支援すべきでないと最初のデートで判断した場合でも、少額のお金を渡すことは夢を追いかけながらバイトなどを頑張っている忙しい女性が自分のために時間を作ってくれた事への感謝の気持ち

「パパ活」で「最初にデート」をした時に、パパ側で忘れてはいけない1つ大事なルールが存在する。

それは、「どんな女性とデート」しても「パパになる男性」は必ず「足代」として「多少のお金を渡す事が必要」だ。

これだけ聞くと「なんで?」と思う方はいるかも知れない。

そこには理由がある。

「パパ活」をしてる女性は、毎日「アルバイト」や「夢のために一所懸命努力」して汗水垂らして毎日奮闘している。

ただ、その「時間」をパパになるあなたのためにバイトを休んでまで時間を作るわけです。

当然、パパになる事を希望してる男性よりも全然収入も少ない。

当たり前の話ですが、毎日食べて行くのでやっとの環境。

彼女たちには、時間もありません。

こう言った部分を、「パパになる男性」は理解をして女性に対して「紳士」で居続ける必要がある。
(所謂、大人な対応というやつです)

目の前に立っている女性が、「頼りたい」と思える男性か?という大事な部分。

「セレブな大人の世界」なら「常識」かも知れませんが、「紳士な男性」なら「少額」でも渡し、必ず「今日、来てくれてありがとう」「今日は、時間を作ってくれてありがとう」と相手にリスペクトをするはずではないでしょうか。

その自然な行動が、「パパ活」する女性から男性を見た時に、「紳士な男性」「素敵な男性」と判断する1つの基準になり、「好印象」を持って貰える事にも繋がる。

例えば、ビジネスでも、相手の会社に手ぶらではいかないと思います。

何か、菓子折を持って行ったりするのではないでしょうか。

何か商談があり、それがこちらの都合に合わせて相手が時間を作った環境であれば、当然「足代」は支払うはず。

まさに、「パパ活」では女性に対して「必ず決めたいビジネスの商談相手」にする振る舞いと同じ感じで、最初接すると良いと思う。
(理由は、極端ですが「相手を大事に扱う」という行為が似ているからです)

そのくらい、「パパ側」が最初に「大人な対応」をすると、相手の女性は必ずそう言った行動をしっかり見ています。

女性の内心は、「なんて紳士な方」と思っているはず。

「パパ活」でパパになる男性は、皆こういう女性に対しての扱いが当たり前のようにできてる方が多いと思うので、野暮な話かも知れなかったですね。

ただ、もしそう言った「紳士な行動」という意味がイマイチわからない方。

是非ご理解下さい。

上記のような行動は、積み重ねは非常に後々正直響いて来ます。

こういった「レディーファースト的要素」と「社会的紳士な行為」は、「パパ活する女性」には「非常に有効的」に使える。
(必ず、パパになる男性の立ち位置を忘れてはいけない)

そして、パパになる男性は、「紳士な行動」という部分において「1つの基礎ルール」として、女性に対して振る舞う必要があるので、絶対に忘れてはいけない。
(特に、口を酸っぱくして言うが、最初の足代などは必ず忘れてはいけない)
 

このカテゴリーの関連記事