ユニバース倶楽部で海外でのデートをセッティングした結果 ~WTWの場合~

WTWは、海外でサラリーマン社長をしている50歳過ぎの親父です。

海外に駐在している私が、なぜクラブに入会し、どんな出会いをしているか?

思い出を交えながら綴っていければと思います。
 

海外でのパパ活

望月さんが投稿したシンガポールでのパパ活の話に刺激をうけ、WTWの海外現地でのユニバースクラブの活動をすこし報告したいと思います。
 

海外での活動

WTWがユニバースを通してセッティングしたのは、このEさんだけ。

Eさんは現地の方です。シンガポール支店の方は日本人の女性のようですが、WTWがオファーしたEちゃんは日本人ではありません。

望月さんの記事では、シンガポール支店で入会したとのことですが、当方は出身地方の支店に入会し、日本での活動をメインに考えて入会しております。

これまで、ユニバースでの海外オファーはありませんでした。

でもちょっと素敵な子をみつけてしまいました。
 

オファー

普通にユニバースのHPをみて、HPのオファー欄からオファーを依頼。

場所、時間の調整はいつもの如く、ラインで実施しました。但し、WTW所属支店ではなく、海外支店とやりとりをしていました。

当時は、アンケートに海外ありませんでしたが、その後、話をしたら、海外支店のアンケートもOKになりましたね。
 

待ち合わせ~オファーから2週間後の日曜日~

誰もがしっているホテルのロビーで待ち合わせ。

オファーの段階から、ホテル入って右手のソファーに座っている、との連絡をしておきました。

時間通りに表れたEさんが現れ携帯から電話をいただきましたので、WTWはすぐにEさんを認識することができました。

なんの問題もありませんでした。
 

コミュニケーション

プロフィールには、日本語日常会話可とありましたが、それは無理でした。

幸い彼女も英語が喋れるので、コミュニケーションは、基本英語です。

また、偶に現地語を使っています。

因みにWTWの英語はアジア特化型です。

欧米系英語の得意な日本人がチンプンカンプンなインド人やタイ人英語もOKなタイプです。
(ちなみにチンプンカンプンは中国語の聞いてもわからない、観てもわからない(聴不憧看不憧)からきているという説もあります)

英語もできない女性の場合は、現地語だけになると思いますが、どこまでコミュニケーションとれるか、随分不安になります。

今後これは!という子がいたら、迷わずオファーしますが。

基本お会いして、どこまで深い関係を築きあげるかを希望するかにかかっているのでしょうね。

シンガポールの方の様に、勉強するぞというモチベーションアップになればいいですね。
 

食事は?

基本、日本食は世界に誇れる食ですので、日本食、或いは、日系のレストランを選びました。

ホテルに程近い、でも一本表から入った焼き肉屋さんにしました。

ここは、友人の飲み屋さんが開いた日本式のお店です。

WTWのお気に入りです。

おいしいお肉を用意してくれてます。

でもオファーの際に、お肉がいいか、天ぷらがいいか?事前に支店経由で聞いて頂き、焼き肉にしました。

WTWは基本最初のオファーの時には相手にお店まで開示するようにしています。

特に海外の場合宗教上とかの問題、或いは、食べられないものを準備してもしょうがないのでこのステップは初回必須でしょうね。
 

食後の後のお誘いは?

さて、色々お互いの背景等の話をしつつ食事も楽しみ、終わりになってですが、大人の関係のオファーを実施。

EちゃんはCタイプですが、WTWとのデートがユニバースでの始めてのデートだったので、さてどうなるかは不安ありでした。

今思い返すと、なんていったのかなあ?

不確実ですがたぶん、もしあなたが良ければ、この後、僕の部屋にきてほしいといったと思います。

ストレートしか投げられないので。
(日本で部屋に来てというと、引かれるかもしれませんが、単身赴任ですから気が楽です。わざわざパスポートもってシティホテルを取るのも嫌ですし、ラブホテルもないし。部屋でいいかなという意識があります。ちょっと安全意識不足かなあ)
 

移動

食事から自分のアパートまでは、タクシーで。

タクシーの中では、手をつないでました。
 

お手当は?

現地通貨です。

お会いした時に、食事だけなら日本円で1相当、大人時には5相当を話をしました。

WTWの日本での活動の基本と同じだけ。

先に会うときに1渡してますから部屋では4ですね。

全く日本と同じです。

5相当はたぶん、日本の価値の4倍かも。

5は初任給の半分くらいのイメージになります。
 

ベッドでは

Eちゃんは、ちょっと特殊な子でした。

まず、部屋は綺麗か?と聞かれました。

結構な潔癖症らしいです。

数日前に掃除に入ってもらったWTWの部屋は合格でした。

まずは、お互いにシャワー。

シャワールームが豪華にも2つありますので、メインを譲りWTWは急いでサブのシャワーをつかいました。

急いでベッドルームに戻り、ベッドルーム奥にあるメインのシャワーを使うEちゃんがでてくるのを待ちました。

日本に留学経験のあるEちゃんでしたが、日本人とSEXしたことがないとのことでした。

いつものように、やさしく優しく、ゆっくり、ゆっくり責めていきました。

彼女は背も高く、スタイル良いのは判っていました。

バストはCカップと期待していませんでしたが、綺麗でセクシーな形でした。

びっくりしたのは、下の潮の吹き方。

定説では、潮の量は限られているとのことでしたが、彼女は愛撫中、挿入中、ずーっと吹いています。

挿入中に吹かれるのはWTWも初体験。

暖かいものに包まれている、そんな感じです。

匂いもない。不思議な潮吹きです。

Eちゃんは、普段はかわいい顔しているのですがベッドでは、SEXYに変貌します。

引き締まったシェープと綺麗なバスト。

SEXYな顔。

良い子に当たりました。

次回は沢山バスタオル用意しておいてねとのこと。

WTWとのセックスは気に入ってもらえたようでした。

この国も日本のAVの見過ぎで男どもはどうしても女性に対して、乱暴に扱うみたいですね。

注意必要です。

でも優しく扱えば扱うほど、WTWは逝かないんです。

どうしたものでしょう。。。
 

その後のコミュニケーション

その後も、また会いましょうね、とはなっております。

多分数日後には会えるはずです。
(でもこの間は3ヶ月の期間があります)

Eちゃんの海外出張等もあり、これだけ間があいてしまいました。

その間は放置していた訳ではなく、ラインを使ってコミュニケーションしていました。

見境もなく一報的に連絡するわけではなく、適切な時間をおいて、ちょっとした季節や仕事の話をいれて。

英語で。

今は、スマホからだと、スペルチェックもしてくれるので、ありがたいですが、どうしてもミスコミュニケーションは発生します。

こちらが勘違いすることも向こうが誤解することも。

如何に簡単な単語を使うか?というのが、英語ネイティブではない者どうしてでは、必要なのでしょうね。

そういえば、バンコクでSHARONとも英語でしゃべっていました。
(BTSの支柱にぶつかって死んでしまった娘です)

Eちゃんとも長い付き合いになりそうな気がします。
 

最後に

海外でユニバースする参考になればと思います。

駐在パターンの方は中々ないと思いますが、日本から出張、観光にいかれる際に現地で逢うというのは、というのはアリだと思います。

現地で飲み屋の子を口説くより、よいかと。

参考になれば。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集