男がお別れを決意するとき(1)~レスポンスの重要性~

現況報告

こんにちは、冒険商人です。

交際倶楽部というモノを知ってから早1年。いろいろな学びがありました。素敵な出会いもありました。

現在、月契約に至った素敵な女性3名とお付き合いをしています。
(※それぞれ月に3回から4回のデートをしており、それぞれ月のお手当はいわゆる交際相場の6回分くらいです)

出会った順番にAさん、Bさん、Cさんとしましょう。

Aさんは美容師、Bさんは元芸能人で今はアパレルのお仕事をされている人、Cさんは外資系コンサル会社のコンサルタントをされている人(特定を避けるため、一部職業は変えています)です。

この素敵な女性たちのうち、2人とお別れをする決意をしました。

ぼくの方から別れを切り出すわけで、心が痛みます。

きっと普通の恋愛だったら、このままお付き合いできる感じなんだろうな…

けれど、ここは交際倶楽部という戦場。

男も女も常に試されています。

それが、交際倶楽部の定めなのです。

このコラムが、戦場で果敢に戦う男女のみなさんに何らかの参考になれば幸いです。

さて、お別れを決意したのは、Aさん(美容師)と、Cさん(国際コンサルタント)です。
 

とっても大切な「レスポンス」

今回は、Cさんとのお別れについて書きたいと思います。

Cさんは国際的にお仕事をされていますから、海外出張が多い人です。

それゆえ、レスポンスはかなり遅めです。

平均して、こちらがメッセージを送って5日後くらいに返ってくる感じです。

しかし、それは仕事がら仕方のないこと。

「メールやラインを送って、2時間以内どんなに遅くとも24時間以内には返すべきだ」という思考は、ぼくは持っていません。

男性にありがちだと思いますが、メッセージを送って1日くらい反応がなかったから気分を悪くするとか、メッセージが返ってきていないのに「おーい」とか「生きてるかー」とか意味のない言葉を発するとか、新たな質問を連投していくとか、そういったことは女性側から嫌われるだけですから、やめた方がよいと思います。

あらためて言うまでもなく、レスポンスってとっても大切でして、これに対する価値観が合わないと交際も長続きしないでしょう。

ところで、みなさん。レスポンスにも種類があるって考えたことはありますか?
 

レスポンスには種類がある

これは、ぼくが勝手に分類しているだけですが、ぼくは3つに分けて理解しています。

(1)通常(日常)のメッセージに対する日常レスポンス
(2)日程決めなど日付に関わる事務レスポンス
(3)スペシャルなケースにおける特別レスポンス    

です。

(1)はまさに日常ということでして

「今日の会議はどうでしたか?」とか「先日、教えてもらったお店に行ってみました(*^^*)」とか「今日も暑くなりそうですね~」などのメッセージに対するレスポンスです。

 これは特に意識すべき場面ではないので、特に女性はご自身にとってストレスのないタイミングでレスポンスすればよいでしょう。

男性の皆様にはなるべく女性の価値観に沿うように調整していただきたいと思うところです。

(2)について。

これは男性も女性も「なるべく早く」が求められます。

日常レスポンスが3日後でも別にかまわないと思いますが、日程決めなどの事務レスポンスはご自身の普段の感覚ではなく「早め」を男女ともに心がけましょう。

今すぐ予定が分からない場合でも、「●●日にはシフトが出るので、そのときにお返事します」など、相手が理解できるようにコメントすべきだと思います。

「予定が立てられない」「次に会う日が決まらない」というのは、地味にストレスになるので、男女ともに気を付けていただきたいです。

(3)ですが。

たとえば「ちょっと多めにお手当を出してもらった」とか「特別な日にプレゼントをもらった」とか「かなりの遅刻をしてしまったが笑顔で許してもらえた」とか、そういう「特別なこと」があったときは、なるべく早くに「気持ちのこもったメッセージ」を相手に届けましょう。


まとめますと

●男性は、通常はレスポンスの早さについて、基本的に女性に合わせる意識を持つ方がモテる。

●女性は、日常レスポンスはご自身にとってストレスにならない程度の早さでレスポンスをすればよいが、事務レスポンスと特別レスポンスは、いつもの自分の尺度ではなく、早めにメッセージを送る方がイイ女だと思われる。
特に、特別レスポンスを軽視すると、破局になる可能性も。。。

ということです。
 

そしてお別れを決意した

ぼくとCさんとの話に戻りましょう。

Cさんとは、なかなか会う日程が決まりません。

「毎月25日には次月のシフトが出る」

とのことでしたが、だいたいは翌月に入ってから連絡があり、バタバタと会う日が決まっていきます。

事務レスポンスの悪さにストレスを感じていました。

そして今回、こんなことがありました。

実は、Cさんはちょっと高額な物をカード支払いで購入しました。

その際、分割払いに設定をしていたつもりが、Cさんの勘違いで一括払いになってしまっており、デートでお会いした日の数日後にその金額の引き落としがかかってしまうとのことでした。

そこで、毎月のお手当を前渡しで、しかも少し金額を増やして渡しました。

もちろん大変感謝されましたし、お礼もしっかりと言っていただきました。

それから10日以上、何のメッセージもありませんでした。

こちらから

「次月の日程をそろそろ決めませんか?」

と26日くらいに送ってもレスポンスなし。

さらに3日後に

「最近、●●のお店に行って美味しかったよ。次は一緒に行こうね」

という感じで送っても連絡なし。

月も翌月に入ってしまったし

「そろそろ、連絡が欲しいです。待ってます」

と送って、ようやく

「遅くなってすみません、、、、以下略」

とレスポンスがありました。

その月に会える日の候補もありましたし、引き続きお付き合いをしていきたい思いが溢れるメッセージでした。

しかし、、、 もう遅い。

月でお渡ししている金額は決して安くはありません。

「今日は無理を言って、前渡しのうえ多めにいただき、ありがとうございました」とメッセージできないものだろうか?

それがないとしても、決済ができた日に「今日、無事カード決済できました。助かりました、ありがとうございました」とメッセージできないものだろうか??

それもないとしても、せめて 次の月に会う日をスムーズに決められないものだろうか???

お会いしているときは、お話も楽しく、体の相性も良く、本当に結婚してもいいくらいに思えた女性でしたが、レスポンス一つでこちらの気分が落ちてしまいました。

考えてみれば、月に4回会っているとしても、その残りの26日くらいは顔を合わせていないわけで、その顔を合わせていない間に絆がより深くなっていくような関係でないと、継続は厳しいのでしょう。

完全な割り切りであれば、日常の会話も何もいりませんから、「日程決めて会って××して解散。以上。」でよいのでしょうが、交際倶楽部で気持ちも繋がったお付き合いをいていこうというならば、普段のやり取りは決しておろそかに考えてはいけません。

きっとCさんと、次回会っても、会っているときはとっても楽しく幸せなはずです。。。 

でも、お別れです。

さようなら。

前渡しの分は、これまでのお礼で差し上げました。
 

このカテゴリーの関連記事