パパ活、どうやって始めたらいい?その具体的な始め方を解説!

パパ活は、新しい男女の関係として浸透しつつあります。その関係を希望するパパ・女子は少なくないので、このようなパパ活に特化したサイト・アプリは多くの女子が利用してい流のです。

 

パパ活の進め方


では、パパ活はどのようにして進めたらいいのでしょうか。パパ活のやり方の手順を次より説明しましょう。

1.パパ活サイト・アプリに登録、プロフィール作成


まずは自分にふさわしいと思ったパパ活サイト・アプリを選んで、それに登録します。登録したら、サイト・アプリ内の自分の名刺ともいえるプロフィールを作成しないといけません。

プロフィールの自己紹介文は、長々と書くとスルーされることが多く、手抜きでほとんど何も書いていないと、その人がどんな人か判断できないので、これもスルーされます。短く簡潔、読みやすくをテーマに、300文字程度に収まるように仕上げましょう。
当サイトをご覧になっている方のなかには、パパ活上級者だけでなく、「それ、どうやって始めたらいいの?」と思っているパパ活ビギナーの方もいることでしょう。

この記事では、ビギナーのためにパパ活のやり方と始めるにあたっての注意点などを解説していきましょう。

 

パパ活を開始する方法とは


若い女子とパパ活の関係を結びたいからといって、いきなりそこらの女子に「おじさんとパパ活しない?」なんて尋ねたらいけません。そんなことをしたら、キモい・ドン退きされるを通り越して、犯罪者まがいの人物扱いされる可能性もあります。

では、パパ活を始めるにはどうしたらいいのでしょうか。そのような女子と知り合うには、遊びスポット(クラブなど)に出向いてナンパする、TwitterなどのSNSでパパ活希望の女子を探すなどがありますが、どれも効率が悪いです。

では、パパ活希望の女子と手取り早く見つけるにはどうすればいいのでしょうか。それはパパ活に特化したサイト・マッチングアプリの利用です。


プロフィール写真も、変なキメ顔は避けて、自然な笑顔の写真をアップするのがおすすめです。

 

2.サイト・アプリ内の女子にアプローチ、メッセでやり取りする

プロフィールが完成したら、サイト・アプリ内の女子たちにアプローチをしましょう。基本的に女子側からおじさんに声をかけてくることはなく、声をかけてきたとしてそれは業者の場合が多いです。待っていても何も始まらないので、自分から積極的にアプローチしていきましょう。

アプリの場合は、マッチングの成立がして初めてメッセのやり取りができます。メッセの内容は、自分の希望するパパ活の種類、お手当代などを伝えます。最初から大人の関係を希望していても、それはあからさまに言わない方がいいでしょう。あくまで楽しいデートがしたいことを伝えておくのが無難です。

パパ活におけるお手当は、以下の金額が相場といわれています。

・初顔合わせ:5,000円ほど
・食事のみ:1~3万円
・1日デート:2万~3万円(+プレゼント代)
・大人:2万~10万円

初顔合わせであっても、そのときのお茶代に加えて、お手当は渡すようにしましょう。なかには、この場のお茶代・メシ代は俺が出すんだから、こづかいなんか渡さなくていいだろう、と思う人もいるかもしれません。しかしそれはパパ活という関係を理解していない証拠です。

初顔合わせでお手当を渡さないと、ただのケチなおっさんと判断されて、パパ活を継続できません。何事も初めが肝心なので、しっかりと最初からお手当を渡すようにしましょう。

 

3.いよいよデート


ネット上でやり取りをして、会う約束ができたら、いよいよ女子とのデートに突入です。初デートによってパパ活の本格的なスタートになりますが、この初デートの出来によってその女子とのパパ活が継続するかどうかが決定されるといっていいでしょう。

場所はおしゃれなカフェなどが好ましいですが、気合を入れ過ぎて個室などを予約するのは避けましょう。ネット上でやり取りしてるとはいえ、いきなり知らないおじさんと1対1で会うので、女子は緊張・警戒していることが多いです。

・夜ではなく、明るい時間に会う
・お酒ではなく、あくまでお茶を飲むお店を選ぶ

この点を強調して相手の警戒心を薄めるように心がけましょう。

また、当日は、本格的なデートではなく、あくまで顔合わせがメインです。しかし、カジュアル過ぎるファッションはやめたほうがいいでしょう。おじさんのなかには年齢を重ねても、若いファッションを違和感なく着こなせる俺!というイメージをアピールしている人もいるでしょう。

しかし、それをやっても、相手から見たら「お金なさそうなおじさん」としか見えません。かといって、あまりにも気合を入れ過ぎて全身ブランドのスーツを着ても、相手は退くでしょう。せめて上にジャケット1枚羽織るといった、カジュアル過ぎす、お金をかけ過ぎないファッションが好ましいです。

初顔合わせの時間は、自分語りばかりせずに、相手の話を聞く、いろんなことを聞き出すといった態度を取りましょう。優しい大人のイメージであれば、相手も安心して次のパパ活につながります。

 

まとめ


パパ活に特化したサイトやアプリに登録するのがパパ活の最初の入口になりますが、ただ登録しただけでは本格的なパパ活は始まりません。また、サイトやアプリで相手が見つかったとしても、顔合わせをしくじってしまうと、パパ活は継続されずに終了してしまいます。

今回の記事で説明したポイントをしっかりと押さえて、円滑にパパ活をスタートさせましょう。

 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集
  • ラブホの上野さん
  • THE SALON
  • フレイン
  • ユニバースサポート