お年玉キャンペーンによる衝撃 第2話

【前回からのあらすじ】

ユニバースに入会し、4か月が経過し慣れてきた頃、お年玉キャンペーンとの名のもとに夢のような企画が舞い降りてきました。

ユニバースが一つの願い事を聞いてくれるとのこの企画。

私は間髪入れず、10万円で6人オファーを頼む!と要望。

ユニバースからの回答は、ケチすぎてNGとの厳しいもの。

しかし、そこは優しさもあるユニバース。

5人なら良いよとの回答をなんとかいただきました。

テンション上がりつつすぐ入金。

と、トントン拍子で欲望のままに進めたものの、よく考えたらそんな時間ある?

キャンペーン期間は二か月。

その間で5人に会う。。。

一応まともに仕事をしているので、時間がない。

しかし、こんなに時間ってあったんだと思うぐらい、切り上げ切り上げで時間を作り、結果5人と会うまでは現在完了しております。

【前回は二人目の子。今回は四人目の子】

今回は、そのなかで、四人目にオファーした女性にフォーカスをあてます。

彼女はMA。プラチナ女性。

写真は派手、リアクションも派手、動画は豪快。

ユニバースのお薦めであり、期待して当日を迎える。

当日は、時間になっても来ず、10分遅れで電話が。

あやまりもなく、「大丈夫か??」と思いながら歩いて予約したお店へ。

会ってみると、イメージと異なり静かな感じ。

店に入っても

人見知り??

と思えるぐらい静かな感じ

二の腕は太く、肌は荒れ気味で、ユニバースの動画とは相違あり。

私は、スレンダーが好きなので、大柄太めはかなりマイナス。

そんなこんなで何とかテンションを下げずに会話を盛り上げた。

私が話を盛り上げようと色々話をしていくと突然MAの携帯が鳴り、MAから、

「電話出ても良いですか?」


ん?

と思いながらも

「どうぞどうぞ」

と紳士な対応をしてみる。

すると、電話を持って外へ。。。

そこから、20分戻らず。

場所は、若者に人気の綺麗なカフェだったので、一人でいると気まずい。

私は携帯をいじりながら余裕を装い、待ち続ける。

そして、MAはさすがに申し訳なさそうな顔をしながら、カムバック。

私は、遅刻も含め少し怒りモードなものの、顔に出さずに再び会話の盛り上げスタート。

色々ヒヤリングしていくと、彼女はブランドの路面店で勤務しており、先程の電話はお客様からのトラブルの電話とのこと。

そして、ブランド店であったとしてもアパレルは給料が少なく、ユニバースの活動でなんとかプラスアルファを求めているとのこと。

色々聞きだしつつも、私の気分も晴れないため、店をホテルのラウンジに変え、条件交渉を試みることにする。

ホテルのラウンジへの移動が功を奏したのか、会話が盛り上がり出す。

話題も、ラーメンと漫画の私の最近のヒットが彼女のストライクにはまり更に盛り上がる。

そしてその流れで条件提示。

風の便りに聞く最低条件を提示したところ、すんなり了解。

平日ということもあり、このままホテルでゴールインも可能。

しかし、遅刻や電話と二の腕の太さが頭を過り、気持ちが盛り上がらず。

次回へ繰り越して再考しようかと悩み始めたその瞬間、私がユニバースへ紹介しようと思っていた先輩からTEL。

「今日、飲もうぜ。夜遊びしようぜ。」

とのお誘いのTEL。

ここで、良いことを思いつく。

私からMAへ

「会社の経営をやっている先輩を呼んでも良い?」

と質問。

すでにテンションノリノリ、ユニバースのプロフィールそのままに復活していたMAは、OK!と即答。


3PもOKの勢い。。。


先輩登場し、更に盛り上がる。

さあ、どうする。。。

私は先輩にアイコンタクトし、MAへ

「今日は仕事に戻らなくてはならないから、俺先行きます。」

と途中退席を試み、悲しいかな引き留められずにスムーズに成功。

先輩には、普段から色んなことでお世話になっており、仕事もたくさんいただいている。

そして先輩の趣味は、大柄な女性。

バッチリ!!

後に聞いたところ、その後盛り上がり、そのまま上階へ移動しベッドイン。

その後も3万ぐらいのカバンを買っただけで、関係は続いている模様。

先輩からは感謝され、お返しに仕事も振ってもらえキャンペーンに使った紹介料の半額がバックされる結果に。

遅刻と電話でイラっとし、タイプとずれた女性に安い条件だからと無理やりGOするのか自問自答していたところに先輩の助け舟。

今回は「一石二鳥」「急がば回れ」の言葉を地で行く出来事で、三人ともWINWINでハッピーエンド。

以上。

そんなこんなな四人目の紹介でした。

お年玉キャンペーンでは他にも色々な特徴を持った女性が登場し、まさにゴレンジャー。

今まで、今回を含めて二人目と四人目の女性を紹介しました。

現在、そこから3か月経過し、一人目と三人目と続いています。

つまりは、コラムで記載した特徴持った二人とは続いていません。

続いている二人は成功事例ですので、後日、詳しく記載します。

ん?あと一人いますよね。

確かに。

今回のキャンペーン、成功をなんと捉えるかですが、性交を成功と捉えるのではなく、条件提示によるマッチングを成功と捉えた場合は、4勝1敗でありました。

性交を成功と捉えれば、3勝2敗でありました。

そうです。あとの一人は失敗です。

この失敗談も成功談のあとに反省を踏まえてコラムしますので、少々お待ちくださいませ。

成功と失敗。

ぜひ参考に皆様も楽しいユニバース活動続けてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ペンネーム:れいわーるど
 

このカテゴリーの関連記事