パパになることは、女性のスポンサーになること。夢を追いかけている女性をみつけるためには、多くの女性と会ってデートして、支援すべき夢があるか見定めること

「パパ活」で「紳士な男性」がパパになること。

それは「純粋に夢を持つ女性」の「個人スポンサー」になるということを意味する。

しかし、人間誰しも「完璧な人間」なんてこの世に存在しません。

では、「夢を持つ素敵な女性」を見つけるためにはどうすれば良いのか?

それはシンプルに「より多くの女性とコンタクト」を取り、「より多くの女性と出会ってデート」をしていく事が、「一番の大事な要素」になるでしょう。


ではそれはなぜか?


理由は、そうして「実際会って」女性と「話す」事により

「この子はどんな夢があるのかな?」
「この子の育った環境は?」
「この子は本当に支援が必要なのか?」
「この子の目的は?」
「この子の夢に僕は共感できるかな?」
「この子を応援したいと思えるかな?」

など、全てがクリアになってくるからです。

僕も実際にそうでしたが、「出会ってデートする」事により「一つ一つの疑問を消す」事ができる。

「パパ活」というのは、どうしてもこれは、「男女お互いに言える事」ですが、「情報が全て行き届かない部分」がどうしてもある。

理由は、「プライベートな時間」を「男女で共有」するので、「本人の口から聞く」というのが根本的な部分になる。
(ナイーブな部分は尚更)

当然「夢の話」もそうです。

女性から、「私にはこういう夢がある」や「こういう夢があってもお金がなくて夢のための勉強すらできない」など、様々な悩みが想定される。

しかし、こう言った「男女間の繊細な話題」というのは、あくまで「パパ活」では第三者が割って入るより、「よりプライベート感」を大事にするのであれば、「深い話」は「本人同士」というのが一番関係性が深まる。

そこには、信頼性も生まれる。

女性が行う「パパ活」で、「パパとの関係の中」でそこは「かなり重要」になる。

「本人同士、しか知らない情報になるからです」

こう言ったものは、より「男女間」において「お互いの信頼関係」を深めるものだと僕は見ている。

ただその関係性を深める前に、まず「パパになる男性」は「相手の女性を知る必要」が勿論ある。

そういう意味でも「できるだけ沢山の女性」と「出会い」、そしてデートして色んなお話をしていく事が大事。

その中で、「自分がこの子の夢に共感できるか?」や「助けてあげたいと思えるか」と見定めていく事が肝になります。

当たり前ですが、ビジネスではない空間。

「プライベート」を「より居心地の良いもの」にするのであれば、尚更「大事な要素」になるはずではないでしょうか。

「男性から見る女性のパパ活」は、確かに「女性への一方的なスポンサー」という意味合いだけに感じる男性も居るかもしれない。


しかし、その解釈は間違っている。


それだけではない。


「普段過ごすプライベートの空間を超えるほどの楽しみ」という点もあると僕は感じた。

と言いますか、僕は実際そうであった。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集