2022年12月2日
今月: 5 views | 全期間: 174 views

「また会いたい女性」になるために

「また会いたい女性」になるのは奇跡!?

お金を介して、需要と供給で成り立つ関係なのがこの世界。

「また会いたいな」とあなたが感じる人って、どんな人ですか?

 

人それぞれ感覚や価値観、相手に求めるものが違うので、

総合的に言えば「自分の理想に近い人=自分にとって価値がある人」であり、

且つ「他の人にはない特別感・興味がある人だと私は感じています。

 

実際に数年パパ活を続けてきて、

顔合わせで初めて対面して2人だけの時間を過ごした後、

「残念だった、もう次会うことはないな〜」または「良い人だったな〜」の感情はよく生まれても、

「是非また会いたい!」という気持ちに駆られることって、ごく僅かだったように思います。

特にパパさん達側からしたら、「(お金を払ってでも)是非また会いたい!」と思う確率になる訳ですから、

当然、”今まで会ってきた女の子と比べてこの子はどうだろうか?”

といった見方になってもおかしくはないはずです。

私たちもまた当然、同様の見方でパパさん方を見極めようとしますよね。

ともなれば、自分も「また会いたい」と思っている意中のパパさんから、

「また会いたい女性」として選ばれることは決して簡単ではなく、もはや奇跡とも言えるでしょう。

 

では一体、どうしたら意中のパパさんを射止められる

「また会いたい女性」になれるのでしょうか?

 

 

「また会いたい女性」はこんな人!

夢や目標がある

どんなに些細なことであっても、夢や目標を持って努力している女性はキラキラと輝いて見えます。

会話の中でそういう話題になった時に、堂々と楽しく伝える姿はとても魅力的に映るでしょう。

”この子の夢を応援してあげたいな”と、相談に乗ってくれたり的確なアドバイスをしてくれるパパさんや、

中にはそこから仕事に繋がる・・・なんて話もあるかもしれません。

実際に私は、経営者パパさんから「仕事に対する姿勢」と見た目のギャップをすごく気に入られ、

今ではなんと、仕事の大きなお客さんになって貰うことができました♪笑

 

「なんとなく働いてて〜」や「仕事辞めたくて〜」などといったマイナス発言は、何も生産性がありません。

心で思っていても、自分の全てを曝け出す必要はないので、多くを語りすぎないことが大切です。

 

 

気配りをしすぎない

これは私の失敗談からの学びでもあります(笑)

夜職時代で培った”相手への気配り”

食事の際に取り分けたり、灰皿を取り替えたり、グラスの減りを見て飲み物を聞いたり、

移動の際はエレベーターやドアを開けるなど。

私としては無理してではなく、無意識にささっと行動していたのですが、

「ぴいまるちゃんがお客様なんだよ。男性の僕にもっとエスコートさせてほしかったな。」

と言われてしまったことがありました。

険悪な雰囲気にはなりませんでしたが、2回目はありませんでした(笑)

 

その時気づいたのです。パパさん達が求めているのは、

女性に楽しんで貰えるようにエスコートしながら、一緒に楽しい時間を過ごすこと。

私が良かれと思ってしていた”気配り”は、かえってパパさんを窮屈にさせてしまっていたんだなと。

多少の気配りは大切ですが、一緒に楽しむことが何よりも大切です。

パパさんが後で思い返した時に、

「気を配ってくれる子だったな」よりも「一緒にいる時間楽しそうにしてくれていたな。」

と印象付けられる方が「また会いたい女性」になる確率がぐんと上がりそうですよね。

 

 

時間に余裕がある

デートの前後に予定をつめこんだり、待ち合わせ時間に遅刻してきたり、

どこか時間に余裕がない人は、自分に興味がない人だと思われやすいです。

これはパパ活だけに言える話ではなく、相手の人間性が見えてきますよね。

予定が多く隙間短時間で会おうとする人や、遅刻する人と、逆にあなたは次会いたいと思いますか?

正直、そんな人とそこまでして会わなくていいですよね(笑)

 

私は善意ではしご酒に少し付き合ったり、時間もなるべくパパさんに合わせるようにしたりと、

必ず、パパさんとのデート=パパさんのための時間として作るようにしています。

それもあって、「ぴいまるちゃんは時間を大切に過ごしてくれるね」

多めにお手当てを頂いたり、時にはちょっとしたプレゼントを頂いたり、

どのパパさんたちからも、感謝の気持ちを伝えられることが多いです✨

 

時間の余裕は心の余裕にも繋がり、さらにはこのようにお金になって返ってくることもあるので、

時間の余裕を持つことは、長い目で見てすごく重要だと思っています。

 

 

話させ上手・聞き上手

これはかなり、自分の中でも胸を張って言える自分の長所です(笑)

 

今まで出会ってきたパパさんたちを振り返ると、

”自分の話をしたい”という人の方が多かった印象を受けます。(質問攻めの人もいましたが・・・笑)

私はコミュニケーション力には長けている方でしたが、どちらかというと話すよりも聞く方が得意だったので、

気持ちよく話して貰えるように、そして相手がどんな人かを知るために、

その時間は相手の事だけを考えて興味津々な「聞き手側」になっていました。

 

一方的に聞くだけでは会話にならないので、

「私も同じようにそう思います〜!」という共感・同意や、

「私はそう思っていなかったんですけど、何でですか〜?」といった興味を持った質問

そして時折、素直に驚いて称賛する場面を作る。

これだけで、相手は十分に気持ちよく話をすることができるでしょう♪

多少の嘘ならOKですが、思ってもいないことを言うのはどこかでボロが出て、

相手に伝わる可能性もあるので、あくまでも自分の言葉で正直に伝えることが大切です。

 

パパさんの話を差し置いて、「私は私は〜・・・」と自分の話ばかりしてしまうのはNG。

一度に全てを知ってもらう必要はありませんし、少し「謎」があるくらいが魅力的です。

 

 

趣味がある

趣味は、仲をグッと近づけることのできる大切なキーポイント♪

趣味は珍しいものでも、一般的なものでも何でも良いです。

珍しいものだと印象が残りやすいですし、一般的なものでも会話の種になるので自然と自分を知って貰うきっかけになります。

もし趣味が同じであればその話だけで楽しく盛り上がりますし、

「今度一緒にやろう!」と次に繋げやすいですよね。

 

これといった趣味がない・・・と言う人は、「美味しいものを食べること」と伝えることがとてもおすすめです。

「▲▲(パパ)さんの好きなお店はありますか?」→「ご一緒したいです♪」

「◯◯(気になっている店)に行ってみたいと思っていて・・・」

などなど、活動系の趣味よりも気軽にお誘いしやすく、次に繋げやすいですね。

 

 

欲を見せない

出会ってすぐパパさんから、「今からSEXしよう」と誘われたらあなたはどう感じますか?

大半の人が良い思いはしないですよね。

出会ってすぐお金の話ばかりする女性・プレゼントをねだる女性も、

私は「SEXしよう」と誘う男性と同じくらい欲が見えすぎて、魅力を感じません。

”お金で繋がる関係”が前提とは言えども、「結局お金か」と思わせてしまったら終わりです。

 

女性に喜んでもらうことがしたくて、”本当に買い物してあげたい”と考えるパパさんも中にはいますので、

相手がどんな人なのかを見極めた上で、話をしていくことが大切です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回綴った「また会いたい女性」については全て、長期間で努力の必要な外見的なことではなく、

お金も時間もかからない、実践しやすい事柄を絞ってポイントでまとめました。

 

意中のパパさんの「また会いたい女性」でいるために、

もちろん外見=美の努力も欠かせませんが、外見が全てではありません。

 

これを読んでいる全ての女性が、

次会う予定をしているパパさんの「また会いたい女性」になれますように♪

 

 

Writer: 
楽しくゆるくパパ活しているアラサーさん。 好きな定期さん方と長くゆるく過ごしています。 体験談や役立つ情報を発信していきます^♪

ぴいまるの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる