恋愛ワクチン 番外編 過去を書き換える話(4)

街路樹の緑が眩しかった。

秋になればイチョウは黄色く色付いて、プラタナスが彩を添えることだろう。

季節とともに道行く人の服は変わっても、心は簡単には変わらない

誰もが過去という荷物を抱えている。

季節の移り変わりのように落ち葉となって、はらはらと散ってゆけば良いのに。

真紀は大学近くのメンタルクリニックを受診した。

銀縁めがねをかけた思慮深そうな白髪交じりの医師が、頷きながら真紀の話を聞いた。

白髪を染めていないのは、意外と若い実年齢を隠して貫禄を出すためなのかもしれない。

肌の色つやは良いし顔の皺も多くは無かった。

医師は語った。

ーまず、大切なのは、高三のときの不幸な出来事を、心の中に仕舞いこまないことです。
こうして私に話すように、信頼できる人に状況をなるべく細かく説明することで、少しずつ心が回復していきます。
次に、今あなたは、黒いバンや空き地の草むらを意識的に避けていると言いましたが、決して無理はしなくてもいいですが、そういったものが本当は安全なのだということを確認していく作業も必要です。
勇気を出して現場にもう一度行ってみるのもいい。ー


ーあのう、私の場合、男性とセックスして・・体を舐められるかもしれないと思うとフラッシュバックしてしまうのですが、どうしたらいいのでしょうか?ー

ー毎回ですか?ー

ーはい。ー

医者は少しだけ考えてから言った。

ーその場合はセックスをしばらく控えたほうがいいですー

ーえっ?ー

ーお付き合いしている方がいらっしゃるのであれば、理解してもらうことです。よろしければ来て頂いて僕が説明してもいい。ー

ー彼氏は今いないのですが・・ー

ーそれならなおのことです。あなたはご自分をセックス依存症ではないかと心配していますが、お話を伺った限りでは、まだそこまでには至っていないと私は考えます。
しかし、フラッシュバックが起きるような、強い追体験を繰り返していると、心が苦しみを補ってバランスを取るために快感を増幅させて、本当にセックス依存症になってしまう可能性があります。ー


真紀は、軽い睡眠薬と精神安定剤のようなものを処方されて、メンタルクリニックを後にした。

少し、いや、かなり困っていた。

デートクラブを止めて普通のバイトだけで奨学金が返せるような気がしない。

毎月十万円の支給を受けているので、大学四年間で五百万円もの借金となる。

それに、せっかく育ちの良いお嬢さんを演じてきたのに、無駄になってしまうのが悔しい。

かといって、デートクラブのおじさんたちに事情を話して、セックス抜きでお金が貰えるとは思えない。

そこまで甘い世界ではない。

何より、真紀自身、セックスが好きなのだ。

ペニスが愛おしい。

この、セックスが好きで仕方がないと言うのが、依存症なのだろうか?

しかし医者は、あなたはまだ依存症ではないと言った。

そこははっきりと覚えている。

それならセックスを止めなくてもいいはずだ。

真紀は伊奈との二回目のデートの日が待ち遠しかった。

伊奈も医者だ。

何か知恵を授けてもらえるかもしれない。

夏の空は青く、誰かが綿をちぎって投げ上げたような、白い雲が漂っていた。

あの高さから見れば、人の営みなど、取るに足らないほどに小さいのだろう。

その小さな人間の心の中にもまた、空ほどの大きな世界が広がっている。

週末、伊奈は仕事を早めに切り上げて、車を走らせていた。

懐かしい九十年代の音楽を流してご機嫌だ。

真紀との二回目のデート。

初回から二週間ほど経っていた。

今日は昔若い頃によく行った、灯台の見える岬のホテルまでドライブだ。

八十年代のバブル期のリゾート開発の名残りが、伊奈が若い頃にはまだ残っていて、洒落たカフェやサーフショップがあったり、「彼女とゴミは捨てないで」と書かれた粋な看板が、道脇に掲げられたりしていたものだ。

大学に入ると、多くの若者がお祝いに親に中古車を買ってもらっていた時代だった。

道はそのままだが、今では店もほとんど無くなり、夜にはきっと真っ暗になるのだろう。

昔は若者で賑わっていた白いホテルが、高齢者の団体客を頼みに何とか経営を続けているようだった。

夕日の美しさは変わらない。

むしろ人が居なくなった分、変わらぬ自然は鮮やかさが増したように見える。

ーごめん、ちょっと人が少なくて寂しいね。だけど、僕にとっては昔なじみの思い出の場所なんだ。久しぶりに来てみたくなってね。ー

ーいいえ、とても綺麗、初めて来ました。ー

真紀は嬉しかった。

修学旅行先の沖縄の青い海を思い出していた。

生活に余裕の無かった真紀は、ほかに旅行というものをしたことが無い。

沖縄まで行かなくても、車で二時間ほど走るだけで、こんな綺麗な景色が見えるんだ。

伊奈もまた思い出していた。

学生の頃付き合っていた、志保という彼女との思い出のデートの場所だった。

彼女とは半年ほどで別れた。

お見合いで志保の結婚相手が決まったからだ。

相手は伊奈の大学の助教で、伊奈が卒業して医者になった後の伊奈の上司でもあった。

伊奈はまだ学生で、志保は年上だった。

志保の結婚式から十日ほど経ったある日、街で志保とばったり会った。

懐かしく、しかし人妻となった志保に声を掛けるべきか戸惑っていた伊奈の元に志保は駆け寄り、人目も構わず体を寄せてきた。

泣いている様だった。

ーどうしたの?ー

ー・・・ー

ーとりあえず、車そこにあるから乗らない?ー

黙ってうなずく志保。

伊奈は車を走らせた。

人気の無い場所に移動して車を停めて事情を聞くと、一昨日新婚旅行から帰ってきたのだが、旦那とうまくいっていない、今は彼女の実家に帰っているが親の目が辛く友達に会いに行くといって家を出てきたのだそうだ。

ーどこかに行きたい。お願い、私をどこか遠くに連れて行って。ー

そして伊奈は車を走らせて、半年前に志保と最後のデートをしたこの灯台の見える浜辺まで来て、車の中で狂ったようにセックスした後、夕日を一緒に眺めて体を寄せ合ったのだった。

今夜はこのまま、あの白いホテルにチェックインして泊まってしまおうか?

しかし無断で外泊したら、さすがに騒ぎになるだろう。

夕日が落ちてあたりが暗くなり、夜の海は波しぶきの白さだけが浮かび上がっていた。

繰り返し寄せる波の音。

志保と泊まろうか?

それとも送って帰るべきか。

あの夜からどれだけの数の波がこの浜辺に打ち寄せたことだろう。

時は流れて人は老いる。

しかし、あの時の志保の細くて長いしなやかな髪の毛の記憶は、伊奈の心にずっと絡みついたままだ。

繰り返し打ち寄せる時の波に洗われて、志保の面影は大理石の人魚像のように磨きがかかり、夜の海の情景とともに伊奈の心に刻み込まれている。

伊奈は真紀と寄り添いながら、あのときの志保と同じ風景の中にいると感じた。

違うのは自分が年を取ったということだ。

今夜は、あの時泊まらなかった白いホテルにこの娘と泊まろう。

そして志保を奪ってでも自分のものにすることが出来なかった自分の不甲斐なさを責めよう。

あの夜、勇気を出して志保と泊まっていれば、人生はきっと変わっていたに違いない。

伊奈はデートクラブの女の子と仲良くなると、決まってこの浜辺までドライブし、灯台の見える白いホテルで一夜を過ごすのだった。

まるで昔攻略できなかったゲームに繰り返し再挑戦して達成することで、取り消すことのできない記憶を上書きしようとあがいているようでもあった。

夜の海。

砕け散る波しぶきは、月の光のしずくのようだ。

または、海の中を泳ぐ人魚の白い肌が、水に透けて照らされているのかもしれない。

貝殻は、かって生きて暮らしていた海の底を想うかのように、静かに動かない。

海風が、かすかな磯の香りを、音楽のように漂わせる。

伊奈はホテルにチェックインすると、レストランで少し早い夕飯を済ませて、日の暮れた夜の浜辺へと真紀を誘った。

レストランのテラス席から階段を降りると、そこはもう砂浜で、ホテルの灯りに波が白く照らされていた。

伊奈はゆっくりと砂浜を歩きながら真紀に尋ねた。

ー精神科行ってみた?ー

ーはい。ー

ーそれで、どうだった?カウンセリングで少しはすっきりした?ー

ーいえ、あまり・・セックスをしないようにと言われました。ー

伊奈は立ちすくんだ。

ーえっ?そうなの?ー

ーはい、フラッシュバックを起こさないようにしなければならなくて、セックスがきっかけになるのなら、それを避けるようにとのことでした。ー

伊奈は困った。

予想外だし、今夜はゆっくりと真紀と楽しむつもりだったのだ。

しかし、精神科の医者の言うことも、考えてみればもっともだ。

PTSDなのだから、過去の悪い記憶を強く想起させるような状況をひたすら避けて、時間経過による治癒を期待するしかないということなのだろう。

その気で来ているのだから、伊奈としてはしっかり出来上がっていて、高ぶった性欲を抑えるのは難儀ではあるが、それがこの可哀想な娘のためならば仕方がない。

今夜は寝苦しい夜になるかもしれないな。

ーなるほど。じゃあ今日は残念だけどセックス出来ないね。ー

ーいえ、お願いします。ー

ーえっ?ー

ー精神科の先生がそうおっしゃったので、私もずいぶん考えたのですけれど、私はまだセックス依存症ではないそうです。
それならば、セックスそのものではなくて、フラッシュバックがいけないのだから、それを起こさないよう気を付けながらすればいいと思うんです。ー


成る程、真紀の言うのも一理ある。

ー私、見かけはこうしてみすぼらしくない様に気を遣った格好をしていますけど、恥ずかしい話ですが、あまり裕福な家庭ではなくて奨学金で大学に通っています。デートクラブのお仕事がなくなると困るんです。それに・・ー

真紀はちょっと言葉を選んでから、ゆっくりと続けた。

ーそれに、伊奈さんはお医者さんでいらっしゃるし、優しそうな方だから、もし良かったら、私とこれからもデートして、無理のないセックスを続けてお付き合いしていただけないでしょうか?
厚かましいお願いかもしれないのですが、ほかに頼れる人がいないんです。ー


真紀の本音は、セックスできない生活なんてとても耐えられない、であった。

しかしそんなことを伊奈に言えるわけがない。

伊奈は感動していた。

もっともな話だし、医者として頼られるのは、悪い気はしない。

精神科医の言うことが百パーセント正しく他に選択肢がないという訳ではないことは、自分が医者であるだけによく承知している。

実は抜け道のショートカットのような裏技があるものだ。

ー了解だよ。僕も下心丸出しで恥ずかしいけれど、そのほうが嬉しい。
せっかくお泊りなのに、今夜は無駄になっちゃったかと一瞬がっかりしたよ。ー


真紀は微笑んだ。

このおじさんは良い人だ。

無理は言わないだろう。

男性によっては、セックスの際に泣き叫ぶ真紀をさらに痛ぶって声を上げさせようとするサディスティックな性癖の人もいる。

しばらくは、伊奈とだけお付き合いしよう。

そして二人は部屋に帰り、二回目のセックスをした。

真紀は緊張した面持ちでベッドに横たわり、しかし無防備に下半身をさらけ出している。

伊奈は真紀に枕を抱かせて、脚を両手で開き、ゆっくりとペニスを挿入した。

真紀はおびえたように小刻みに肩を震わせながら、じっと何かと闘って耐えている様子だ。

それとは対照的に、彼女の下半身はすんなりと伊奈のものを包み込み、真紀は「ああっ」と声を上げた。

海辺に咲く浜木綿は、初夏には白い花を咲かせる。

狂おしい曲線のようなその花弁は、海に焦がれているようでもあり、海から逃れようともがく姿にも見える。

浜木綿の花言葉は四つある。

「どこか遠くへ」

「あなたを信じる」

「汚れがない」

「清潔」

汚れがなく清潔であなたを信じてどこか遠くへ。

人は皆、心のどこかに浜木綿を抱いている。
 

このカテゴリーの関連記事