長期的な関係を作るために3つの大事なこと

いつもご覧いいただき誠にありがとうございます。
ユニバース京都の鳥谷です。
今回ですが、男性会員様からいただく質問の中でお伺いした
【長期的な関係を作るためにすることは?】
とお伺いをいただきましたのでこれはほかの方もお困りなのではと思いこちらのコラムで書かせいただこうと思います。

最初に

まず長期的な関係を作るために必要なことがあります。
それは、相手との信頼関係です。
相手との信頼関係を作るうえで大事なことを3つをお伝えさせて頂こうと思います。

1、相手に共感する

20150617_blog4_develop_empathy-thumb-640x360-83124

初対面どうしで緊張なさっていると思います。
その上で相手との会話で否定してしまったり反論してしまったりしてしまうと相手の方はひどく気分を害してしまうかもしれません。
だったら賛同のほうがいいのでは?と思うかもしれません。
ですが賛同してしまうと自分が本当は思っていないことだったり感じていないことなのに賛同してしまい相手に対してウソをついてしまうことになると思います。
そうなってしまうとのちのちそういった行き違いにより相手から距離を置かれる可能性があります。
そうならないために賛同でも否定でもなく、共感なのです。
相手の話に共感し、同調していくのが最初の距離を詰める方法だと思います。

2、相手のリズムを理解する

Businessman and businesswoman sitting face to face in meeting

人間は、だれしもリズムを持っています。
会話や、感情の揺れ動き、仕草や行動、歩くスピードなどたくさんのリズムに囲まれて生きています。
ではそのリズムが崩されるとどうなるか?
それは、相手との相性が合わないなと思われてしまう可能性があります。
なので無理がない範囲で自分が許容できる範囲でのリズムで合わせらる所で合わせてみてください。
話しのテンポが合わないからや相手の歩いているスピードが合わないからというところで切り捨てるのはもったいないのではと思います。
なのでまず合わられるところは合わせてみてそこから会話の内容や考え方などの相性が合っていればぜひそのままお付き合いしていただくのがいいと思います。
ですが許容できない部分が多くあるのであれば長期的なお付き合いするのが難しいとおもいますのでしっかり基準をもって見切りをつけてみてはいかがでしょうか?

3、ウソや偽りをしない

lie.659531_89102964

3つ目はウソをつくことや偽ることをしないこと
これは一番重要なのではと思います。
なぜならここでウソや自分を偽る行為はのちのち自分の首を絞めてしまいます。
相手の信頼をもらってもこのウソがばれれば一瞬で信頼関係は崩れ去ってしまいます。
それでは、お付き合いするために信頼関係を作ったのに元も子もなくなってしまいます。
ここでもし相手に職業などを聞かれれば最初からすべて伝えるのではなく大きな枠で伝えるのがよいかと思います。
そして徐々に信頼関係ができてくればすべてをお話ししていただくのが一番良いかと思います。

最後に

こちらは、3つ大事なことを書かせていただきました。
ですがこれをやれば信頼関係が完全にできるわけではありません。
このことを行ったうえでさらに相性などを確認したり、同じ価値観を持つようになったり等様々な要因で信頼関係が構築していくのだと思います。
なのでお互いに信頼関係を作る際は、お互いの努力の上でできるのだと思います。
しっかりお互いを知り、深く理解していける関係を目指してみてはいかがでしょうか?

このカテゴリーの関連記事

外部ライターさん募集