2024年4月9日
今月: 120 views | 全期間: 308 views

パパ活で嫌な女になった

はじめまして、ベルですッ♪(*´▽`*)

わたしはパパ活を始めて3年6か月経ちます。

結婚歴なし、婚約破棄歴あり、彼氏はいないが好きな人はいる、アラフォーです。

アラフォーと言っても幅広いので正確に言うと今年で38歳になります(°▽°)

パパ活では今まで沢山の方にお会いしてきました。延べ300人程です。

交際クラブ、パパ活アプリ、ギャラ飲み、一通りやってきました。

その中で経験したことや所感を共有して少しでもお役に立ててもらえたらと思います。

パパ活で感じたり思ったことを書いていきます。

パパ活をする前は夜職、銀座でホステスをトータルで7年程していました。

23歳〜28歳(途中でバックパッカーとかワーホリでトータル2年程日本にいない時期あり)まで銀座でホステスをしていました。

そして、34歳くらいから現在37歳までパパ活をしています(*´▽`*)

パパ活を始めたキッカケはメンタルがやられて体調を崩し、

パニック発作が朝の満員電車の中で出るようになってから出社ができなくなり生活費を稼ぐためにやり始めたのがキッカケでした(´-`)

きっとパパ活している人達には色んな理由があって、私のように生活の為にやってる人や、学費を稼ぐ為、借金を返す為、身内の治療費など

生きる為にお金がないと困ると言う人達が多い印象でした。

現在わたしは海外に住んでいるので、日本に帰国したときにお世話になったパパさん達と会っています。

頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回会うくらいなので、今はがっつりパパ活をしている訳ではありませんが、職業柄たくさんの男性と接してきたので、

そちらも踏まえて書いていきたいと思ます(*'▽'*)

わたしは海外に住むのが夢でした。

実はその夢の海外生活ができているのは、パパ活で出会った殿方にオンラインで完結する仕事を頂けたおかげです。

そのおかげで世界中、何処に居ても仕事ができるようになったのです(o^^o)

わたしが今の夢の生活を手にできたのはパパ活のおかげなのです!!(*^^)v

パパ活様々です♪

 

さてと本日は「パパ活で嫌な女になった」というテーマです。

パパ活って特殊なお金の稼ぎ方だと思うんです。

時給にしたら水商売並みですし、空いた時間でサクっと稼げてしまえたりする手軽さもあります。

パパに気にいってもらえたら生活が180度変わることもありえます。

先月まで木造アパートに住んでいたのがタワーマンションに変わって旅行に行き放題の生活がきることだってあり得ます。

 

パパとの契約でお手当の支払いは、だいたい「月極」か「都度」になります。

「都度」が一般的で1回いくら、という決め方です。

「月極」になるとだいたい10万円以上になることが普通なので

パパが3人いて3人とも「月極」なら月収30万円です。

手取り30万円+本業の仕事があったとしたら、かなり贅沢な生活も貯金もできます。

現在パパ活をする女性が飽和状態になっているので”5人以上月極のパパがいる”という女性は中々いませんが

3人なら割と現実的な数字だと思います。

パパに気にいってさえもらえれば、今より1つ2つ上のレベルの生活ができるのは確実です。

 

水商売でも同じことが言えるんですが、自分で目標や芯を持ってやっていたとしても

いきなり大金を手にして、パパ活生活が慣れてそれが日常になってしまうと

気付かないうちにお金や男性に対する感覚や考え方が変わってしまっていることがあります。

例えばわたしで言えば・・

 

1,奢ってもらわないと男性とご飯は一切行きたくなくなった

 会社の人やデート、男性と食事やお茶する時に一銭も出したくなくなりました。

 また会いたいと思う人や仕事関係の場合にはお会計のときに「いくらですか?」とお財布を開きますが

 「じゃあ●●円で」と言われた時は、もう二度と会いたくなくなります(笑) 

 会社の食事にはもう行きません(笑)

 自分の食べた物は自分で払うのは当たり前なのはわかっているんですが

 今までホステスをしていたときは男性の承認欲求を満たすことが仕事でした。

 お給料をもらっていたから頑張れたんです。頑張れば自分のお給料も売上も上がるから。

 だから、男性と会話をするのはただ働きのなにものでもなく

 自分の時間とお金まで使って有り得ない行為なんです(笑)

 お会計の時に財布を開かないことが多かったので、かなり「嫌な女」に見られていたでしょう。

 

2、「わたしの彼氏」の基準はデートの時に全部払ってくれるかどうか

これも結構嫌な女ですよね(笑)

彼氏ってそういうものではないのは頭ではわかっているんですが

全部払ってくれないと女扱いされていない気分になってしまうんです。

きっとパパ活では食事もデートもお茶も全部払ってもらうのが当たり前だから

染みついてしまった感覚なんです。

 

こうなるとどうなるか・・

異性と会うのがとても、だるくなるんです。

結果デートもしなくなり彼氏がいない歴2年が経ちました(笑)

自業自得です(笑)

 


パパ活は甘い話だけではなく普通じゃ考えられないことが沢山起こります。

傷つくこともあるし、裏切られるような気持ちになることも

色んな乗り越えてて出会うパパを素敵に思える日が来ます♡

 

皆さんが素敵なパパと出逢えるように祈っております(^_−)−☆

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる