日本穴埋め棒協会について①

ユニバース倶楽部以外での経験ですが、倶楽部での活動にも通ずる部分があると感じたため、コラムにしてみました。

質問箱でもまれに、好きになったなられた。

というニュアンスの質問や相談が見受けられます。

どんな出会いであれ、セックスをして仲良くなると、どうしても気持ちが入ってしまう事がございませんでしょうか。

私もまだまだ若いつもりですし、人間と人間、男女の付き合いなので、どうしてもそういう事もあると思います。

私も実際に過去そのような経験があります。

これからの倶楽部での出会いでもそのような経験をするかもしれません。

しかし、本気になっても何も良い事がありません。

相手も自分も傷つくだけ。

関係も壊れます。

本気で好きにならないために常日頃、自分に言い聞かせている事があります。

それは、


私は決して本命では無く、女性が不足している金銭等の穴を埋めてあげるだけ、そう自分はただの穴を埋めるただの穴埋め要員なのだと。


いや、もはや人間ですら無い

ただの



「穴埋め棒」



なのだと。
 

あやちゃんとのある夜

あやちゃん(仮名)は当時付き合っている彼氏もいる、ただの後輩の飲み友達でした。

お互いに下ネタや恋愛や交際遍歴を話せる、ただの気を使わない友人といった関係です。

私もどうこうするつもりは無く、ただの貴重な女友達くらいに思っていました。

それに、私のよくない女性関係も普通に話していましたので、彼女と関係を発展させようとはまったく思っていませんでした。

あの夜までは…


……ある時、私が立て続けに2人の女性に振られるという事件が起きたのです。

話しを聞いてほしいと至急彼女を呼び出し、慰めというかむしろ私を罵倒してもらうようお願いしました。

変に慰めてもらうよりか

「そもそも遊ぼうとするお前が悪い」

「フラレて当たり前だ」

「最低最悪な人間だ」


と罵倒される事で、むしろスッキリしたい。

そんな心情だったんですね。

私はある意味ドMなのかもしれません(笑)

それを頼めるのは全てを知っているあやちゃんしかいないんですね

ひと通り罵倒してもらった一方で、彼女の方もいろいろあったらしく、彼氏とあまりうまくいっていないとの事。

実はアプリ等で新たな出会いを探していて、この前会った男と流れでキスまでしてしまったとの事。

「キスくらいだったらそんな抵抗感無いし」

という彼女に

「そんな誰でもキスしたらダメじゃん」

「彼氏もいるのに、お前はほんっと酷い女だな!」


と私からも罵倒。

お互いに罵倒しあった事でお互いがスッキリし、そのまま2人でカラオケに行きました。

私は失恋ソングを熱唱していたのですが、そんな時にふと、いけない事が頭をよぎったんです。

(アプリで会った男と流れでキスしちゃうんだったら、俺もあやちゃんとキスできるんではないか)

と。

しかしながら、今までそんな気配を出して来なかったので、なかなか勇気が出ません。

一旦トイレ休憩を挟み気を落ち着かせてから、覚悟を決め、部屋に戻ってきたタイミングで勇気を出してあやちゃんに近づき、そっとキスを試みました……が、


結果はもちろん玉砕(笑)


両手できっちりガードされ

「何してんすか?(怒)」

と言われ、さらに罵倒される始末。


しかしながらちゃんと言い訳は準備しています。

「違う違う。ただのテスト。誰でもキスするわけじゃないじゃん。エライじゃん。」

と。

ほんと酷い気持ちの悪い男です。

どっちに転んでも私が傷つかないように「誰にでもキスするのは良くない」との前振り、つまりフラグを立てていたんです。

その日はそのままカラオケを満喫し、そのまま何事も無く普通に解散したのでした。
 

「穴埋め棒」だと認識した夜

その約一週間後の事です。

逆に急にあやちゃんから呼び出しがありました。

仕事が詰まっていた事と、前回の事で若干テンションが下がっていた私は、「遅い時間からの二時間くらい、カラオケ歌いながらで良かったら予定空けて話くらいは聞くよ」と気のない返事で承諾(ほんと酷い男です)。

カラオケで自分は好きな歌を歌いながら、彼氏との揉めたエピソードを「ウンウンひどいね。」と気の無い返事で聞いていたような覚えがあります。

すると突然

「……てもらえませんか?」

「うん?聞こえなかった。何だって?」

「……ハグしてキスして貰えせんか?」

「え?」

「なんか寂しいんです。。先輩にしかこういうの頼めなくて。。引きますよね。やっぱいいです。」

驚きました。急展開です。

「俺で良ければいいよ。」

と2つ返事で承諾。

なんだか、彼氏もいるのに可哀想だなと思って、マイクを置いて近づき、せっかくなので優しいハグから、焦らしに焦らしたうえで、長い時間をかけて優しいキスをしました。

「彼氏にこんなに優しくされた事ないです。。」

と言うので、本当に可哀想だな、不憫だなという心情になり、もっと優しくしてあげたいなと思ってしまいました。

結局そのままホテルに行って、めいいっぱい愛情込めての優しいセックスをしました。

思った以上に相性が良かったのと、あやちゃんやっぱりすごくエロかったんですね。

そして、セックスした事で可愛いなと思ってちょっと好きになってしまったんです。

行為後、ラブラブな感じになると期待していたのですが…


彼女はたばこに火をつけてふかしながら

「いや〜、良かった!スッキリした〜!」

「こんな丁寧な優しいセックス、久々だわ〜!」

「ありがとうございますッ!!」


と期待していたラブラブからは程遠く、一転非常に爽やかなんですね(笑)

そこで気づいたんです。

(ああ、俺は親切で安全で金払いがいいだけの、寂しい気持ちと体を埋める、ただの都合のいい穴埋め要員なんだな。)

(いや、もはや人でもねーな。)

(俺はただの穴埋めの棒。)

(ただの「穴埋め棒」だな笑)


と。
 

「日本穴埋め棒協会」について

「穴埋め棒」というワードが結構気に入った事から妄想が広がりました。

世の中には自分のような境遇の男性が他にもいるのではないか?

セックスはするが決して気持ちは繋がってはいけない、可哀想な「穴埋め棒」達が。

そんな「穴埋め棒」達で情報共有をして、励ましあい高めあえる。そんな協会があってもいいんじゃないか?

もしそんな協会があれば、女性からも一定のニーズがあるんじゃないか?

名前は「日本穴埋め棒協会」かな。

規約を作るとすれば以下の通り。


一つ、相手に何も求めない事

二つ、コンドームは必ず着ける事

三つ、決して本気にならない事



これからも、この三ヶ条を守って活動しようと心に誓ったのです。
 

「日本穴埋め棒協会」を強制退会となった夜

それからも定期的にあやちゃんと会っては自然とセックスをするようになりました。

彼女のエッチな一面がどんどん明らかになります。

「電マ好き」

「ドM」

「開脚騎乗位が得意」

しかし、彼女には彼氏もいるので、俺はただの「穴埋め棒」なのだと冷静に言い聞かせていました。

しかしながら最初の行為後とは一転。

彼女の要求はどんどんエスカレートしてきたのです。

「下の名前で呼び捨てで呼んで♡」

「愛してるといいながらして♡」

「首締めてして♡」


etc…

その度に

(ダメだダメだ)

(俺はただの「穴埋め棒」なんだ)

(規約は破っちゃいけないんだ)


と自分で言い聞かせて本気にならないようにしていたのですが…

極めつけのダメ押しは

「生でして(出して)♡」

です。

後が怖すぎて中に出しはしなかったのですが、誘惑に負けて生には応じてしまいました。

そもそも私は「穴埋め棒」ですし完全装着です。

そもそも今まで子作り以外は生でした事がありません。

今振り返れば、そんな私が急に生でしたもんだから、あそこも心もビックリしたんでしょうね(笑)。

あやちゃんを本気で好きになってしまったんです。。


結果、


一つ、相手に何も求めない事→ 彼氏と別れさせる

二つ、コンドームは必ず着ける事→ 毎回生でする

三つ、決して本気にならない事→ 本気になる


規約を全部破ってしまったんです。

日本穴埋め棒協会は、今まで仲間だった他の会員達に白けた目で見られながら、後ろ指刺されながらの強制退会です(笑)。

今思えば冷静で無かったなと非常に後悔しています。。
 

お別れの夜

規約を破った一方で幸せなひと時がやって来れば良かったのですが、それはほんの一瞬の出来事でした。

結局、離婚はしない私との未来は無いんですね。

私はどんどん求めるようになる一方で、あやちゃんはだんだんに冷静になって来るんです。

そうなると当然「お別れ」の時がやってきます。


「あなたの気持ちには応えられない」

「私達やっぱり会わない方がいいね」

「ごめんね」



と。

久々の失恋で、恥ずかしながらラブホでしくしく泣いてしまいました。

一方でそれを見ている彼女は、いたって冷静です。

「その気持ちすごく分かるわ」

「私はそんな時この曲を聞くの」


と彼女が好きな失恋ソングを携帯で流し始めます。

それを聞かされながら、しくしく泣いている私は


(これどういう状況なの?笑)


と心の中で自分に失笑しながら、ラブホで泣くのでした。

〜次回「日本穴埋め棒協会への再入会」へつづく〜
 

あとがき

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ここでの後悔があるからこそ、今はある程度の事では冷静でいられるようになった気がします。

結局「穴埋め棒」以上の事はそもそも求められていないのに、勝手に浮かれて勘違いしちゃったんですね。

それによって自分だけならまだしも、相手も多少なりとも傷つけて、気を使わせる事になってしまったんです。

それは倶楽部においても似たような事があると思っています。

女性と仲良くなったと錯覚し、真に受けて、浮かれてしまい、結局女性から引かれる事。

盛り上がったのは女性の対応が原因にあるのに、女性側は「いやいや、あなたにはそこまでの気持ちや行為は求めてないから困ります」というパターン。

交際って難しいですね(笑)

ちなみにこの話はこれで終わらず、これからまた思わぬ展開を迎えます。

思い出しながら書いていたら長くなったので分割する事にしました。

続きは早めにアップできればと思います。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集