2024年4月5日
今月: 81 views | 全期間: 271 views

パパの品位とは

はじめまして、ベルですッ♪(*´▽`*)

わたしはパパ活を始めて3年6か月経ちます。

結婚歴なし、婚約破棄歴あり、彼氏はいないが好きな人はいる、アラフォーです。

アラフォーと言っても幅広いので正確に言うと今年で38歳になります(°▽°)

パパ活では今まで沢山の方にお会いしてきました。延べ300人程です。

交際クラブ、パパ活アプリ、ギャラ飲み、一通りやってきました。

その中で経験したことや所感を共有して少しでもお役に立ててもらえたらと思います。

パパ活で感じたり思ったことを書いていきます。

パパ活をする前は夜職、銀座でホステスをトータルで7年程していました。

23歳〜28歳(途中でバックパッカーとかワーホリでトータル2年程日本にいない時期あり)まで銀座でホステスをしていました。

そして、34歳くらいから現在37歳までパパ活をしています(*´▽`*)

パパ活を始めたキッカケはメンタルがやられて体調を崩し、

パニック発作が朝の満員電車の中で出るようになってから出社ができなくなり生活費を稼ぐためにやり始めたのがキッカケでした(´-`)

きっとパパ活している人達には色んな理由があって、私のように生活の為にやってる人や、学費を稼ぐ為、借金を返す為、身内の治療費など

生きる為にお金がないと困ると言う人達が多い印象でした。

現在わたしは海外に住んでいるので、日本に帰国したときにお世話になったパパさん達と会っています。

頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回会うくらいなので、今はがっつりパパ活をしている訳ではありませんが、職業柄たくさんの男性と接してきたので、

そちらも踏まえて書いていきたいと思ます(*'▽'*)

わたしは海外に住むのが夢でした。

実はその夢の海外生活ができているのは、パパ活で出会った殿方にオンラインで完結する仕事を頂けたおかげです。

そのおかげで世界中、何処に居ても仕事ができるようになったのです(o^^o)

わたしが今の夢の生活を手にできたのはパパ活のおかげなのです!!(*^^)v

パパ活様々です♪

 

さてと本日は「パパの品位とは」というテーマです。

このテーマを書こうと思ったきっかけは「パパ活」のイメージって自分が実際やってみるまでは、

お金と心の余裕がある紳士な叔父様が、気にいった女性を応援(お金の援助)をしてくれるものだと思っていました。

ですが、実際会ってみるとあまりにもかけ離れている男性がいました。

無茶な要求をしてくる人、求めるものが大き過ぎたり、プライベートがなかったり、値切るパパ・・・

「パパの品位」と言うか、「人の品位」とはと考えてしまうことが沢山ありました。

 

半同棲を要求してくるパパ

こいうことが言えるのは結婚をしていない人だと思いきや

この人はバリバリ既婚者でした(+_+)しかも奥様のことが今でも大好きで、感謝の気持ちが大きい仰っていて、と仲が悪い訳ではないそうです。

冷え切っているならまだしも、世も末だな・・

既婚者だから同棲ではなく「半同棲」を求めてきました。

2人のマンションを借りてわたしの家賃を浮かしてくれる代わりに半同棲したいと。パパは出入り自由。

わたしはプライベートがなくなる生活はとても無理でした。

同棲って好きな人とするものですよね?

パパ活ってお金ありきで2人の関係が成り立ってて、ある程度の距離があるからしがらみがなくていいのがメリットなのでは?

プライベートの時間を拘束する分の妥当の手当を提示するならわかるんですが、家賃だけを払って半同棲ってカップルじゃないんだから・・

正直、プライベートを拘束する分の手当も考えて付けてくれているのを感じていれば

前向きに検討し、ルールをどうしようか等の話はできたと思いますが

パパだけの都合が過ぎていて、交渉する気持ちにもなれませんでした。

 

とにかく安く契約したがるパパ

初めて会う場所に指定されたのはスタバ並みに隣の席が近く、8席程のこじんまりとした洋食屋さんでした。

お店の雰囲気を見て今日は顔合わせでお話を楽しむくらいなのかな。と思いました。

待ち合わせ時間が18時と早かった為、店内の客はわたしとパパだけ。

そのパパは仲を深めると言うよりかは

最初から最後までパパ活についての話しかしなくて、最初から結構飛ばした会話をしていました。

2人だけだったので最初はあまり気にしてませんでしたが(店員さんには絶対聞こえてる)

お店に私たち以外のお客さんが入り始め、両隣に人がいるのにも関わらず

声のボリュームを下げずに、条件や交渉の話をし始めました。

「僕は学生が好きで今まで学生としかパパ活していなく1回2万円。2万円でみんな承諾してくれるから君とも2万円。

 2万円以上は出す気はない」

2万って何回言うねん(私の心の声)

もうね、パパ活の交渉をそんな大声で・・隣どころかお店で中に聞こえるような声で・・

恥ずかしくて両隣の視線をガンガン感じるし・・穴があったら入りたい気持ちでした。

しかも私37歳。どう見ても学生とは程遠い良し、もう逃げたい気持ちでした。

こんな辱しめ中々ない。

しかも、わたしはバーゲンセール品ですか?そんな扱いを受けた気分になりました。

 

甘い話だけではなく普通じゃ考えられないことが沢山起こります。

傷つくこともあるし、裏切られるような気持ちになることも

色んな乗り越えてて出会うパパを素敵に思える日が来ます♡

 

皆さんが素敵なパパと出逢えるように祈っております(^(+_+)

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる