ムダ毛処理 はじめました

とある春

「ちょっと。。口に毛が絡むから処理してくんない?(笑)」

ゆかりちゃん(仮名)が言ったその一言がきっかけでした。

「いやいや、今まで生きてきた間ずっと育ててきた体毛を、今まで一度も剃る事が無かった体毛を、そんな簡単に処理する勇気出ないよ(笑)」

「え〜、結構処理してる人いるよ?中には男性でもツルツルの人もいるよ〜」

今まで一度も体毛処理(ムダ毛処理)をしていなかった私は処理する事に抵抗感があったため、冗談の中にもわりと強い意志を込めてそう言った覚えがあります。

この先の自分が、ムダ毛をちゃんと処理する。

むしろ処理しないと気持ち悪く感じるようになるとはいざ知らずに。。


それからというもの、ゆかりちゃんとする度に


「いつ処理すんの?」

「毛、邪魔なんだけど」

「私が剃ったげようか?(笑)」



と、じわじわと「竿毛」「玉毛」「陰毛」「乳毛」を中心に処理するよう促してきます。

しかしながら私は、

「ぜッッたいに剃らない!」

と強い意志で拒み続ける日々が続いていました。
 

とある夏

しかしながら、人から指摘されると意識してしまうものです。

今までまったく気にしていなかったのですが、いつの間にかお風呂上がりに自分の体を見て、体毛チェックをするようになりました。

とくに自分で気になったのが「乳毛」です。

胸毛は全然生えていないのですが「乳毛」だけはあり、逆にそれが目立つんです。

文章では伝わりづらいかもしれませんが、なんと言いますか。。


「胸に火の玉が二つ漂っている」


そんな風に見えてしまうようになったのです(笑)

「火の玉じゃん」と自分で意識するようになってからはもう

ゆかりちゃんが舐めづらそうにしている時
風呂上がりで裸になる時
薄いインナーを着ている時

色々な局面でその「火の玉」が気になります。

ただ、それでも処理する勇気は出ないのです。

それにいきなり乳毛を剃ったら、妻から浮気を疑われるリスクもあります。

ネットで調べるとそこから浮気がバレた実際のケースもあるようです。

徐々に

「気になるけど処理できない」

そんな状態に追い込まれてくるのでした。
 

その夏の市民プールで

そんな私に転機が訪れます。

娘を市民プールでプールデビューさせる事になったのです。

ゆかりちゃんからの指摘をきっかけに、自分でも「火の玉じゃん」と思うようになってからというもの、その「火の玉」を人前に見せる事が、それが例えゴルフ場内のお風呂場で同性に対してであっても、恥ずかしいと感じるようになっていたのです。

たとえ市民プールであっても人前にその「火の玉」をさらす事が恥ずかしい。。

それに濡れた「火の玉」なんて、もう見ていられない状態です。。


しかし、そこである事に気づきました。

「ん?いや! ゆかりちゃんではなく、市民プールを剃る言い訳にすればいいじゃん!?」それに気づいた私は、市民プールに行く前日の夜に「このタイミングしかないッ!!」と生まれて初めて乳毛を処理。

こうなったらえいッ!と竿毛、玉毛も勢いで処理。陰毛は短くカット。

それについて嫁から疑われた場合は、ちょうど一ヶ月前から股間に汗疹ができた事から「ムヒのデリケアM's」を使用していたため、「蒸れるので剃った」で押し通そう!これはいける!



結果…

大げさな言い方かもしれませんが、生まれ変わったようでした笑

今まで私は何をそんなに拘っていたんだろう?ゆかりちゃんにも、いつも舐めづらそうに迷惑をかけて、俺はいったい何をしていたんだろう?

長くつき合ってきた「火の玉」が、胸から消えた瞬間でした。

翌日、堂々とした気持ちで「どうぞ俺の乳首をみてください」と、市民プールに行った事は鮮明に覚えています。

処理のタイミングが自然だった事から、妻への言い訳もなんとかセーフでした。
 

処理したメリット、デメリット

デメリットは

「伸びてきたら気になる」

です。

セックス前に女性が「今日はムダ毛処理してないから恥ずかしいしダメ」という気持ちがなんだか分かるようになります。

処理忘れた日にホテルに行く流れになったら「やばいッ!今日処理してない!」と変な汗まで出るようになりました(笑)

行為前の風呂場にて、使い捨てカミソリでコソコソと処理した事でカミソリ負けになった事もあります。

あそこや乳首まわりがヒリヒリして、これは地味に辛かったです。

一方でメリットは

「性的な感度があがる気がする」

「毛が邪魔しないので、今までより深く挿入できる」

「女性が舐めやすい。いろんなところまで舐めて貰える」

etc..


それに、自分の体への美意識も向上し、ダイエットや筋力トレーニングに励む事が出来るようになりました

永久脱毛も気になるのですが、そこまでする妻への言い訳が思いつかないので、今はちまちま処理している日々です。

もし、昔の私のように処理していない方がいらっしゃれば、ぜひ処理する事をおすすめします。

それに、今の若い男子は美意識高いです。

男性もムダ毛処理が当たり前の時代になりつつありますし、処理してる事を嫌がる女性は少ないように感じます。

ちなみに、とある男性のアンダーヘアに関するアンケート結果では、女性の約65%が「長さを整えてほしい」、約15%が「全部処理してほしい」、つまり女性の約80%は何かしら処理してほしいと感じているとの事です。

処理方法はネットに色々情報がありますので、参考にしてみてください。

処理している事は、実際に女性から喜ばれる事が多いです。
 

ゆかりちゃんへの感謝

本当はゆかりちゃんとのエピソードをコラムにしようと思ったのですが、なぜかムダ毛処理中心になってしまいました。

処理した事をもっと喜んでもらえて褒められるかと思ったら、反応は「あら〜!」程度でわりと普通でしたね。

ゆかりちゃんには、ムダ毛処理もそうですが、セックスで女性を喜ばせる事の楽しさを教えて貰いました。

また、仕事がホテルウーマンだったため、ホテル内やレストランでの立ち居振る舞い、細かなテーブルマナーについても色々と教えて貰いました。

優香に似ていて笑顔がかわいい、酔ったらダラーンと甘えてくる。ちょっと派手めな女の娘。

クリトリスをコツコツコツコツ刺激すると派手に果てる、そんな明るくエロい娘でした。

ちゃんと彼氏(ちゃっかり高収入の男性)ができてからはあまり会えなくなりましたが、しばらくして、その彼氏と結婚すると報告受けた時は素直に嬉しかったな。

入籍の一週間前、結婚祝いで久々に会ってディナーした後に、両手を合わせて最後にエッチできないか拝み倒したら、

「え?結婚祝いで来たんでしょ?(怒)」

「仕方ないな〜。もう〜。。結婚するんだし最後に特別だよ!」


と本当に渋々ですが応じてくれました。

行為後に

「もし俺がちゃんとアプローチしてたらどうなってた?」

と聞いても、かぶせ気味に

「いや、どうせ奥さんと別れないじゃ〜ん(笑)」

と笑顔で返してくる。

明るくて賢くて優しいエロい娘でした。

ゆかりちゃんとするのが久々だったため、クリトリスのコツコツの位置が微妙に外れてしまい

「私のはそこじゃない!他の誰かと間違えてんじゃないの?(怒)

「もう忘れたの!?」

「こ・こ・だ・よ!」


と、手を添えて位置を丁寧に教えてくれた事。

拝み倒してまで事におよんだのに緊張してすぐに私が果ててしまった事(笑)

今となってはいい思い出です。

もうすぐゆかりちゃんが結婚して一年。

ラインの画像ではかなり太っていたけど、コラム書いていたら久々に会いたくなってきたので、ためしに連絡してみようかな。

もし会ってくれるのなら、その日は久々にゆかりちゃんから貰った腕時計をつけて、また拝み倒してみますか。
 

最後に

こんな下らない内容を、最後までお読みいただきありがとうございました!

なお、ゆかりちゃんにラインしてみたところ、早速以下返信。バレバレでした。

「どうせゆかりとしたくなったから連絡したんでしょう?バレてるよ(笑)」

「ちなみに人妻になったから高いよ(笑)」


相変わらず賢くて明るい良い娘でした。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集