される…!と思った矢先、先方が財布を忘れるという結末を迎え

普段やり取りさせて頂いている会員様って本当紳士的な方ばかりだなあ、、と身に沁みて感じました。

 

結論:何を食べるかではない、誰と食べるか でした。(私は)

アプリ辞めます。

 

以上、恋人がほしいわけでもパパがほしいわけでもお金がほしいわけでもない

ただただ美味しいご飯が食べたい、恋活アプリ飯乞食と呼ばれた女の戯言でした。

お目汚し失礼いたしました。

※こちら交際タイプ【A】女性を揶揄する記事ではございません。念のため。

関 柚菜

関 柚菜

この記事の筆者

磯ものとお酒が大好きな独身アラサーです。 愛猫を養う事が生きがいになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。