モデル・タレントをしていた地下アイドルと、一緒にお仕事!

モデル、タレントをしてきて地下アイドルも結成しているケイちゃん

自分との年間300回を超すデート記録ホルダーの四代目ことケイちゃんはモデルやTVタレントとして上京していたものの売れるまではいかず夢半ばで諦め地元で地下アイドルを結成していました。

ある日、

「メンズエステを経営してみたい」

「ん?なんて?」

何言ってんの?

ちょっと待ってよ、、、

ホンマに?

確かに俺も男だから

一度は、メンエスや風俗を経営してみたいと妄想したことはあるけど

でも、えっ、

「その、女の子の面接をして欲しいの」

「うん、あっ、そうか…なるほど」

そういうことか

ふむふむ

面接はいいとして

でも、ケイちゃん資金は無いだろうから

ザーッと、どれくらいだろう

家賃に、保証金に、広告代に維持費

と、サッと、計算すると

ふむ、案外安い

ポルシェを買うこと思ったら安いもんだ

もしもの時は、ドブに捨てたと考えよう

話を聞いていくと

だいたい計算した、そういう感じに近い…

「うん、じゃあ、失敗した時は、ポルシェ買ったと思って諦めるよ…よっし、やろうか…」

「うん、やろう!」

と、ケイちゃんおおいに乗り気だ

張り切ってる

もうかれこれ長い付き合いだし

ドブに捨ててもいいだろう

そこから、すぐ始めることに

そもそも、OLや会社員など続いた試しのないケイちゃん

まずは、ルームの部屋探しから

ケイちゃんと不動産屋をまわり、ルームに最適なマンションを見て回る

ケイちゃんと2人で不動産屋を回るのは、割と嬉しい😊

いや、かなり楽しい!

2部屋ちょうどいい感じの新しいマンションが見つかったので、不動産屋の車で見て回ることに

外に出て、その車が立駐から出てくるのを待っていると

ケイちゃん、不意に

「怖い…私の名前で借りるの嫌、警察に捕まったら怖い…」

えっ?

何言ってんの??

始めようって言ったのケイちゃん

これから案内の車に乗ろうとしている時に

ちょっと待ってよ…幸先思いやられる…

それぞれ、お互いが借りてお互いが保証人として借りようとしていたが…

うーん、弱った…

いきなり…自分勝手な…

まあ、そうこうしながらも何とか話すうちに、ケイちゃんモヤモヤも取れたようで、2部屋も契約するところまで無事に進んだ。

すると、お互いが借りてお互いの保証人で通ると思っていたが、私名義で借りる分の保証人は、ケイちゃんではダメと言われてしまった。

私の方だけは、違う保証人を付けないといけないということだ。

うーん、どうしよう?

誰にも頼みたく無かったが、仕方ない

こういう時には、便利な友人、2人奥さんがいる大先輩がいる。

こういう風にして、更に、他の不動産屋もまわり3部屋は借りることができた。

いよいよ、具体的に進み出した。

ケイちゃんも張り切って、ブログを作り始めた。

名前も幾つか考えて、打診してきた。

ケイちゃん「何個か考えたよ!」

「うん、じゃあ、これは?」

「私もコレが1番お気に入り!」

と、コレで決めようとした時に

「あれ?ちょっと待って」

全く同じ名前のところがある…

同名の店を発見…

あぁ…しまったぁ…ダメだ…

ケイちゃん「じゃあ、コレがいい!」

「いいね!それにしよう!」

名前も決定し、いよいよ、セラピストさん達の募集です。

この時点で分かったのは

広告の申し込みとか手配とか、あれ?ほとんど運営は自分が段取りをしてる…

まあまあ、まあ、いいか

ケイちゃんといえば、ブログを楽しく用意している…他には、セラピストさんへの説明書を作ったり(気早っ)、細々したことを…今で無くてもよさそうな…

まあ、いいでしょう…

そんなこんなで

応募者の面接が始まった…

コレが男性としてはなかなか楽しい!

日時を決めスタバ前などで待ち合わせをし、30分程度面接を行う。

キレイな子だと、なんだかんだ1時間近くなってしまう…次の面接の時間ギリギリに…

待ち合わせの時は、お互い顔を知らない。

だから、待ち合わせ場所で応募の子を探すのも楽しい。

どの子だろう?たまに間違えて声をかけてしまうこともある。

すぐ見つからなかった時は、メインのスマホはケイちゃんが持ってるので、タブレットのLINEでやり取りをして女の子を探す。

応募してくる女の子は、サービス業で容姿重視を理解してるのだろう

だからか、そこそこの女の子が応募してくる。

待ち合わせの付近にいる女の子より大概の子はキレイで可愛い。

思ったよりレベルが高いので驚いた。

面接する方としてはとても嬉しい。

毎回の面接が楽しい…

選考の仕方は、会った瞬間から5秒位で採用か不採用かを決めていた。

ケイちゃんからは、自分の一存に任されていた。

ケイちゃん云く「みんな可愛く思えてしまうから」だそうだ。

だから、男性目線での面接を頼まれていた。 

会って5秒ほどで判断し

不採用の子は、歩く向きをコメダ珈琲の方向へと定め、コメダ珈琲に向かいそこで面接を行った。

採用の子は、◯◯シティホテルのカフェへと向かいそこで面接を行なった。

採用と判断した子は、可愛い子やキレイな子や色っぽい子なので、歩きながら、一緒に歩いてるだけで、心はウキウキしてくる。

シティホテルのカフェに入る時も楽しい。

面接中に採用が変わった女の子は、コメダ珈琲でした子に数人いた位で、シティホテルで面接した女の子に変更は無かった。

多い時は、1日に5.6人位の面接を行なっていた。

1人面接が終わる度に、ケイちゃんに報告。どんな子だったかを伝えてやり取りをして、ケイちゃんからお礼のLINEを面接来た子に送る。

採用の子はケイちゃんからお祝いのLINEが届く。

はれて採用となった子は、次は写真撮影だ。

あれ?何か、ユニバースにすごい似てる?

たまに、面接したその流れで当日に写真撮影する子もいたから、それなら、ほとんどユニバースだね…

ケイちゃんと一緒に、採用となった女の子の写真撮影をするのだが

これもなかなか男性としては楽しいものだ

自分が採用した子だから、容姿もスタイルも申し分ない。

そういう子が妖艶さも醸し出したポーズで

ケイちゃんや私が、こちらから指示を出していく

「手はこの辺りに」

「脚はこの角度に」

時折り、身体を触って姿勢を変えることもある。

ケイちゃんもポーズの指示を出すが

やはり、男性向け目線のポーズの方がお客さん受けはいい

だから、自分がいろいろなポーズを考え、写真を撮っていく 

パシャパシャ、パシャパシャ

これ、男性としては、もうとっても楽しいです、、、  

メンエス行かれたことのある方なら、なおさら…

衣装も着替えたりして

セクシーなポーズもどんどんパシャパシャ

ケイちゃんと一緒にしてるのも楽しいし

採用した子も自分の選んだ子だから、嫌なはずは無いですよね。

撮影が終わると、次は、講習です。

自分がお客さん役のモデルになるんですね。

ケイちゃん、実は、メンズエステの経験もあり

一応、ケイちゃんが講習を行なってました。

まずは、私が横になり、結構恥ずかしいかっこではありますが…

テストとして、採用した子が、一通りの施術を行います。

いや、行ってもらうと言った方が正解かも…

この時は、ケイちゃんもセクシーな衣装に着替えているので、いい感じです。

採用した子は、テストも兼ねてるので頑張ってとても上手に施術をする子がほとんどでした。

実際のお客さんの時もこんな感じだったら人気出るのに…と後から思うことも多かったです。

そして、楽しみは

ケイちゃんが見本の施術をする時です。

そこは想像して頂けたらと思います。

あまり、妄想し過ぎないようにお願いします。

シフト発表するやいなや予約完売となる人気の子も、同じようにモデルとなり施術をしてもらう

ちょっと役得ですね。

こんな感じで、ケイちゃんとのメンズエステが開業することになりました。

年間300回以上もデートをする以心伝心のパートナーケイちゃんと事業(?)まで始めるようになるとは

思いもよらぬ経験です。

今となっては良き楽しき思い出です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集