暴走! 国民的アイドルに中出し 第3話

皆さんこんにちは! 迷走煩悩こと蛇の目です!

先日、蛇の目のお気に入りリスト上位からひとり削除いたしました! 有名大学4年生のマイちゃん、学内のミスコンにもノミネートされた美女です。小柄ですが抜群のスタイル、ロリコン顔、そして顔に似合わぬテクニック。月に1回は会って旅行に連れていったり可愛がっていたのですが、しばらく会わぬ間にとんでもない勘違い女に変化しておりました。

いつもデートは夕方からゆっくり食事、その後ホテルで24時前にタクシーで帰宅させていました。お手当は5万円です。ところが、5万円なら4時間以内、5時間なら6万円と言い出す始末。何やら新しいクラブに登録したら、4時間で6万円の評価を受けて値上げしたとか(笑)

交際クラブでは拘束時間を基本4時間とアドバイスするところが多いですが、一度関係が成立したら時短や値上げはNG。マイちゃん一時的には指名が入っても、現在交際は買い手市場。淘汰されて値下げか引退になると予想します。

グラビアアイドル性交への道 その5で登場した、一人二役の麻央(麻耶)ちゃんも、DVDが売れてきたとかで2万円の値上げを要求する始末。即刻放流しました。しかしクラブでの指名が激減して交際を引退。今は看護師として働いているそうです。その方が堅実だよ!

交際はいろいろと奥が深いです(笑)

さて、前回はJ子ちゃんの驚愕の一言「外ですか」発言から起死回生の中出しに成功した蛇の目。そして至福の夜を楽しみ足りない蛇の目は、さらなる下心を出して展開を図ろうと……。

今回、「第3話:J子ちゃんのマンションは歌舞伎町?」をお伝えいたします。

それでは早速。

蛇の目:
「J子ちゃんどこに住んでるの?」


J子:
「実家は○○区ですけど、今は新宿三丁目でひとり暮らしです」


蛇の目:
「二丁目ゲイバー街の近くか。タクシーで送ってくよ」


あわよくばJ子ちゃんの家に上がり込みたい蛇の目です。

J子:
「え、蛇の目さんゲイバーとかよく行くんですか?」


蛇の目:
「年に数回程度かな、大学のころはよく行ってたよ。ゲイにお尻を触られるけど、毎回2,000円でいいって言われたから友だちも連れて行ってたよ(笑)」


J子:
「あたしも行ってみたいな」


蛇の目:
「え、マジで? いいけど、店小さいから席が空いてるか聞いてみるね」


カウンターなら大丈夫ということで、新宿二丁目のゲイバーへ向かっております。蛇の目より年上のお爺さま……いや、お姉さまふたりがやっている老舗です。

ともあれJ子ちゃんとの延長戦に突入。レッツゴー!

ゲイのたけちゃん:
「あらー、蛇の目ちゃん何十年ぶり? また若い子連れて~。援交なんてしてると捕まるわよ!」


蛇の目:
「相変わらずですね、友だちのJ子ちゃんです」


ゲイのたけちゃん:
「あら可愛い、若いし頭に来るわね! 一応聞いてあげるわ、おいくつ?」


J子:
「20歳です」


ゲイのたけちゃん:
「まぁ~20歳! 何してらっしゃるのかしら?」


J子:
「えと、女優目指してます」


ゲイのたけちゃん:
「女優ってAV女優かしら?」


J子:
「違います(笑)」


ゲイのたけちゃん:
「お客さんからいただいた大人のおもちゃがあるからお仕事に持って帰ってね」


J子
「はい、じゃあいただいて帰ります(笑)」


流石芸能、J子ちゃんもジョークで返します。

たけちゃんがおネエ言葉で苛めまくり。J子ちゃんも初めての世界のようで楽しんでるみたいです……まあ、この展開がゲイバーの売りなのですが。

何だかんだカウンター越しに楽しんで2時間以上も絡まれちゃいました。たけちゃんがもっと飲んでけとしつこいので、J子ちゃんをタクシーで送ってまた戻ることに。

J子:
「今日はありがとうございました!」


蛇の目:
「来てくれてありがとうね。また会えるかな?」


J子:
「はい、私もまたお会いしたいです! 来週とかどうですか?」


蛇の目:
「(え、来週?)スケジュール確認して連絡するから電話番号教えて。あとでSMS送るよ!」


J子:
「はい、これです。あ、ワン切りしてください」


蛇の目:
「了解(ピポパ……プルル)はい!」


J子:
「ありがとうございます! おやすみなさい!」


蛇の目:
「はーい、オヤスミー!」


電話番号交換も終わってたけちゃんのところに戻ります。しかしJ子ちゃん、なんでこんな場所に住んでいるんだろ?

まあ取りあえず戻んないと、たけちゃんからまた滅茶苦茶言われそうだからなー。

ゲイのたけちゃん:
「あの子、○K○の子でしょ?」


蛇の目
「えっ何で? わかった?」


ゲイのたけちゃん:
「あたしだってテレビくらい見るわよ! それよりあの子、ホスト行ってるわよ!」


蛇の目:
「マジで、どうして分かるの?」


ゲイのたけちゃん:
「見た感じで一発よ! 住所は三丁目だけどあそこは歌舞伎町よ! 普通の子は住まないわ。住んでるのは風俗とか夜の人ばっかりよ! でも風俗やってる感じはしないわね。売れないホストのところに転がり込んだか、ホストが部屋借りさせたんでしょきっと! 蛇の目さんお金ねだられてるでしょ? ダメよ貢いじゃ」


畳みかけるようなたけちゃんの指摘が余りにも鋭いので蛇の目はタジタジです……。女の勘というやつなのでしょうか?

ゲイのたけちゃん:
「あと、あの子相当なスケベね!」


蛇の目:
「え、何で分かるの?」


ゲイのたけちゃん:
「おもちゃあげるって言ったとき、目が輝いたのよ! 蛇の目さんも大人のおもちゃプレゼントしてあげたら? キャッシュよりもそっちの方が喜ぶわよきっと」


J子ちゃん、たけちゃんからケチョンケチョンに言われています。それだけじゃ収まらず……。

ゲイのたけちゃん:
「それに身の程をわきまえてないわね女優なんて! ○K○なんて素人じゃない!」


蛇の目:
「でも別のプロダクションへ移籍して女優目指してるみたいですよ」


ゲイのたけちゃん:
「なれるわけないでしょ! うちも○○とか女優さんたちがよく来てくれるけどオーラが違うわよ!」


そういえば昔このお店で勝手にシンドバッドさんにもお会いしたな……。たけちゃんはさそり座のあの方とも内縁だったことがあるそうで、芸能界のオフレコを良く聞かされました…… 。

可愛らしくて清楚な国民的アイドルのJ子ちゃん! 本当にホストクラブに行っているのかな……?

まっ、ホスト狂いでも何でもいいや、もう1回中出ししたい!

翌週では近すぎると、J子ちゃんと再会するタイミングをためらった蛇の目ですが、翌日になるとまたすぐにやりたくなってきました。

正直に言うと、たけちゃんのお店から家に帰ってきてベッドに入った瞬間にまたもや……。いえ、読者には楽しい話ではないのでやめておきます。

すぐにメールをするとウザがられる可能性もあるので、数日たった週末にメールをしました。数時間すると返信もきました。

蛇の目:
(今月中にどこかでまた会いませんか? 今度は何料理が食べたいかな?)


J子:
(こんにちは! お仕事お疲れさまです。再来週はどうですか? 和食がいいです)


おお、相変わらず礼儀正しくていい子だな! 来週じゃないのか、生理かな?

蛇の目:
(じゃ、土曜日の午後とかどうかな? 和食ってお寿司でいい?)


J子:
(お寿司嬉しすぎます! 土曜の午後大丈夫です。楽しみにしてます)


築地のお寿司屋さんに行くことになりました。予定はまだ1週間以上先だけど何かムラムラするな。またJ子ちゃんで結構アレコレ考え出してしまいました。

でも、たけちゃんのあの発言が気になります。え、ホストが気になるかって? そっちも気になりますが、やはり「大人のおもちゃ」です。

たけちゃん曰く、目が輝いたと……。使ったことあるのかな、30歳過ぎの元カレと。それともすでに愛用者だったりして。

その後、蛇の目は新橋のアダルトショップに行ってしまいました。10年ぶりです。当時お付き合いしていた子に「Iバック」を着けさせたくて買いに行って以来です。

蛇の目はエッチ大好き人間ではありますが、基本AVは見ないのでローターや電マ等の器具には興味がありませんでした。

というか、普通の子におもちゃ攻めをしたら変態扱いされないかと敬遠していたのですが、若手に話を振ったら結構普通のカップルにも普及しているようで驚いた次第です。

店員さんのお勧めで「リモート型ピンクローター」「装着型専用パンティ」「ローション」の3点初心者向けセットを購入しました。

ウヒヒ、これでJ子ちゃん調教しちゃおうかなー! 愛用者だったら話早いしなー! リモート型ピンクローターを使って電車の中で変態プレーしちゃおうかな! その辺はしっかりとAVを見ている蛇の目でした。

あ、それとH社長が言ってたアレもやってほしいなぁ。そればかりはお店で買う勇気がないので、通販でいろいろと検索しております……。あ、これこれ、うん、これであれさせちゃおっと! と、ひとり嬉々とする蛇の目でした。

次回「第4話:会いたかったーイェイ! J子ちゃん開発計画」をお楽しみに!

迷走煩悩こと蛇の目でした。


なお、この物語はフィクションであり実在の人物団体とは一切関係ありません。仮に現実と似てるような部分があったとしても、それは皆さまのご想像の中でのこととなります。

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集