ユニバース初オファー&デート

限られたレストラン探し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
氏名 加奈(かな)
年齢 28歳
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ユニバースの女性につき、年齢・名前は仮とします)

会うのを決めたのはいいが、セッティングがちょっと難航して、年明けに会うことになる。

地方都市でレストランを探すのって意外と大変じゃないか?

そこそこの人生で、他人とあまり接触しな男性会員でもある程度の人脈がある。

しかもある程度の所得者や、上位クラスの女性だと更に難しいのではないか?

色々と考えても仕方ないので、

無難なレストラン、それでいて、会話が詰まってもいいように向き合う形をとらないようにカウンター形式の場所を予約してみた。



時間ぴったりに携帯電話が鳴る。

ぴったりという―あたり、彼女も意識されていたのかもしれないと、勝手に好印象になっていた。

「はじめまして♪」

ん?・・・・・・・

なんか東京でお会いした、どの女性とも違った。


今思えば木田社長が時々述べている、


プレミアム感のある女性は推奨しない・・という意味が少し理解できる。

しかもユニバースは画像加工していない分、実際に会うと更によく見えた。

ふんわり丸い感じの空気感だった。

トゲトゲしくもなく、女性としての凛とした感じもあり、とにかくバランスがいい。

普通の親戚の集まりにいそうな雰囲気だ。

やばい・・・・・
ユニバース倶楽部入ってよかった・・・・


食事もとてもいい感じ。

ただ、後半に入るにつれあまりに溶け込んでしまい、

正直お金の交渉をしてこの空気を濁すのは嫌だなあ・・・と思ってきた。。
(無料でという意味ではなく、リアルな金額交渉しにくい空気だった)
 

仕方なく金額交渉

あまりに下種なタイトルだけど、こういう雰囲気はなかなか無いのでリアルに描いてみる。

今まではすんなり、そういう関係だからと簡単に交渉出来たが、

私はなんとなく純粋な気持ちにさせられながら、女性にとって大切な内容を伝えられないまま、シティホテルの部屋に入っていった。

多分、この女性だったら、いくら提示されても付き合おうと思っていたのだと思う。

「すみません。お部屋までつきあってくれて。加奈さんがもしよろしければ長く付き合いたいと思っています」

「私もその方がいいです。」

「それでどのくらいお渡ししたらいいか、率直に教えて頂けませんか?」

一連の内容を確認して、そのまま2人はパパ活をスタートすることになった。


その後の事は、自然すぎてあまり覚えていない。

とにかく「好き」「好み」という感情より「長く付き合いたい」と自然に思った。

地元だからだろぅか・・・
 

ハリー・ウィンストン

彼女がシャワー浴びているとき、初対面でもっと何かできないかな?とベットで考えいた。

「ネックレスとかします?」

「えーしますよ」

「じゃ買いに行きましょう。顔バレ大丈夫ですか?」

「大丈夫です。バレたらバレたで何とかします!」

とりあえず、ヴァン・クリーフ&アーペルに入って定番のものを試しにいくつかつけてみる。


年齢的にも少し合わないかな・・・・もう少し大人のもの出してもらう。


何とかなるが、価格が倍近くになった。

これならばハリーウィンストンが購入できる価格帯になっている。

だったら後者かな。


「このお店はやめてもいいですか?」

店員も、ひょっとしたら彼女も価格が大きくなったので止めたのだと、そんな顔をした。


知り合いに店長がいたので、ハリーウィンストンに連絡して、店舗から送ってもらう事にした。
 

初めてのオファー

入会金とか、ネックレスとか100万円以上かけてもいいと思える女性だった。

私が決めたからそれでいい。

時価とはそういうものだ。

相場は理解しているが、値切るばかりじゃ男性も育たないと思うし。

出そうと思ったら出すのも男性会員の面白さであると思う・・ことにする。


後日何気なくユニバースのお客様の声(女性)を読んでいたら、
彼女らしきコメントが書いてあった。

彼女が他の男性とどうなろうが構わない。

パパ活の流れは少しは理解しているつもりだし。

この範囲以内で彼女と大切な時間が始まった。



斉藤さんだぞ♪

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集