パパ活座談会・開催の経緯

男性会員から男性会員にオファー?

ユニバース倶楽部では、ブラック会員になると男性会員に担当というものがつくらしい。

私の担当は大城さん・・・だと思う。
(特別に何か言われたこともないので勝手にそう思っておくことにする)

 大城さんの入社4年前からのお付き合いという事になるだろうか・・・・・

年末に大城さんから連絡が入る。

「シークレット女性の紹介だろうか?」と思いながらお話を聞いてみると「男性会員様が斉藤様にお会いしたい」という電話だった。

ブログやその他から、パパ活を通してお会いしたいというリクエストは時々ある。

ただ実際にお会いしてみると、いちいち経費で支払うのにお金持ち自慢をされる。

支払いが遅い、渋い、タクシーまで領収書をもらう。

と、少しうんざりしていた。


そんな理由もあり、いつもはお断りしていたのだが、大城さんの

「そういう方とは違うと思います」

というお話に引き込まれていった。


ユニバース後輩の牧さんという方の担当男性会員様で、相当ユニバースから女性紹介したのですが、ピンとくる方がおらず、あげくの果てに30名以上の女性を一度に集めてお食事会をされたりしているんです・・・・と。


すごいなー

私でも1度でそんなにオファーした事がない!

私もお話が聞きたいなぁ。

少し興味を持った。

自分と違う行動を取っている人を知ると、無条件で興味を持ってしまう。


私もお会いしてみたい。
 

男性会員同士のセッティングは禁止です

そのまま大城さんにokをして、日程調整を進める事となった。

もちろん、男性会員と男性会員のセッティングなどイレギュラーなので(本来ダメなんだと思う) 大城さんが実現に向けて様々な調整をしてくれた。


結果


私たちブラック男性会員2名に対して、それぞれ2名、計4名のブラック女性を新規オファーする。

ユニバーススタッフ担当2名も同席する。

更に、ユニバースの取材として外部の雑誌編集者も同席する。

予め解散時間を23時を約束する。

という、複雑でみんなにメリットがある形を形成し、3か月後の日程調整をし、実行する事となった。


「パパ活取材の座談会」


こんな複雑な大義名分で、会社からもokもらったんだろぅなぁ。


新しい事に寛大なユニバース倶楽部。笑

だからマナーと配慮が必要だと思う。

ルールがないから好き勝手やっていい訳ではない。

大城さんや、牧さんが、いつも裏で調整している事を忘れてはならない。

他にも4つの交際倶楽部に入会している私にとって、わざとスキを作ってくれているユニバースの姿勢が少し好きになっていた。
 

費用の負担とオファー女性の難航

一番最初に確認しておかなければならないのが「お金」である。

どちらが支払うのか、それが支払い時になると、初対面としては面倒になりかねない。

出来ればスマートにしておきたい。

担当の大城さんには、オファーを頂いた感謝の気持ちを込めて「座談会の食事代を私がすべて支払う」という気持ちを伝えた。

早々に折り返し、大城さんからブラックの男性会員(以下Tさんとする)から回答があった事を告げられた。

私からオファーさせていただきながら全額斉藤さんにお支払いをさせてしまうのは恐縮です。提案なのですが、その他の費用、女性のセッティング代金、2次会の費用、こちらで持たせてください」


なるほど。

返信と支払い回答が早い人は好かれるのだが、ユニバースのスタッフがTさんを好きなのはうなずけるような気がした。

そして、とても難儀したのが女性オファーだった。

「その日程では難しいです」

「食事会はご遠慮しています」

「取材はとても怖いので避けたいです」


私がオファーした全ての女性に断られてしまい、最後は大城さんのお勧め女性に委ねる事となった。
(お断りした女性もこのコラムで結果を楽しみにしているらしい)

お食事会なので交際タイプAでいいような気がしたが、ふたをあけてみれば、交際タイプBとCの女性ばかりだった。

そして、10名のメンバーが決まった。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集