数の子考


今回は、おじさんの恋ではなくて、女性の神秘についてコラムにしました
おじさんの恋のほうは発展がありましたら投稿します

私のクラブ活動の目的ですが、かわいい子といやらしいことができる、若い女性にふれてドキドキするという
おじさんのお遊び以外にもう一つ願うことがあるのです

それは、ずばり数の子天井持ちの女性を探して対戦するというものなのです
数の子天井って何?
こいつアホかとか言わないように、数の子天井については、のちほど解説します


私、若いころではありますが、数の子天井持ちの女性とお付き合いをしたことがあるのです
だからこそ、数の子天井の女性がどういう感触のものであるとか、体位を替えるとどのようにその感触が変わるのか、知っております

もしかしたら、数の子天井のなかにも、いろいろあるのかもしれませんけれども
また、あの感触を持つあの子に会いたいとずっと願っているのですが、まぼろしのようにまだ出会えておりません


数の子天井とは、千人、万人に1人とか言われる、膣の中が特殊な構造をもった名器でございます
千人、万人ですからこの特殊な経験をされた男性も少ないのではないでしょうか?

56歳の自分の人生の中でも、その感触を持った女性と出会ったことがあるのは、たったのお1人です

もちろん対戦した女性が増えれば、母数が増えて会えそうですが
56年生きてきても、なかなか出会えないぐらい希少なものをお持ちの女性なのです


名器と呼ばれるものには、いろいろあるようです

本田ヒルズタワークリニック 本田昌毅総院長先生
によりますと名器は6種類の分類があるようです

■数の子天井(ヒダ型)

「膣の上部、内壁がザラザラとしている1万人に一人の名器。女性を仰向けにして指を入れると、Gスポット部分が膨らんでいます」(本田昌毅総院長、以下同)
 

■ミミズ千匹(ヒダ型)

「膣内のヒダが多く、一本一本が太く長い。さわっていると、パスタが内壁にへばりついているような存在感があります。これは7万人に一人といわれる名器」
 

■いくら畳型(ヒダ型)

「ヒアルロン酸注入などの施術で実現した(本田氏の)オリジナル構造。数の子天井が膣内上部にあるのに対して、いくら畳は下部にイボを敷きつめたかたちになります」
 

■巾着型(締め型)

「膣口から3~4cmの場所が巾着で絞られたように狭くなっているのが特徴です。挿入すると、根元をがっちり摑むかたちに。膣トレをしても再現不可能です」


 ■たこつぼ型(締め型)

「たこつぼのように、膣内に狭まった箇所を持つ。挿入すると、先端のほうが奥へ吸い込まれるような感覚に。ディープスロートされるような快感があります」


■俵締め型(締め型)

「巾着とたこつぼの複合型。さらに、内部にたこつぼがたくさんあることからヒダ型と締め型を両立しているともいえます。めったに出会えない稀少な名器です」

 

他の5つの名器も、特殊性がありますが
これっは、もしかしてという感じの女性の記憶もありませんけれども
記憶ないだけで、あの部分は宇宙の神秘ですのではっきりと記憶しているのは
数の子天井の女性の方のみ、お1人です

男であれば、数の子天井だけではなくて、みみず千匹の女性も内容からして、お会いしたいですけどね、


それでは、私が経験した数の子天井をお持ちの女性のお話です

その女性の膣の中の感触は、ほんとにジョリジョリするという感じで気持ちがいいのかというと、たしかに感触があって気持ちがいいのですが
中がジョリジョリする感じが、なんかほかの女性とはあきらかに違うんです

これは、ペニスを挿入しないと感じられない感触だったと思います
このジョリジョリ感はペニスのカリ部分と亀頭部分が何だこの感触っていう感じで
ジョリジョリってこすられる感じなんです

自分の記憶ではザラザラではなくて、ジョリジョリです
初めての男性であれば、すぐに射精してしまうかもしれませんねえ
わかっていただけると幸いです


ただ、体位とか女性の体制によって、このジョリジョリ感は変わります
ジョリジョリ感を、強く感じる体位と弱く感じる体位があったと記憶してます

ジョリジョリするのは、膣の上、お腹側です
中の全体でジョリジョリはしてなかったと思います

その子は、そういう感じでザラザラ感ではなくて、やはりジョリジョリ感が
ほんとに言葉として1番適当なことばなんです

体位は、女性の上半身で腰から上を枕とかクッションで少しだけ起こしあげて、腰を沈めて
正常位で挿入すると一番ジョリジョリしました

女性側が完全にフラットに寝てしまって、腰をあげたりして挿入するとジョリジョリ感が
弱くなるか、ジョリジョリも感じなくなります

今夜、お試しあれ!


その方との、お付き合いは自分がまだ、若かったころで
3,4人目ぐらいの女性だったと思います

30数年前です
でも、はっきりと今でも記憶してるので衝撃だったのでしょう

当時は、インターネットもまだ流行ってません携帯ももちろんありません、調べることができないので、誰にも相談できないし
なんかこの子は、他の子と違うって感じて数か月おつきした記憶がありますがその後消滅した思い出です

当時、この女性が希少であるなんて思いもしませんでしたねえ
今思えば、残念なことをしました

その後の人生において、この感触の女性とはいまだにお相手したことがありませんので
相当に珍しい持ち物をお持ちの女性とお付き合いしたということになるのでしょう

今頃、どこにいるのやら
もはや、夢よもう一度の世界です


実際に体験した記憶から、数の子天井といわれる持ち物をお持ちの女性が存在するというのは
伝説ではないということを言わせていただきたく思います

今、お相手したらぜったい離さないと思いますが、もう遭遇しないかもしれませんねえ

”私、数の子持ちと言われたことがあります”
とかプロフィールに書いていただけたら、オファーが殺到するかもしれませんね (笑)
それかすぐ、非表示になって消えちゃうか・・・

最後ですが
私、愛のあるセックスも好きです、大好きです

愛は地球を救う

ありがとうございました

数の子考でした
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集
  • ラブホの上野さん
  • THE SALON
  • フレイン
  • ユニバースサポート