パパになる男性って実際どうなの?

「交際クラブ」では、当然女性がメインの内容でスポットライトを浴びている詳細がほとんど。

しかし、「交際クラブ」で「パパ活」を希望する女性の背後では必ず「パパ」になる男性が存在し、女性と同じくらい大事な存在。

ここでは、そんな女性と同じくらい大事な存在「パパ」について語ろうと思う。
 

パパになる楽しさ

「パパ活」の上で女性目線での「楽しさ」や、「メリット」的な話は沢山インターネットでも見れる。

しかし、「パパになるパパ側の楽しさ」というのは、あまりインターネットなどで調べても全然触れられてません。
(ほぼ女性側の話ばかり)

パパになる男性は、紳士で毎日忙しい。

そして、インターネットにきっと情報を流さない「一つのルール」を守ってらっしゃるのではないか?と僕は思っている。

パパになる男性からすると、こんな楽しい事人に教えたくないですよね?何事もそうです。

例えば、お金持ちが「お金の稼ぎ方を、何のメリットもない所に、一から十まで情報をレクチャーするか?」というと、するわけありません。
(相当、ボランティア精神旺盛な方は別として)

それに、交際クラブでの紹介は、秘密厳守のプライベートな時間を女性と共有するもの。

きっと「紳士な男性」は、そこをしっかり理解した上で女性が行う「パパ活」において、パパになっているのではないでしょうか。
(暗黙の了解と言えば良いでしょうか)

人として、レベルが高いのは言うまでもありません。
(パパ活する女性も、当然「安心」出来ますよね)

さて、そのパパ活でパパになる楽しさとは一体?

それは、一言で言うと、パパになったその立ち位置から、その女性の成長を間近で見れる事ではないでしょうか?

「人の成長」というのは、わかりやすく言えば、お金で変えるものでは本来ありません。

なぜか?

それは、人一人が成長する過程で、必ず本人の努力がどうしても必要不可欠だからです。

「パパになる男性」は、その「努力」しても「資金」がないために諦めているそういった女性に対して、「資金援助」をする。

そして、夢を叶えるためのアプローチに対して一緒に協力するという、直接他人に邪魔されずに協賛できるところではないでしょうか?

他人に邪魔される事は、一切ないので女性とのプライベートな空間を維持したままできるわけです。

ここで、生まれるのが、「全て女性と相談して二人で乗り越えていく」という共同作業的な部分。

人間という生き物には、「喜怒哀楽」と言うものがある。
(メンタルは、ここでかなり上下左右する)

交際クラブで、紹介された「女性とのコミュニケーション」において、大事な点はまさにここである。

お互い、「喜怒哀楽」の全てを素直に見せれる場である。

勿論、女性は未成年ではありません。

パパ活をする女性は皆大人。

そんな、大人な女性が諦めずに夢を追いかけている。

だから、弱く脆く崩れている部分も沢山ある。
(余裕が無い女性は、本当に見ててわかりやすいです

「プライベートな空間」だから、女性も弱音を吐く事も多々ある。

それを、「パパになる男性」が「自分の目で選び」女性の夢のための「資金を援助」してあげる。

言い方を変えれば「個人スポンサー」になる。

会社など一切通さず、「完全プライベート」な「完全密閉空間」で「二人だけの時間を共有」していく。

そんな中で、女性と二人で「乗り越えていく壁」。

紳士で、「お金」も「地位」も「名誉」も持たれてる男性には、本当に楽しく思えるのではないでしょうか。

正直お金で女性は買えます。
(言い方は、悪いかも知れませんが世の中そういったお店は沢山あるのも事実)

しかし、「夢を持つ女性の個人スポンサー」になるということは、その女性の「夢」を「プライベートな時間を一緒に共有」して、「支援」するということ。

本来こういったものは「お金」では買えません。

「人間、体は買えても心までは買えない」という表現が一番しっくりくるニュアンスではないでしょうか。

まさにその部分が「パパになる一番の楽しさ」ではないでしょうか。

「パパになる男性」からしても、こう言った「満足感」はお金では買えないほどの「感動」があるはず。

実際に、僕は最初「個人スポンサー?」と言う具合に「疑問視」している部分はありました。

理由は、そもそも「交際クラブ」といったもの自体に理解がなかった。

しかし、実際に「交際クラブ」に登録して自分が「パパ」になってみて思った事があります。

それは、交際クラブで紹介された女性皆が、「純粋な心」を夢に対して持っている事。
(正直、これだけでも僕は感動した)

そして実際に自分がパパになり、女性の「熱心に語る夢」に対して「一緒になって応援できる喜び」。

普段の、何気ない会話から「夢に対して熱弁」し「時には涙する女性の姿」。

全てが、見れます。

パパになった自分が言うのもあれですが。

暇な毎日に新たなスパイスが加わった感じかな。

良い意味で、「新しい刺激」が生まれました。
 

このカテゴリーの関連記事