本当に気持ちのいいSEXのオンナの合図

SEXは悪い事ではない!

入社時に代表の木田が「SEXは~」と普通にSEX,SEX言っていたのでビックリはした。だけど、自由恋愛の延長線上にSEXがあるのは自然な事なんだと思う。このユニバース倶楽部に入ってSEXは恥ずかしいものではないんだなと知ったし、快感を開放するだけでこんなにも楽なんだな~と思う。

①美肌&アンチエイジング効果

気になる美肌効果は、セックスの最中に分泌されるホルモン「エストロゲン」が重要。数ある女性ホルモンの中でも、美肌に最も強力な作用があるのがこのエストロゲンだ。セックスすることにより肌に艶やハリが出るのは、このホルモンのおかげだという。英紙テレグラフ(Telegraph)が伝えたウィークス博士の発表内容によると、定期的にセックスをしている人は、実年齢より5~7歳若く見える可能性があるという。これは「快楽物質」のエンドルフィンが分泌されるためだそう。

② カロリー消費効果

30分程度のセックスで男性は平均101kcal(毎分4.2kcal)を消費
30分程度のセックスで女性は平均69.1kcal(毎分3.1kcal)を消費
この数値はジョギングの半分程度です。
30分のセックス=15分のジョギング
1時間のセックス=30分のジョギングと同じ消費カロリーということです。セックスでエクササイズできるなら嬉しい話です♪

③前立腺ガンのリスク低下

アメリカン・メディカル・アソシーエーション・ジャーナルに、月に21回以上射精する男性は月に4~7回射精する男性よりも前立腺がんのリスクが低下するという研究が発表されました。性交渉の経験のない男性が前立腺がんと診断される可能性は、経験のある男性のほぼ2倍だった。

④ストレスの緩和

根拠がなくとも、なんとなく肌で感じている人が多そうな「ストレスを和らげる」効果。ある実験結果によって、正式にその効果が実証されました。スコットランドで24人の女性と22人の男性のセックスの活動を記録し研究が行われた。公衆の前でスピーチと数学の問題を解いた後彼らの血圧を測った。その結果性交渉を行っている人の方がその他の性的な習慣や行っていない人よりもストレスが低かった。

⑤熟睡できる

恋人との充実したセックスは、睡眠にとてもよい効果があるとされています。セックス自体の運動効果もさることながら、脳内は様々なホルモンが分泌されています。モルヒネの6.5倍の快感効果があるβエンドルフィン、集中力と快感をつかさどるドーパミン、そして幸せを感じるセロトリンといった、わたしたちに有益な快感物質がたくさん出ています。この状態はとても心地のよいもので、短時間で多くの快感を得ることができます。そうするとストレスも無くなり、心地のよい眠りへと誘ってくれるのです。

⑥免疫力が上がる

平均週1~2回セックスすれば、免疫力を高める効果を持つ抗体タンパク質の免疫グロブリンの分泌が促進され、風邪や他の感染症から体を守る機能が高められるとの指摘もある。
平均週1~2回セックスする人は、1回未満か全くしない人よりも免疫グロブリンが高いレベルにあることがわかったという(”Health Benefits of Sex”Examiner.Com.より)

本当に気持ちのいいオンナの合図

SEXって本当に相性しだい。本当に気持ちの入ったSEXは自分が男性を気持ちよくなってもらいたい、って思う。体の相性が合う男は指で体を撫でる時から、そしてキスでもうわかってしまう。キスは多分挿入より相性が分かる。自分から求めてするときはまた逢いたいと思う。反対にもう会わないって思うタイプは清潔感の無い匂いがキツイ人 ・そして気持よくなかった人。

滝田的なまとめ

SEXは最高。色々なメリットが本当にあると思う。ストレス発散ももちろん。結婚していたときセックスレスでイライラしてしまった事もある。女と見てもらえてない=SEXしたいと思ってくれていない。とか思っていた。本当にラブラブ夫婦の円満は性の満足、もあるんだと思う。女性として必要とされているって自分が綺麗でいなきゃって思わせてもらえるから、アンチエイジングにもなると思う。面接には時々既婚者の女性も来て頂く機会もある。とても綺麗で、スタイルもよくて、肌ツヤも性格もいい。だけど、性が満たされなくて思い切って登録に来てくれることもある。本当は人にいいたい不満かもしれないけど、友人にセックスレスでとお話するのは結構勇気がいると思う。だから面接では本音を正直にお話できる雰囲気、滝田自身の心のオープンさを大切にしている。

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集