~パパ活座談会スタート♪~

【女性】
某出版社ライターさん
ブラック女性・品の良い世田谷さん
プラチナ女性・女子大生
ブラック女性・アイドルさん
ブラック女性・美人さん
他交際倶楽部在籍シークレット女性

【男性】

ユニバース倶楽部スタッフ大城さん
ユニバース倶楽部スタッフ牧さん
ブラック会員Tさん
ブラック会員斉藤さん


こんな10名で食事会がスタートした。

席は私が勝手ながら、Tさんを中心に配置させていただいた。

そう・・・・・席順はとても大事だ。

早速、Tさんは私をはじめ、女性の皆様にひな祭りのお菓子を渡していた。

女性もおのおのお菓子を渡したり、プレゼント交換のような形となっていた。

そんな中、ちょっとした和菓子を渡してくれた世田谷さんはとても好感が持てた。


事前にプロフィールを調べて、盛り上がれる女性と、お酒が飲める女性をピックアップし、乾杯はクリュッグと日本酒のスパークリングでスタートした。

通常ならば、クリュッグの方に人気が集まるかと思いきや、日本酒のスパークリングが瞬殺していた。

なかなか面白い展開になりそうな予感。

 

~奇妙な自己紹介と質問コーナー~

 ユニバーク倶楽部の牧さんの乾杯の音頭からスタートしたが、牧さん挨拶がグタグタだということはこの時初めて知った。

でも、みんなの不安を払拭するかのように、場が和んだのは言うまでもなく、大城さんは部下のそんな様子を暖かく見守っていた。

乾杯からの各自の自己紹介。

座談会ではパパ活月収の報告までしていただいた。

「〇〇と申します。経営をしています。パパ活月収は20万円ぐらいです♡」

「おぉー」

「すごいー」

とみんな自己紹介に一喜一憂。

こんなに真剣に自己紹介を聞くのも少し面白い。

今回のメンバーは結構ゆとりのある方々なのか、

「お金ではない」

「経営者の方とお話がしたかった」

など、真剣な方が多い印象だった・・・・・・が後でその意味が面白くわかった。


出版社の方から次々と質問がでてくる。

「大体、一回のお手当で、何人パパがいらっしゃるのですか?」

「私は一回のお手当が8万円で、月一のパパが6人と他に数人います」

「私は一回のお手当が10万円で、お食事だけだと5万円とか、パパが8人ぐらい」

え・・・・、最初の自己紹介の月収と計算が合わないでしょ。

ほぼ全員月収嘘ついていたようで、なかなか笑えてしまった。


そして、ブラック女性の年収1000万円越えは、まぁまぁ多くいそうだなぁ・・と思った。

雑誌編集者の鋭い質問とお酒がどんどん運ばれてくるので、女性たちはすっかり「ウソをつく無駄さ」にいち早く気が付き、女子会のような会場となった。


これも全て、カフェでお茶している時から場を暖めていた他の交際倶楽部のシークレット女性のお陰である。


続いて、出版社の方からの質問が続く。

「男性会員に絶対に内緒にしている事は?」


「夜の仕事をしていることは絶対にいいません」

同性女性からも綺麗・・といわれていた美人さんが真っ先に回答する。

「他に男性と付き合っていない事にしている」

など、他にも面白いお話がでてくる。

この食事会はウソをつく方が面倒だと思わせてくれるから楽しい」

アイドルさんが私にだけ聞こえるようにそっと話していた。

 

~ブラック会員Tさんのすごさ~

Tさんも男性会員の面白いお話や、パパ活で体験したスケールの大きいお話をしてくれていた。

1か月でパパ活、2000万円遣ったお話。

女性との交際時、お手当を7とか渡しておいて、帰り際に更に3万円の追加のお礼金を渡すと、喜びが大きい・・というお話。

百貨店の外商で100万円自由に買い物をさせてしまったお話。

実体験をもとにしたお話に、女性たちは、

「そんなのされたら惚れてしまう-」

「やばい」

と大盛り上がり。

世の中がリーマンショック以上の不景気なのに、ここだけバブル状態であった。

そして、Tさんの話題で盛り上がりつつも雑誌編集者さんへの気配りを忘れない。

本当に素晴らしい男性会員だった。

Tさんの一声からスタートした食事会、昨年と比較してものすごい盛り上がりをみせている様子に大城さんは安堵し、牧さんはTさんと雑誌編集者の方に配慮し、女性たちはただただ飲み続けていた。笑

 

このカテゴリーの関連記事