2020年03月09日

タイプAは、今が狙い目!?

はじめまして。

2019年8月に入社いたしました、Customer Success Group Tokyo Unit の 葉山 慎司と申します。

現在40歳で、以前は、主に音楽関係の仕事をしておりました。

まだ20代だった頃。幸運にも恵まれ、とあるバンドのドラマーとして、念願のメジャーデビューを果たす事ができました。

かつてからの夢を掴み、調子に乗って舞い上がっていたのも束の間。プロという新たなステージで直面したものは、

「数字が全て。CDが売れなければ契約打ち切り!」

しかも、

「周りには、才能あふれる変人たちが山ほどいる!」

といった、息もできない程に厳しい現実だったのです(涙)…。

実質、私がミュージシャンとして、音楽活動だけで生計を立てる事のできた期間は、わずか数年。

食えない時は、居酒屋・ラーメン屋・カラオケ店・運送会社等でアルバイトをしながら、ライブ活動に励む日々でした。

そんな「売れなかった過去」も、今となっては、ネタにして笑い飛ばせてしまうような、とても愛おしい思い出です。

だけど、当時のピリピリした自分に、そんな大層な事を感じられる余裕なんて、カケラもありません(笑)…。

「若さ」ってヤツでしょうか?

自分を大きく見せたくて、何かにつけて、カッコつけちゃうんです…。

恥ずかしながら、当時は自信とかプライドだけは一丁前に持っていただけに、その「挫折感」と言ったらもう、

完全に天狗になっていた鼻っ柱を、バキッ!っと根元からへし折られたような衝撃だったのです(笑)!

バンド解散後、30代にして人生初の就活。10代の頃は、あんなに毛嫌いしていた「サラリーマン」となり、晴れやかな再出発。最初は飛び込み営業の仕事から、ガムシャラにやり抜きました。

そうやって、社会でイチから色々な経験を積ませて頂きながら、現在ではライフワークとして、ドラム講師をしたり、生演奏イベントを主催したり…。ゆる~く、ベストな距離感で、大好きな音楽活動を続けております。

そして40歳。不思議なご縁で、ユニバース倶楽部のスタッフとして、お仕事をさせて頂く事になりました!

まだまだ未熟者ではありますが、自分らしく男女会員様をサポートさせて頂く毎日は、想像以上にやり甲斐があり、とても新鮮で刺激的です。

と、自己紹介はこの辺までとして、そろそろ本題に入らせて頂きます!

唐突ですが、皆様は交際タイプAの女性にオファーをしたり、実際にデートをしたりといった経験はありますか?

例えば、女性のプロフィールページで、自分好みの「超どストライク!」な美女を見つけたとします。

だけど、その女性がタイプAと分かった瞬間、「なんだ、Aかぁ…」なんてタメ息をついて、自分の中のリストから除外してしまってはいませんか?

もしそうだとしたら、そのスルー、ハッキリ言ってもったいないです!

「宝くじ、買わなきゃ当たらない」という言葉がありますが、これは女性に置き換えても全く同じ。

「タイプA、オファーしなきゃ落とせない」

当たり前ですが、当選する確率が天文学的に低い宝くじの1等でさえ、日本の中で、確実に「誰か」が手にしているワケです。

それに比べれば、会えるチャンスがある分、タイプAの女性を落とす事なんて、チョロいと思えてきませんか?

もちろん、タイプAの女性が難易度高めなのは事実です。いや、高めどころか、

「肉体関係は一切なしでお願いします!」

と、男性に向けて言い切ってしまっているワケですから、ひとまずタチが悪い(笑)。

だけど、日々、女性の面接をさせて頂いている立場から申し上げますと、

「サラサラ当たる気なんてしないんだけど、その宝くじ、買うだけ買ってみたい!」

と思わされてしまうような美女が、タイプAには意外と多く存在します。

この時点で、すでにダマされているのかも知れませんが(苦笑)、極論、最悪ダマされたって構わない。だけど、まさかのまさか、一発逆転でモノにできたとしたら…?

そんな事を考えると、私は夜も眠れないワケで、所詮、タイプAの女性も人間であり、感情の生き物。

男女の関係に「絶対」なんてあり得ないし、実際に会ってお話ししてみるまで、勝負は解らないのです!

ある意味で、タイプAへのオファーは、0から1を生み出す「ナンパ」と似ています。

ナンパと聞くと、チャラいイメージを思い浮かべるかも知れませんが、実は男として、こんなにドラマチックな出会いはありません。

何しろ、負けて当然の「高嶺の花」に、あえて勇気を出して声を掛けるワケですから。

もし仮に、いかにも尻軽そうで、おまけに好みのタイプでもない女性を誘ってオッケーをもらった所で、何の喜びも達成感もないと思います。

それはナンパではなく、単なる妥協。もっと言えば、風俗と何ら変わりません。

皆様、交際タイプAの女性選びは、「妥協なきナンパの精神」でいきましょう!

まずルックス面での妥協をなくせば、女性のガードが堅ければ堅いほど、男心は燃えてくるものです。

自分好みのイイ女で、なおかつ、簡単には手に入らない特別な女だからです。

タイプAは、金銭的にも時間的にもリスクばかりが目立ってしまいがちですが、だからこそ、狙った魚を釣り上げた時の喜びは大きいというもの。

あくまでガードは堅めなので、ムリな急接近は禁物ですが、自分好みの女性に遭遇したら、タイプAでも思い切ってアタックしてみる事をオススメします!

とは言え、「少しでもリスクを減らしたい!」という男性様に、以下、「オンラインデートキャンペーン」の朗報です。

セッティング料は、なんと通常デートの半額!今しかない、この機会だからこそ、タイプAに狙いを定めて、いつもと一味違ったデートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

葉山 慎司

この記事の筆者

自身の成長こそが、会員様の満足度に繋がる事を信じ、日々精進して参ります。