再び交通費を科学する

ジョーはかつてひっそりと(?)「交通費を科学する」というコラムを書いたことがある。

オファーした女性に交通費を先渡ししたところ、その女性が目の前で封筒を開け、金額を確認した振る舞いに怒り心頭に発し、憂さ晴らしに?コラムを物した。

今考えるととっても恥ずかしい大人気ない行為だ。

それでもマックさんに初めてコメント貰ったのは、このコラムからだし、2 名の女性会員から女性の立場からのコメントを貰い、大いに参考になった。

だから書いたこと自体には後悔はない。

今再びこの問題を取り上げるのは交通費問題?が匿名質問箱その他で度々取り上げられるからである。

この件に関して食傷気味の会員(特に男性)も少なくないだろうけれど(実はジョーもそのひとりだ)、かつてこの問題でコラムを書いた者の責任?としてもう一度だけジョーの個人的な見解を書き連ねたいと思う。

情報を整理するため、倶楽部側の「交通費」に関する記述をジョーが確認できた範囲でまとめてみた。


1 デートの際には必ず前渡しにて交通費(デートのお礼5,000 円〜1 万円)をお渡しください。
(男性会員パソコン用HP 会員規約 2019 年1 月7 日付)

2 男性会員様から女性会員様に宛にお渡し頂く「交通費(お食事テートのお礼5,000 円〜1 万円)」は「お食事解散の際に」ということが通例でしたが、今後は女性とお会いして「前渡し」でお渡し頂くよう、男性会員様のご協力をお願いします。
(男性会員スマホ用HP 重要な注意事項とお願い 2019 年1 月7 日付)

3 BLACK クラスの女性には1 万円の交通費をお渡し頂けるようお願いいたします。 (同上)

4交通費は渡し忘れのありませんように(約2 年前 ジョー入会時配布された1枚の用紙「倶楽部からのメッセージ」「前渡」に関する記述はなし)

5「交通費の確認は明確なルールとして存在します」(ジョー作「交通費を科学する」の女性会員のコメント)

そのほかにも交通費に関するルールがあるのかもしれないけれど、とりあえずこれくらいで。

どうです?知らなかったルールもあったのではないでしょうか?特に5をご存知でしたか?

「男性に断りを入れ、交通費が封筒に入っていた場合はその金額を確認する」

というルールです。

このルールに関して男性会員は確認のしようがないんですが、女性会員の方は認識していらっしゃるんでしょうか?

匿名質問箱で前澤さんは「前渡し」ルールは「会員規約に明確化されている」と回答されているが、日付から判断する限り、彼が断言するほど昔からのルールではないし、1と2を読み比べると微妙にニュアンスが違っている。

誤解のないように書けばジョーは1と2の違いを是正しろと言っているのでない。

ルールは少ない方がいいし、交通費の渡すタイミングについては「紳士協定」がふさわしいと思う。

2ならジョーも含めて「そういうことなら協力しよう」という男性会員も少なくないのではないか。

それでも前渡しに抵抗のある男性会員には知ってもらいたいことがある。


1交通費を貰えるか不安に思ってデートに臨んでいる女性会員が一定数いるらしいこと。

2毎日のように「交通費を頂けなかった」という女性会員からのクレームが倶楽部側に入ること。


上記2点を知った上でなら、交通費を渡すタイミングは(倶楽部側にはめちゃくちゃ怒られるだろうけれど)、解散時でも良いのではないかと個人的には思う。

色々と偉そうに?書き連ねましたが、「それじゃあ、お前は交通費をいつ渡しているんだ?」と尋ねられれば(尋ねられてない?)、その回答は「前渡しにしたり、そうでなかったり」です(苦笑)。

弁解にならない弁解をさせて貰うとジョーが初めてのオファーであったり、明らかに緊張或いは警戒心が強い場合や口数が極端に少ない場合など話の取っ掛かりとして交通費を先渡ししている。

その一つの例を披露しよう。

先日お目に掛かった女性、直子さんはジョーが初めてのオファーで明らかに緊張していた。

電話の声も上ずり、ジョーを認めると真っ赤になっている。

その様子を見てジョーは緊張を解くためにも待ち合わせしたホテルのラウンジでお茶することを提案した。

席に着き互いに簡単な挨拶をした後、ジョーが最初にしたことは交通費を入れたポチ袋(マックさん、ごめんなさい、相変わらずポチ袋を使っております)を渡すことだった。

直子さんは両手でそれを受け取り(手が震えていた)、丁寧にお礼を言った後、「失礼ですが金額を確認させて頂きます」と言って封筒の中身を確認する。

以前のジョーならばここで怒り心頭に発していたなあと思いながらその様子を微笑ましく見つめる。

中身を確認した直子さんは満面の笑顔で「たくさん有り難うございます」とお礼を言う。

もちろんジョーのことなので(苦笑)、「たくさん」は包んでいない。

キャンペン中だったので、ジョーはかなりの割引を受けてのオファーだった。

もちろん?直子さんには内緒だ(苦笑)

これを契機として直子さんは少しずつ舌が滑らかになっていく。

「ジョーさんにオファー頂いて嬉しくて、嬉しくて。昨日はよく眠れませんでした」

「褒められてるの?」

「もちろんですよ!」

「褒められることが少ない人間だから嬉しいねえ。こちらこそ「素敵ですね」ボタンありがとう」


その後は最上階のレストランに移動して食事をした。

直子さんは一つ一つに感嘆の声を上げる。

「ジョーさん、私こんなおしゃれなレストランで食事したことないです!とっても嬉しいけどマナーが心配ですよ」

「マナーは僕も自信ないな。今日は気軽に美味しいものを楽しもうよ」

「そう言ってくださるとホッとします。倶楽部で面接を受けた時『男性会員様はマナーに厳しい方が多いです』と言われたんで昨日インターネットでテーブルマナーを調べてきたんです。」

「ヤホーで調べたの?」

「キャハハ、ジョーさんって紳士な上に面白い方なんですね!」

これがサクラちゃんやコイさん、ナナ姫そして新しいところで言うとコウミちゃんなら総攻撃(!)を受け玉砕しているところだ。

それなのに直子ちゃんは微笑むばかりである。

彼女の魅力は「素直さ」。

そしてその「素直さ」は心配になるレベルだ。

だから倶楽部側に言われ通りの行動をする。

願わくば変な男性に引っ掛かりませんように。

そしてジョーがその一人なりませんように。

唐突だけど、前述したジョーのコラム「交通費を科学する」中で頂いた女性会員(ファニー・ヒル さん)からのコメントが思い出される。

いずれにせよ、この先オファーをすると またこの様な機会があると思うので、どうかめげないで、心を強くお持ち下さいませ。

封筒の中身を見る女性の中にとんでもないのが眠っているかもしれません。

ファニーさん、不肖ジョー、確実に進歩しております。

お陰で直子さんという素敵な女性と出会うことができましたよ。

そろそろ終わりにしたい。

僭越ながら男性会員の皆様に提案する。

「紳士協定として交通費の前渡に協力する」ということだ。

ジョーの考えるその効用は2点


1女性会員の不安を取り除き、信頼の途端になり得る

2前渡することで、直接女性に渡す最初のお手当として男性会員は色々と経験値を上げる契機となり得る


ジョーは2を特に強調しておきたい。

だから木田さんが検討されているらしい「交通費をオファー代金に含める」案には反対だ。

男性会員の度量を上げる機会をどうか奪わないで欲しい。

というのが、必ずしも前渡しを実行していない(苦笑)ジョーのささやかな主張である。
 

このカテゴリーの関連記事