恋愛ワクチン 第五十三話 琴ちゃんと鈴ちゃん

琴ちゃんには一回り上の兄がいる。

少し変わった兄で、昔から琴ちゃんを着せ替え人形のようにして遊ぶのが好きだった。

コスプレ服を買ってきたり、時には可愛い下着を買ってくれたりもした。

危ない奴のようでもあるが、手を出してくるわけでも無いので、琴ちゃんは可愛いがられているのかなと思っていた。

琴ちゃんが女子高生になったある日、既に社会人になって働いていた兄から、職場の先輩を紹介された。

20才以上年上のおじさんである。

そのおじさんに、処女を奪われ、首を絞められ、気が遠くなりながら感じるセックスを教え込まれたそうだ。

マックさん「それって、お兄さんに売られたんじゃないの?」

思わず口を挟んだ。

琴ちゃん「うーん、そうだったのかなあ?」

マックさん「きっとそうだよ。お兄さん、自分が琴ちゃんとしたら、近親相姦になっちゃうから、先輩に差し出すことで、興奮したんじゃないかなあ」

マックさんの妄想が膨らむ。

琴ちゃん「よくわからないです」

セーラー服姿でおじさんに連れられ、ラブホに通ったそうだ。

琴ちゃんの恋愛遍歴は、数は少ないが濃い。

次の彼氏は大学に入ってからで、バイト先の店長だった。

ここは、よくある話である。

ところがある日、お店が終わった後、他の人が帰った店内でご奉仕させられていたところ、これまた10才くらい年上のオーナーが入ってきて、なんと、そのままオーナーも加わって3P。

マックさん「いや、それもさあ、店長がオーナーに琴ちゃんを差し出したんじゃないの?」


なんだか、売られやすい娘だ。

見た目は和風、色白な細身である。

決して、尻軽なヤリマンには見えない。

とにかく、その後は店長からオーナーへと彼氏が変わった。

いや、彼氏が変わったというよりも、所有者が変わったと言ったほうが、的を得ているような気がする。

今はオーナーとも別れ、しっかりした会社のOLをしている。

女性との経験も少しあるらしい。

いや、本当に不思議な性遍歴の娘だ。

琴ちゃんは、マックさんのコラムのファンで、女性がとても綺麗に描かれているところが素敵だと言ってくれた。

そうです。前回のコラム記事にコメントしてくれた亜麻猫さん。

彼女が琴ちゃんである。

コロナの緊急事態宣言が出る直前に、ぎりぎりセーフでデートしたのだった。

前回記事のコメント欄を読めばわかるが、琴ちゃん、私とのデートもさることながら、私が琴ちゃんの性癖を見抜いて、女の子との3Pを用意してくれるという点に歓喜している。

その背景には、男たちに売られて、首絞められる快感覚えさせられて、といった、普通とは言えない性遍歴が関係しているのではないだろうか?

いや、そう考えたほうが面白いからそうしておこう(笑)

琴ちゃんはお酒が好きだ。

最高の飲み方は、可愛い女の子からの口移しだそうだ。
 

実際の写真です。



お相手は、マックさんが用意した鈴ちゃん。

鈴ちゃんも数か月前にユニバでオファーした娘である。

鈴ちゃんも、堅い会社のOLだが、その反動なのか、好奇心旺盛で、誘うと何でも乗ってくれる。

先回のデートでは、ネックレスにコンドームをいくつかセロテープで留めて、全裸で首輪を付けてハプニングバーに乗り込んだ。

「このコンドームを全部使い切ると、ネックレスが貰えるんです。協力してください」



と、居合わせた男たちに懇願させるという趣向である。
 
たまたまなのだが、バーに縛り師さんが来ていて、上手に縛ってくれた。

あそこが丸出しで実に挿入しやすい。

鈴ちゃんはあの時の声が独特である。

本当に猫みたいにニャーと鳴く。

「ニャー、ニャーニャー」
 (注:挿入しているお腹の出たおじさんはマックさんじゃないです。知らない人。)



そんな鈴ちゃんに琴ちゃんの話をすると、

「女性との絡みは初めてです!楽しみです!」

とても元気に答えてくれた。

そして、鈴ちゃんと琴ちゃん、出会って30分後には、マックさんの仲介で日本酒の口移しの儀である。

次いでホテルの部屋で、これまた姉妹の契りを交わして(笑)、いざ、ハプニングバーに出陣。

琴ちゃんの第一の目標は女の子との3P、第二は、まだ行ったことが無いハプニングバーであった。

鈴ちゃんから前回行ったときの話を聞いて、琴ちゃんワクワクしている。

マックさんとしては、何でもいいから、女の子が喜んでくれると嬉しい。

最近通っている、20代30代が多く集まるハプニングバーに行くことにした。

たまたまその日は、若い男性が7~8人集まっていた。

ホスト上がりのチャラ男っぽい面子もいる。

琴ちゃんと鈴ちゃんを、例によって全裸に首輪と手錠で連れて、部屋に入っていくと、「おおーっ」と歓声が上がった。

これがけっこう癖になる。

優越感。

おじさんが、若者の輪に入れてもらうための手土産でもある。

あ、琴ちゃん、ここでもやっぱり「差し出されて」いるな(笑)。

琴ちゃん、性遍歴は変わっているが、実はまだ二十代の男の子との経験が無い。

一番若くて30代半ば。

マックさん「この中で20代の人いる?」

何人かが手を挙げる。

良かったね、琴ちゃん。

新しい世界が開くよ、きっと。

琴ちゃん、それから二時間ほどの間に、首輪と手錠のままヤリ部屋に寝転がらされて、居合わせたほぼ全員に挿入してもらって、これまでの男性経験数を一晩でしのいだのだった。

マックさんはと言うと、最近買ったVR撮影機材を持ってきて、AV監督よろしく動画を撮って遊んでいた。

やっぱりこういう若い男との絡みの方が画になるなあ。

帰りのタクシーの中では3人とも大満足。

しかしこれで終わりではない。

ホテルに帰って、さあ、今からが百合の活け花の本番。

マックさん、かばんから黒光りのするペニパンを取り出した。

目を輝かせる琴ちゃん。

「え?それ何?」と、とぼけながら、いやらしく口元を緩ませて楽しそうに笑う鈴ちゃん。

マックさんは琴ちゃんの腰にペニパンを装着してあげる。

マックさん「さあ、これで、男になった気持ちで、鈴ちゃんを犯してごらん」

琴ちゃん「えー、本当にいいの?鈴ちゃん」

鈴ちゃん「琴ちゃんがしたいなら全然いいよー」

最初はぎこちない。

だって琴ちゃん童貞だから(笑)

しかし、穴をみつけて挿入し、鈴ちゃんが例の猫のようなニャーというよがり声を上げ始めると、テンポが速くなった。

琴ちゃんの目がちょっと残酷そうに輝いている。

琴ちゃん、処女喪失から、おじさんたちに翻弄されてきたけど、本当は、こうやって支配する側をやりたかったんじゃないかなあ。

しかし、女の子同士の絡みって美しい。

まさに百合の花園。

しばらく鑑賞させてもらったあとで、マックさん、コンドームを装着して、琴ちゃんと交替。

琴ちゃんには鈴ちゃんの上半身担当してもらう。

二人が濃厚に舌を絡めながらキスするのを眺めながら、鈴ちゃんの膣で射精。

ああ、気持ち良かった。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集